このエントリーをはてなブックマークに追加

夢野久作

  • 耗弱・喪失時の一部セリフです。
    潜書帰還(耗弱)「あっははははは……」
    図書館(耗弱)「毒々しければ 毒々しいほど 愉快です……フフ」「フフフフ……素敵に効いてくるじゃあないですか」
    司書室(耗弱)「もっともっと強い、深い、新しい刺激を求めているんですが」「精神的な火渡り芸、こんなやり方もあるんですね」
    -- 2018-02-14 (水) 17:31:18
    • 補修(耗弱)「私自身が狂ってしまっては 楽しくありませんもんねえ!」
      -- 2018-02-14 (水) 17:33:40
  • 手紙右から2つ目
    夢野久作様へ
    恐怖とはいろいろなモノがあります
    しんみりコワイお話ならばアドバイスできるのですが、ワタシは血なまぐさい恐怖の話はあまり好まないもので、なんとも言えません、申し訳ないです

    小泉八雲
    より

    手紙右端
    夢野久作様へ
    お前の「作品」は無事に届いた
    小説風の手紙というべきか、手紙風の小説というべきか……
    とにかく興味深く読ませてもらった
    面白い演出だった、と言っても良い

    正宗白鳥
    より -- 2018-02-14 (水) 19:06:40
    • すみません訂正です。
      1通目、左から2つめ
      2通目、左端です。
      大変失礼しました -- 2018-02-14 (水) 19:34:34
  • 回想について
    D坂の殺人事件、戦闘開始前に発生

    夢野「乱歩さん、お初にお目にかかります かつて遠い存在だったアナタの隣に立つことができてとても光栄ですよ」
    江戸川「フム……アナタは夢野さんじゃないですか 名乗らなくてもわかりますよ、エエ、一目見ただけでわかりましたから」
    夢野「ほう、まるで探偵ですね では探偵に謎を運んだ依頼人としてお伺いします。一体何故私の名前を?」
    江戸川「それはモチロン、アナタの風体のすべてがアナタの小説を思い起こさせるからですよ」
    夢野「アッハッハッハ……! さすがは乱歩さんだ、想像以上ですよ」
    江戸川「大したことじゃあありませんよ アナタのトリックの形容しがたい雰囲気は、唯一無二ですから」
    夢野「全く……感激ですよ。この際です、言わせて頂きましょう 私の作をそこまで真剣に批評して下さったアナタには本当に勇気づけられたのですよ、私自身にも想像が及ばない程に、ね……」
    江戸川「フフ、本当にそう思っているのでしょうか? アナタが異質なことはワタクシでなくとも簡単にわかります そしてその心の底には、何も感じさせない虚無しかないようですが」
    夢野「ククッ、アッハッハッハ……! 本当に、なにも隠し事はできませんね。それでこそ、私の敬愛する乱歩さんです」
    江戸川「フム、まあよいでしょう アナタの内側にあるトリック、おいおい観察させていただきます」
    -- 2018-02-14 (水) 19:23:02
  • 入手時の台詞です

    1回目「名前は夢野久作。夢見がちの変人という意味です 至って常識人のつもりなのですがね……」
    2回目「名前は夢野久作。そんなに私は変人でしょうか……? よくわかりませんね……」
    -- 2018-02-14 (水) 19:29:13
  • 手紙2通目
               江戸川乱歩より 一
    夢野久作様へ
     ステキな怪文書をお送りいただき、ありがとうございます
    なかなか解き甲斐のあるナゾでした
    お返しにワタクシの新作トリックを少しだけお見せいたしましょう
    もっとも、アナタには簡単過ぎるかもしれませんがね
                 江戸川乱歩


    手紙3通目
               江戸川乱歩より 二
    夢野久作様へ
    まさかあれをきっかけにして、図書館で怪文書が行き交い始めるようになるとは思いませんでした
    不幸の手紙でも書いたのですか
    アナタもとんだ仕掛け人ですね
                   江戸川乱歩

