このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪ゆかりの地


  • シオーモの小径石碑群
    〒985-0002 宮城県塩竈市海岸通 みなと広場(イオンタウン塩釜すぐそば)
    シオーモの小径には塩釜を訪れた文豪の碑文が建立されている。

    ・若山牧水歌碑
    大正五年三月に東北の旅の途中で仙台から塩釜に汽車で訪れ、鹽竈神社に参拝し松島へ向かった事から歌碑が建立された。
    『朝の歌』より「塩釜より松島湾へ出づ 鹽釜の入江の氷はりはりと 裂きて出づれば松島の見ゆ」が彫られている。

    ・北原白秋歌碑
    昭和十五年六月に松島から船で塩竈を訪れ、鹽竈神社に参詣、勝画楼で昼食に蝦蛄と蟹を食べた事から歌碑が建立された。
    『海坂』より「みちのくの千賀の塩釜雨ながら 網かけ竝めぬほばしらのとも」が彫られている。

    ・正岡子規歌碑
    明治二十六年七月、汽車で塩竈を訪れて鹽竈神社に詣でた後、当時の海老屋旅館で昼食を摂り、船で松島へ向かった事から歌碑が建立された。
    紀行文「はて知らずの記」より「籬嶋 涼しさのこゝを扇のかなめかな」が彫られている。

    ・田山花袋碑
    大正三年三月、大正六年十二月などに幾度か塩竈を訪れている事から碑が建立された。
    碑文は紀行文『山水小記』より塩釜に言及した部分が抜粋されている。 -- 2017-06-11 (日) 18:30:52
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-11 (日) 19:11:59
  • ・夏目漱石文学碑
    〒982-0263 青葉区茂庭字綱木裏山4(大梅寺境内)
    大梅寺の名が登場する「草枕」の中の一節「泰安さんはその後発憤して陸前の大梅寺へ行って修行三昧ぢや。今に智識になられやう。結構なことよ」が刻まれている。 -- 2017-06-13 (火) 02:26:17
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-13 (火) 02:29:17
  • 焼津小泉八雲記念館
    〒425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550
    実装されましたので情報提供失礼します。よろしければ参考にどうぞ。 -- 2017-06-15 (木) 00:26:10
    • それから島根にも記念館があります
      小泉八雲記念館
      〒690-0872 島根県松江市奥谷町322 -- 2017-06-15 (木) 00:28:00
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-15 (木) 01:57:22
  • 「女川・光太郎祭り」(女川・光太郎の会主催)
    毎年8月9日
    会場:女川フューチャーセンター・カマス
    〒986-2261 宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原75
    昭和6年(1931年)に『時事新報』の依頼で三陸沿岸一帯の紀行文「三陸廻り」を執筆する為に高村光太郎が東京を発った日を記念して永く光太郎の精神を受け継ごうと始まったイベント。主に、作品の朗読会や講演などが行われる。
    光太郎は同年8月に三陸地方を巡り、その際に女川の事を書いた紀行文や詩を残しており、91年にそれらの紀行文や詩の文学碑が女川港近くに建ち、翌92年から女川・光太郎祭りが開催されている。 -- 2017-06-20 (火) 02:31:50
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-20 (火) 02:40:27
  • 起雲閣
    〒413-0022 静岡県熱海市昭和町4-2
    1919年(大正8年)に別荘として築かれ「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸が基となる起雲閣。1947年(昭和22年)に旅館として生まれ変わり、熱海を代表する宿として数多くの宿泊客を迎え、山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、日本を代表する文豪たちにも愛されてきました。今は熱海市の文化財として一般公開されています。(熱海市観光協会ホームページより)
    前述の文豪紹介パネルが置かれた文豪の間の他、尾崎紅葉の間、坪内逍遙の間もある。 -- 2017-06-25 (日) 14:53:09
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-26 (月) 03:23:41
  • お宮の松
    〒413-0012 静岡県熱海市 東海岸町
    尾崎紅葉の新聞小説『金色夜叉』の中で、間寛一とお宮の熱海海岸での別れの場面の舞台になったといわれている。初代の松は道路の中央にあり、「羽衣の松」と呼ばれていたが、1919年8月に紅葉の弟子の小栗風葉により、金色夜叉の句碑が建立されたことから、お宮の松と呼ばれるようになった。自動車の普及により、排ガスや舗装の影響で衰えたため、1966年11月に地元のホテルの寄贈により2代目の松が植えられた。初代の松の切り株は、文化会館ロビーにある。2代目の松も枝枯れなどの症状が見られたため、1998年より3年間、樹勢活性化作業が行われた。(wikipediaより) -- 2017-06-28 (水) 19:19:28
    • 貫一お宮の像
      〒413-0012 静岡県熱海市 東海岸町
      「金色夜叉」にちなむ「お宮の松」と、「熱海の海岸散歩する・・・」で始まる歌謡が一体となり、爆発的に流布し、主人公「貫一・お宮」はあたかも実在の人物のように 国民の心をとらえて離さない存在となりました。
      あたみニュース「お宮の松/貫一お宮の像」より) -- 2017-06-28 (水) 19:25:25
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-29 (木) 01:11:19
  • 北海道の期間限定展示の情報です。

