このエントリーをはてなブックマークに追加

梶井基次郎

  • 作りました。穴埋めのご協力お願い致します文豪武器別一覧文豪派閥別一覧は未着手 -- 2017-10-06 (金) 20:05:13
  • ログインボイスは「文豪と、アルケミスト」でした -- 2017-10-06 (金) 20:47:02
  • 回想は、金色夜叉で川端康成と。
    注文の多い料理店で三好達治と
    で2種類あります。 -- 2017-10-06 (金) 20:53:58
  • 助手耗弱時セリフ「未来に今朝のような明るさを覚えたことが近頃の自分にあるだろうか」でした -- 2017-10-06 (金) 21:18:35
  • 残りの手紙について書き込みさせていただきます。

    差出人:川端康成(一)
    梶井基次郎様へ
    泥棒と言えば夏目さんの家にも泥棒が入ったことがあったそうですよ
    盗まれてしまった着物は運良く返ってきたのですが、売るためなのか、わざわざ縫い直されていたそうです
    「こんな泥棒になら年に一度入ってもらいたいね」と笑っておられました
    愉快な泥棒は意外と多いのかもしれません


    差出人:川端康成(二)
    梶井基次郎様へ
    相変わらず丁寧な手紙を書きますね
    一つの小説を読んでいるような気持ちになりました
    また校正をして頂きたいところです
    あなたさえよければですが


    差出人:井伏鱒二
    梶井基次郎様へ
    どうやら大丈夫みたいで安心した
    本当に昨日の記憶がないというのには驚いたがな、昨日は大変だったんだぞ

    悪いことは言わないから、昨日のあの場にいた奴らに謝っておくことを薦める
    理由は聞くな


    差出人:三好達治
    梶井基次郎様へ
    またお腹を出して寝てただろ、いいかげん風邪引くぞ
    心配されたくないならそういうところを改めてくれ


    長文失礼しました -- 2017-10-06 (金) 21:52:51
  • 台詞の元ネタについて

    「君こそ得体の知れない不吉な塊だな」「爆発してこの空間ごと一掃しようか」他檸檬に関する話題→小説『檸檬』より

    「俺の桜が満開になる夢をみていたはずなんだけどな」→小説『桜の樹の下には』より

    耗弱・喪失時の台詞について
    「この闇の中では何も考えない」→小説『闇の絵巻』より
    -- 2017-10-06 (金) 22:14:46
  • 双筆神髄について
    梶井基次郎「俺についてきなよ、達治!」
    三好達治「はいはい、わかってるよ!」
    -- 2017-10-06 (金) 22:31:39
  • 人物紹介の「「ロマンティックスピリットを持つ」青年。」の部分は三好達治「梶井基次郎」(三好全集6巻)「「ロマンティック・スピリット」といふ語を好んで彼は口にした。」からの引用かな。 -- 2017-10-06 (金) 22:44:43
  • 絶筆台詞を含んだ動画がありましたが、白文字の仕方がわからなかったのでURLのみ貼っておきます。

    削除済み -- 2017-10-07 (土) 15:27:26
    • 動画がアップロード者削除になっておりましたので、URLの修正を行いました -- 2017-10-19 (木) 01:15:50
  • 喪失での「…ふふ、どうだい、俺の血は綺麗だろう」の台詞。三好達治の『梶井基次郎』での「ある晩彼が襖越しに私を呼んだ。「葡萄酒を見せてやらうか…美しいだろう…」そう言って、ガラスのコップを電灯に透して見せた。葡萄酒はコップの七分目ばかりを満して、なるほど鮮明で美しかった。しかし、それはつい今しがた彼がむせんで吐いたばかりの喀血だった。彼にはそんな大胆な嫌やがらせをして人をからかってみる、野放図と茶目っ気の入り混じった何かがあった」を元にしたのかもしれません -- 2017-10-07 (土) 20:14:12
    • 長文失礼しました
      また、白字のやり方が分からなかったので黒字で書かせて貰いました
      すみません -- 2017-10-07 (土) 20:17:19
      • 反転させておきました。 -- 2017-10-07 (土) 22:34:41
    • 三好との回想の元ネタも喪失セリフと同じだと思います -- 2017-10-08 (日) 14:24:13
  • 文豪入手時(二回目)「君は俺を必要としているんだな。うん、期待に応えて頑張らせてもらうよ」でした -- 2017-10-08 (日) 12:42:51
  • 声マス解放ボイス「尊敬するあの人たちの様に俺も輝かないとね」だと思います。最後の方は途切れてしまって聞けませんでした。 -- 2017-10-08 (日) 16:43:25
    • すいません。記入漏れが有りました。「尊敬するあの人たちの様に俺も同じ場所立つ者として輝かないとね」だと思います。 -- 2017-10-08 (日) 16:52:19
      • 何度もすみません。「同じ場所に立つ者」です。 -- 2017-10-08 (日) 17:05:57
    • こちら、「輝かないとね」ではなく「輝かないと」ではないでしょうか。 -- 2017-10-21 (土) 12:00:51
      • しっかり聞き取れなかったので訂正ありがとうございます。 -- 2017-10-22 (日) 22:13:18
  • 台詞の元ネタについて。
    攻撃時の「細工は流々」は、汽車通学で一緒になる女学生に、英詩集の愛を訴える一ページを破って渡したあと、「細工はりゆう/\」と言っていたというエピソードからでしょうか。平林英子著「梶井さんの思ひ出」にありました。 -- 2017-10-08 (日) 20:19:22
  • 司書室四は「また目立ってしまうな」です。 -- 2017-10-09 (月) 09:38:05
  • 耗弱・喪失時の双筆セリフは「今日は脇役かな」と言っているように聞こえました。 -- 2017-10-16 (月) 12:00:25
  • 司書室での台詞「、課せられているのは、永遠の退屈だ」は『筧の話』最後の1小節の「課せられているのは永遠の退屈だ。生の幻影は絶望と重なっている。」が元でしょうか。 -- 2017-10-17 (火) 20:10:46
  • 梶井レベル50開花20 攻撃497 防御501 回避39 技術168 天才168 美162 主題165 真実168 -- 2017-10-29 (日) 19:41:27
  • 10/31のメンテで、立ち絵で持っている本の表紙の柄が変わっていますね。他に修正されたところはあるのでしょうか。 -- 2017-10-31 (火) 17:40:41

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-31 (火) 17:40:41