このエントリーをはてなブックマークに追加

高村光太郎

  • 柔らかな物腰と口調で一見すると癒し系お兄さんだけど、実は…なところが素晴らしいです。史実の前にこんな出来た男、女の息がかかっていると思ったら想像を絶したので沼でした。ありがとうございます -- 2017-03-13 (月) 09:55:00
  • 城プロの殿兼任司書です。百名城スタンプのために二本松城跡に行ったら、そこからタクシーで行ける範囲に智恵子さんの生家と記念館があると知り足を運びました。
    高村先生が作った像やお手紙、智恵子さんの作品など二人の思いに触れることができて泣きそうになりました。福島行かれる司書さんにおすすめしたいです。 -- 殿兼司書 2017-06-03 (土) 17:59:51
  • 綺麗系ルックスと穏和な言動に惹かれ、改めて調べて…。司書も智恵子さんの生まれ変わりで…との再会妄想ストーリーが。密かに形にしたいですが、どなたかの二番煎じネタでしたらすみません。 -- 2017-06-11 (日) 11:52:53
  • 文アルカフェの書き下ろし高村さんの「桜が描かれた薄黄色の花瓶に赤い薔薇、傍らの蕾の薔薇」が大変意味深でよろしいです -- 2017-06-11 (日) 13:45:09
  • 智恵子さんについて言及するようなセリフが無いのは何でだろう…あってもいいと思うのに。
    何か理由でもあるのかな? -- 2017-06-21 (水) 17:18:04
  • 智恵子さんのことについては、個人的な推論ですが
    ・ゲーム内で「女性」にまつわる要素が希薄であること(女性文豪が登場する気配がなさそうですし、女性プレイヤーへの配慮のため?)
    ・智恵子抄が金曜日の特マップのみの出現である=図書館に常設で置いてある有碍書ではない=光太郎氏が本を執筆したこと、ひいては智恵子さんのことを忘れてしまっているから?
    …みたいに考えているんですがどうでしょうか。大事な相手なので、いつか光太郎さんの口から語られたら嬉しいのですが。惚気大歓迎したいです。 -- 2017-06-22 (木) 11:17:48
    • セリフの元ネタがほぼ「道程」なこと、なんとなく漂う気だるい雰囲気や、達観したようなセリフが多いのは、「道程」のデカダンな面を強調?したからかなぁと思ったり。そのデカダンな面は、智恵子さんに会ってから(少なくとも作品からは)無くなったらしいので、まだ智恵子さんに会ってからの記憶が戻ってない、もしくは出会う前の高村さんが転生した可能性もあるのかなぁと思いました。デカダン云々は30年前の(親の)国語便覧に書かれていたことなので現在では解釈が違うかもしれませんが。 -- 2017-06-22 (木) 20:19:29
  • Twitterで誰かが「ボイスで一段落をいちだんらくじゃなくてひとだんらくって読んでるのもにょるわーほんとはいちだんらくなんだけどなー」っていってる人いて誰だって思ったけど高村さんの研究完了ボイスのことさしてたのかな…? -- 2017-08-12 (土) 14:17:07
    • 文アル関係ならたぶん。自分は「ついて来れるかな」も気になったタイプ。推しだから余計。しかし最近、転生して若者言葉を覚えたのかな、お茶目だね、とか考えるようになった。推しってすごい -- 2017-09-05 (火) 19:54:10
  • 高村さんの鉄壁の二の腕が気になる今日この頃…… -- 2017-09-05 (火) 00:11:21

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-05 (火) 19:54:10