    石川啄木来函110年に寄せて〜啄木の函館132日
    開催:平成29年4月9日(日)〜平成29年10月3日(火)
    場所:函館市文学館(〒040-0053 函館市末広町22-5)
    (休館日:8月26日(土)9月7日(木)8日(金)
    入館料金:一般300円 学生150円
    利用時間: 4月〜10月 午前9時〜午後7時
    啄木の草稿や、直筆の手紙などが展示されます。
    また、7月11日(火)18:30から第3回「啄木と江差〜西堀秋潮と藤田武治との交流を中心に〜」という解説もあり。
    解説は定員50人、電話申し込みが必要です。詳細はホームページにて。 -- 2017-06-29 (木) 07:50:44
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-29 (木) 20:17:28
  • 茨城県にて正岡子規の歌碑がありました。

    「崖急に 梅ことごとく 斜めなり」
    この句は、正岡子規が明治22年(1889年)4月5日に偕楽園を訪れた際、好文亭から見た南崖の梅の印象を後年詠んだものです。 -- 2017-07-08 (土) 10:27:11
  • ここまで反映しました。 -- 2017-07-09 (日) 02:47:06
  • 北九州市立文学館
    住所:〒803-0813 北九州市小倉北区城内4-1
    電話:TEL093-571-1505 FAX:093-571-1525
    開館時間:9:30〜18:00 *入館は閉館時間の30分前まで
    休館日:月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)、12/29〜1/3

    北九州市ゆかりの文学者の一人として森鴎外に関する収蔵品が展示されています。 -- 2017-07-09 (日) 14:31:51
  • 森鴎外旧居

    住所:福岡県北九州市小倉北区鍛治町一丁目7番2号
    文豪森鷗外が旧陸軍第12師団軍医部長として小倉に勤務したおり居住した家である。鷗外は明治32年(1899)6月に赴任し、同35年(1902)3月第1師団に転任するまでの2年10か月小倉に住んだが、始めの1年半(明治32年6月〜同33年12月)をこの鍛治町の家で過ごした。この家は、明治30年頃建てられたもので、鷗外が去ってのち、玄関や通り土間などがかなり改造されていたが、昭和56年(1981)に市が買収し復元した。鴎外が東京に帰ってから書いた小説「鶏」は、この家を舞台にしたものである。(北九州市ホームページより)
    料金:入館無料
    開館時間:10:00〜16:30
    休館日:月曜、祝日、年末年始(月曜日が祝日の場合は翌日も)
    お問合わせ:093-531-1604

