このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤春夫

  • Lv1ステータス 精神 やや不安定 攻撃141 防御143 回避11 技術48 天才48 美48 主題42 真実46 -- 2016-11-01 (火) 13:50:21
  • 2回目入手「佐藤春夫だ。俺の人望はもう十分分かったよな?」 -- 2016-11-03 (木) 00:14:18
  • 1-3ボス泥確認。 -- 2016-11-03 (木) 00:18:19
  • 戦闘・耗弱「俺に刃向かうたぁ、いい度胸じゃねぇか」 -- 2016-11-03 (木) 22:27:46
  • 耗弱状態・負傷「てんめぇ…」 -- 2016-11-03 (木) 22:29:15
  • 耗弱状態・図書館「この悲しみからいくつ歌ができるだろう…」←もう一つの方 -- 2016-11-03 (木) 22:31:11
  • 耗弱状態・助手交代及び入れ替え「やれやれ…
    耗弱状態・食事「あーあ…
    耗弱状態・補修「悪いな、心配かけちまって」 -- 2016-11-03 (木) 22:37:02
  • 双筆神髄、谷崎潤一郎と組んだ時は「ほんっとドン引きだわ……」でした -- 2016-11-04 (金) 02:44:13
  • 消耗時・購買「やれやれ」 -- 2016-11-04 (金) 16:40:14
  • まだ何度も聞いてないので確証はありませんが、永井荷風との双筆神髄の掛け合いが特殊な気がしました -- 2016-11-04 (金) 16:45:14
  • 筆殺奥義「弟子達を残して先に死ねるかよ…!」(耳こぴ) -- 2016-11-04 (金) 17:45:26
  • 奥義「弟子たちを残して先に倒れるわけにはいかねぇな!」でした。↑は間違いでした、すみません -- 2016-11-04 (金) 17:47:29
  • 永井荷風との双筆神髄で特殊確認しました
    佐藤「永井さん、後ろだ
    永井「言われなくてもわかっている」 -- 2016-11-05 (土) 10:53:59
  • 耗弱状態・攻撃「あわれ秋風よ、こころあらば伝えてよ」(耳コピ)おそらく秋刀魚の歌あはれ秋風よ情(こころ)あらば伝へてよ」 -- 2016-11-05 (土) 12:53:18
  • 文豪ノ途(能力開放時)「ははは!これで弟子達に示しがつくってもんよ!」 -- 2016-11-06 (日) 18:54:28
  • 有魂書潜書(耗弱状態)「あーあ…」 -- 2016-11-06 (日) 21:26:01
  • 放置「おい!まさかさぼってるんじゃないだろうな」 -- 2016-11-09 (水) 01:43:23
  • 有魂書潜書完了「ん?新しい弟子が訪ねてきたか?」 -- 2016-11-09 (水) 01:53:19
  • ここまで反映しました。 -- 2016-11-11 (金) 16:38:30
  • 高村と双筆神髄あるようです。「アンタのケツは俺がふいてやる」 -- 2016-11-13 (日) 20:35:35
  • 開花の声開放、図書館追加「俺の所に来る奴はみんな門弟だ。ま、俺からは何も教えたことはないがな」 -- 2016-11-14 (月) 07:38:12
  • 帰還「帰ったぜ。誰か俺を訪ねて来なかったか?」でした -- 2016-11-16 (水) 19:13:19
    • 帰還(耗弱状態)「あーあ…」でした -- 2016-11-16 (水) 21:24:32
  • ここまで反映しました。また図書館ボイスのひとつを季節限定の項目に移動し、その元ネタについて記載しました。 -- 2016-11-18 (金) 20:51:39
  • 志賀直哉と双筆神髄 -- 2016-11-22 (火) 08:25:29
  • 喪失時双筆神髄「信頼には応えねーとな……」でした -- 2016-11-22 (火) 22:31:09
  • 絶筆「門弟たちに囲まれて…幸せな人生だったぜ…」 -- 2016-11-22 (火) 22:48:45
  • 手紙「また太宰からの手紙か?」 -- 2016-11-30 (水) 18:14:09
  • 手紙:差出人芥川龍之介佐藤春夫様
