このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント17_館長と共同研究_第三弾

  • イベントページ作成。前回のイベントページを流用してます。ご容赦ください。 -- 2017-09-20 (水) 16:05:34
  • ネコのつぶやき一
    「「雑誌の侵蝕のスピードは早い」……お前はよくわかっていないだろうが、この発見はお手柄だ。あいつもお前も仕事をしたと言う事だな」
    「あいつは書物の特性によって侵蝕スピードや侵食されやすいかどうかも決まってくることを証明した」
    「逆に言うと、文学書は特に人々から生まれた負の感情を引き付けてはいるが、侵蝕速度は遅い」
    「おそらくだが、侵蝕された文学は現在においても多くの人々に読まれているからだろう」
    「つまり文学書は侵蝕者のたまり場になりやすいと言う事だな、やれやれ
    不良が特定の場所で群れているのと一緒だ」
    -- 2017-09-20 (水) 16:35:49
  • ネコのつぶやき二
    いい機会だ、ここで政府の見解もお前に伝えておこう
    そもそも侵蝕者とは何かわかっているか? 負の感情が形となったものだ
    だが多かれ少なかれ負の感情というものは誰でも持っている
    侵蝕者がどうやってできたか。今までさまざまな推測がされてきたが、どれも決定的なものはなかった
    人口が増加し、人々の負の感情は大幅に増えた、それが侵蝕者の出現と文学の侵蝕に関りがあるというのが
    現在の主流の説だ
    だから今回館長が明らかにしたことは今後の浄化活動で重大な意味を持つはず
    今後はお前もあの館長も忙しくなるだろう
    -- 2017-09-20 (水) 16:55:15
  • 館長のお土産
    ネコ 噂をすれば帰ってきたな……
    館長 おい、どんな噂をしていたんだ
    ネコ そんなことはどうでもいい。それより、こいつに今の現状について話を通しておいた。
    館長 ああ、気が利くじゃないか。そうだな……これから忙しくなるぞ
       実はさっき、とあるものの使用許可を政府から貰ってきたんだ
    ネコ あれか……ということはあいつらも……
    館長 嫌そうな顔をするな
    ネコ ……あの悪ガキたちに振り回されるのは吾輩は御免だ
    館長 さて、君たちも疲れただろう。今日はもう堅苦しい話はなしにして、買ってきたお土産でも食べようか。今回は栗きんとんだ
    -- 2017-09-20 (水) 17:00:17
  • 導入回想
    館長 あぁ、来てくれたか。いいニュースがある。君たちの集めたデータのおかげで進展があったぞ
       仮説どおり、雑誌の侵蝕のスピードは早いようだ
       雑誌というものは基本的にその時の時流に則って生まれた、特定の人々に宛てられたものだからだろう
       今までの事例は少ないが、一度狙われるとやっかいだ。つまり文学書以外の侵蝕には早めの対策が必要だということだな
       ということで、君たちには今回みつかった雑誌の有碍書の浄化をお願いしたいんだ。今回の有碍書は……
    ネコ ……悠長に説明している場合ではないと思うがな
    館長 ああ、もうそんな時間か………ネコ。後は任せたぞ。俺は会議に行く
    ネコ わかったから早く行け。また上の心証が悪くなるぞ
    館長 じゃ、詳しいことはこいつに聞いてくれ……すまないがよろしく頼むぞ
    -- 2017-09-20 (水) 17:11:54
  • 回想全て反映致しました。報告ありがとうございます。 -- 2017-09-21 (木) 03:11:38

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-21 (木) 03:11:38