    また、「鴎外橋」という橋があり、橋の西側には「森鴎外文学記念碑」があります。
    六角形の石碑には「小倉日記」の他に「鶏」「二人の友」など鴎外の作品から抜粋が彫られている。鴎外の生誕100年を記念して昭和37年に建立。設計は谷口吉郎。当時の鴎外の住まいは現・京町2丁目で、そこから城内にある師団司令部へは、常盤橋を渡って通った。(北九州市立文学館ホームページより) -- 2017-07-09 (日) 14:32:26
  • 調布市武者小路実篤記念館にて
    8月2日から27日まで文アルコラボ企画開催

    詳細はwebでw -- 2017-07-09 (日) 17:21:53
  • ここまで反映しました。 -- 2017-07-11 (火) 02:37:05
  • かごしま近代文学館メルヘンホールにて開催予定
    夏目漱石・正岡子規 生誕150年「漱石と子規 150年のキャッチボール」
    日付→2017年7月16日(日)14:00〜15:30
    入場無料・事前予約不要
    お問い合わせ 住所→〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町5-1 TEL→099-226-7771 Web

    期間短いからちょっと書くの迷ったけどせっかくなので… -- 2017-07-11 (火) 22:09:27
    • 一日だけ開催のイベントも結構多いので大丈夫ですよ -- 2017-07-12 (水) 14:33:42
  • 横光利一文学碑
    山形県鶴岡市西目(山口公民館、東源寺)
    最寄り駅 羽前水沢駅
    夫人の千代は鶴岡の実業家・日向豊作の次女で、鶴岡高等女学校(現鶴岡北高)を経て、東京の女子美術学校(現女子美大)で学んでいたが、横光との運命的な出会いから、当時の文壇の大御所・菊池寛の媒酌により結婚する。
    この結婚で庄内と縁を持つことになった横光は、この地で作品の構想を練ったり、多くの作品を書き上げたりしてきた。そして、昭和20年8月、鶴岡市上郷地区に疎開し、そこで終戦を迎えた。「ここが一番日本らしい風景だ」と書いた場所であった。横光利一最後の名作「夜の靴」の一節である。
    このほか湯野浜、湯田川、あつみの各温泉にもたびたび訪れ、「機械」執筆の地である由良にも文学碑ある。
    郷土人物資料館として多くの先人・先覚の業績を紹介している鶴岡公園にある大宝館では、文学碑の建立を機に、横光家から貴重な遺品等が鶴岡市に寄贈され、館内に展示コーナーを特設。明治の文豪高山樗牛、時代小説の第一人者の藤沢周平らの資料とともに常設展示している。 -- 2017-07-12 (水) 07:48:22
  • 茨城県ひたちなか市にて国木田独歩療養の地