    やっぱり君は詩人だね
    何度人生をやり直しても人というもの代われないみたいだと言う事が、君を見ていると切に感じるよ
    もっとも、これは僕の最大の賛辞だから覚えて置いてくれたまえ 
    芥川龍之介
    」 -- 2016-12-07 (水) 20:20:16
  • 耗弱・喪失時の攻撃の台詞の元ネタですが、秋刀魚の歌からの引用ではないでしょうか -- 2016-12-10 (土) 23:48:31
  • 司書室の台詞ですが、来る者は、かと思います。確認お願い致します。 -- 2016-12-13 (火) 07:04:57
  • 史実では太宰治から10メートルに及ぶ手紙ももらっていたようです。(内容は、第三回芥川賞後に太宰が佐藤春夫への妄想混じりの恨みつらみを作品内でぶちまけ、佐藤春夫を怒らせた事に対する謝罪)
    4メートルの方は一度下書きを用意してから清書したのか誤字脱字や墨の掠れや滲みがほとんど無かったのに対し、10メートルの方は誤字を塗りつぶした後があったり、文が錯乱気味だったりと……そりゃ佐藤さん目をそらしたりしますわ。 -- 2016-12-25 (日) 03:50:43
    • 太宰から目線そらす、ってのどこから出たネタなんですか?ゲーム内に無さそうなんですが -- 2017-07-04 (火) 21:43:40
      • ゲーム内で届く太宰からの手紙ではなくてでしょうか? -- 2017-07-05 (水) 12:04:19
  • 正月ボイス「あけましておめでとさん!門弟たちにお年玉を準備してやらねぇとな」でした -- 2017-01-01 (日) 00:12:09
  • 耗弱・喪失時の自然溢れる田園風景とは田園の憂鬱の舞台であり、自身も療養に訪れていた神奈川県横浜市青葉区鉄町でしょうか、実際に石碑が小説内に登場した「村で唯一の女学生」金子美代子(故人)さんの手によって建っているの一度見に行ってみるのも良いかと -- 2017-01-31 (火) 16:12:50
  • 司書室四「たまにはこういう服装も悪くねぇな」でした。 -- 2017-02-06 (月) 21:21:23
  • 手紙:差出人室生犀星佐藤春夫様へ
    新作の詩、褒めてくれてありがとう礼を言わせてもらうよ
    いつか批評してくれたみたいに、俺の小説が面白くないってわけじゃないことは俺も十分承知しているから、今後も安心して褒めてもらっていいさ
    俺も春夫の詩も小説もどちらも好きだしな 
    室生犀星
    」 -- 2017-02-28 (火) 22:08:29
    • 手紙内容の元ネタは、忘春詩集に寄せたものだと思います。 -- 2017-04-05 (水) 22:01:46
  • 春限定ボイス「春かあ。新しい門弟が訪ねてきそうな予感がするな」 -- 2017-03-01 (水) 06:35:27
  • 佐藤春夫 誕生日回想
    あんたも俺の誕生日を祝ってくれるのか!
     いい弟子達を持って、俺は幸せ者だ……
    』 -- 2017-04-09 (日) 00:03:44
  • 絶筆台詞は1964年に録音したラジオで佐藤春夫が話した「私は幸いにして…」からきているのかなと思います。 -- 2017-04-30 (日) 01:57:41
  • 佐藤春夫 食堂回想
    谷崎潤一郎との会話の元ネタは、
    自著『飲料のはなし』で披露した、ミキサーに羊羹を入れるとかんたんに汁粉が作れるという話からとおもいます。
    それに谷崎潤一郎『陰翳礼賛』の羊羹語りを組み合わせて回想にしたものだと思います。 -- 2017-07-30 (日) 03:17:53
  • 手紙:差出人井伏鱒二佐藤春夫様へ
    最近、少しお疲れじゃないですか
    多くの門弟の面倒を見ていた先生のことです、ここでは気が緩む暇もないのではないでしょうか
    たまには釣りでもどうです、自然に囲まれているだけでも疲れが取れますよ
    井伏鱒二

    恐らく5通目だと思います。 -- 2017-08-20 (日) 16:50:39

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-20 (日) 16:50:39