    所在地:ひたちなか市殿山1丁目の姥の懐駐車場内。駐車場有り。
    小説「渚」の一節「挙げて永劫の海に落ちゆく世々代々の人生の流の一支流が僕の前に横たわっているのである 独歩」 が刻まれた碑。
    国木田独歩は,明治4年千葉県銚子に生まれる。浪漫主義的立場をとり,後自然主義的な立場によって数々の作品を書いた.。詩集「独歩吟」,小説「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」「酒井日記」等々。
    明治40年9月3日那珂湊牛久保杉田雨人別荘に赴いて病を養った。文芸倶楽部より発表した「渚」には牛久保付近を描写した次の文がある.。
    「今日太陽が落ちかかってから散歩に出た。断崖の上の孤屋を出ると野は淋しい。家の前の村道は一人一人通らない・・・・生きるか死ぬか解らない病人が一人ぶらぶらと此野末を歩いて居る。それが僕だ。・・・・・」 -- 2017-07-12 (水) 13:57:33
  • ここまで反映しました。 -- 2017-07-12 (水) 14:34:08
  • 小泉八雲熊本旧居
    所在地:熊本市中央区安政町2-6 
    小泉八雲の旧宅、一部公開されています。街中でも大手デパートの裏手にあるので分かりにくいですが。熊本市街に行く際、ちょっと立ち寄るのに良い場所です。 -- 2017-07-24 (月) 19:53:48
  • ここまで反映しました。 -- 2017-07-25 (火) 02:18:02
  • 太宰や井伏鱒二が何度か逗留した場所で、太宰治文学記念室があります。
    →当時使用した「机」や「火鉢」などを置き、床柱は、初代の天下茶屋のものをそのまま使用しています。
    「富獄百景」「斜陽」「人間失格」などの初版本、「太宰治」「斜陽館」などのパネル、「太宰治文学碑建設趣意書」「のれん」なども展示しています。山梨 天下茶屋 -- 山梨 天下茶屋 2017-08-04 (金) 14:18:56
  • 川内まごころ文学館
    895‐0072 鹿児島県薩摩川内市中郷2丁目2番6号 川内駅から車で7分またはくるくるバス歴史資料館前
    有島武、山本実彦が川内出身ということで、白樺派や改造社ゆかりの文豪の直筆原稿や書、絵画などが常設展示されています。 -- 2017-08-16 (水) 23:34:03
    • リンク失敗してますね。すみません、/の後を消してください。 -- 2017-08-17 (木) 00:04:39
      • 上の木と合わせてリンク部分を編集しました。URL直貼りはレイアウト崩れにも繋がるので掲示板利用者向けTIPSを参考にしてリンクを貼ることをおすすめします。 -- 2017-08-17 (木) 00:19:07
  • 池田記念美術館
    住所:949-7302 新潟県南魚沼市浦佐5493-3
    開館時間:9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
    休館日:毎週水曜日(祝日等の場合は翌日)
    入場料:一般500円・高校生以下無料
    電話:025-780-4080 FAX:025-777-3815


    常設展示に「小泉八雲文学資料室」があります。
    (以下、池田記念美術館ホームページより)
    この展示室では、池田コレクションと小泉家秘蔵の資料約1,500点の中から、公文書や、家族との書簡、息子たちへ英語を教えたノートなど、八雲ゆかりの品が展示されています。 -- 2017-08-19 (土) 20:35:27
  • 東尋坊
    住所:〒913-0063 福井県坂井市三国町安島
    東尋坊を通る荒磯遊歩道に、三好達治の詩『荒天薄暮』の詩碑があります。 -- 2017-08-20 (日) 21:42:40
  • 慶應義塾図書館 -- 2017-08-22 (火) 22:52:46 New!
    • 住所:〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
      展示場所:慶應義塾図書館(新館)1階展示室
      開館時間:(開室時間 平日:9:00-18:20 土曜:9:00-16:50)
      休館日:日・祝日 休館
      入場料:入場無料 ※一般の方も見学可能です
      電話:025-780-4080 FAX:025-777-3815
      主な展示資料(予定):<泉鏡花>紫檀の大机、貼り混ぜ屏風、うさぎのコレクション(一部)、自筆原稿、鏡花本 -- 2017-08-22 (火) 22:53:04 New!
    • ギャラリートーク:泉鏡花関連部分について、「鏡花の書斎」展示監修者によるギャラリートークを行います。
      日時:8月23日(水) 17:30 -     ※18:15までには終了予定
      講師:松村友視(名誉教授)、鈴木彩(文学研究科)、富永真樹(文学研究科)
      会場:慶應義塾図書館1階展示室 -- 2017-08-22 (火) 22:53:27 New!
    • 図書館展示室 展示情報 第336回企画展示
      慶應義塾大学三田メディアセンター ツイッターアカウントによる案内
      学生以外の方も見学可能で、図書館の受付で入館証をもらえるようです。
      昨年あった展示会のダイジェストとのことです。一部屋だけの展示ですが、泉鏡花がお母様からもらったという水晶のうさぎなどがありました。 -- 2017-08-22 (火) 22:57:38 New!

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-22 (火) 22:57:38