    3通目の始まりは字下げされておりませんでした -- 2018-02-14 (水) 20:23:46
  • 回想
    Ⅾ坂の殺人事件、ボス撃破後に発生

    夢野久作「フフフ、この侵蝕者もまた、動くのを止めてしまいました……」
    正宗白鳥「おい、死などそこら中にあるじゃないか。何故そこまで死に執着する?
    何がそこまでお前の興味を引く? 単に猟奇趣味なだけではないだろう?」
    夢野久作「何を言うかと思えば白鳥さん……
    死は近代医学の威力を以てしても正体が掴めないでいる、永遠の謎ですよ?
    興味を掻き立てられるに決まっているではありませんか」
    正宗白鳥「ふん、俺にはわからないな。永遠の謎ならば、尚更追及したところでどうなるのだ」
    夢野久作「アナタのおっしゃる通りです。実際、よく考えていますよ
    ああ、ジレッタイ……分解したら魂が落ちてこないかしらん……と
    ですが正体の分からぬもの程、血湧き肉踊るのもまた事実なのです……フフフ」
    正宗白鳥「確かに、魂というものがあれば話しは簡単だろうな
    世の中の真実を追求する気はさらさらないが、その答えを欲する気持ちには俺にも覚えがある」
    夢野久作「さすが白鳥さんです、話が早くて助かりますよ……」
    -- 2018-02-14 (水) 20:33:22
  • 手紙右端です
     昨日は面白い話をどうも
    アンタが思っていたより「まとも」
    だったから、こっちがおどろいた
    うまく猫、いや、人をかぶっているな
    これは褒め言葉だぜ
    人は書くものによらないとはこういう
    ことをいうのかもしれないな
    坂口安吾
    -- 2018-02-14 (水) 22:27:50
  • 初期値

    精神 安定
    攻撃 99
    防御117
    回避11
    技術45
    天才43
    主題40
    真実40 -- 2018-02-15 (木) 18:19:12
    • 美42 -- 2018-02-18 (日) 01:26:20
  • 台詞は埋められるだけ埋めました。
    元ネタはわかるものだけコメントしますので、どなたか体裁を整えていただけると助かります -- 2018-02-16 (金) 22:59:11
    • 図書館台詞2種、声マス、耗弱:猟奇歌より
      耗弱司書室ボイス「精神的な〜」:江戸川乱歩氏に対する私の感想より
      戦闘終了、放置ボイス「素敵な大事件」:ココナットの実より
      耗弱図書館ボイス「毒々しければ〜」:探偵小説の正体より
      潜書帰還:キチガイ地獄より

      絶筆・潜書完了で言及されている「時計の音」はドグラ・マグラからではないかと推測していますが確証はないです。 -- 2018-02-16 (金) 23:12:02
  • 手紙ボイス「つまらない手紙なら、燃やしてしまいますよ」 -- 2018-02-17 (土) 01:17:13
  • 耗弱立ち絵が図書館時のものになっていますので、よろしければ修正お願いします。 -- 2018-02-17 (土) 08:45:43
    • 直しました -- 2018-02-22 (木) 21:42:05
  • ここで大丈夫ですかね。図書館の台詞「闇の中に闇があり(以下略)」の元ネタは、『猟奇歌』の『血潮したゝる』の一部です。「我思う故に我あり、なんて」の元ネタは、松本俊夫監督の映画版『ドグラ・マグラ』の正木敬之の台詞「アー、脳髄は我思う、故に我ありなんて、ことに自分を特権化したがるわるい癖があるが」のようです。本家の小説にはない台詞で、最も台詞の内容が近いのが映画版でした。声マス解放の「真夜中に」の元ネタも『猟奇歌』の「真夜中に 心臓が一寸休止する その時にはこはい夢を見るのだ」からの引用のようです。戦闘終了の「転がる首……投げ出す手……」は『ココナットの実』からです。喪失の「困るじゃないか……」は『空を飛ぶパラソル』から。ぱっとわかったのはこのくらいです。このコメが場違いでなければいいのですが。長々と失礼しました。 -- 2018-02-17 (土) 23:33:24
  • レベル50開花20、攻撃376、防御445、回避41、技術165、天才163、美162、主題160、真実160 -- 2018-02-24 (土) 02:10:25
  • 時計の音の元ネタは、おそらく「ドグラ・マグラ」からだと。 -- 2018-02-24 (土) 08:42:16
  • 春ボイス「春の風は、どこか狂気を運んでくる気がしますね」 -- 2018-03-01 (木) 01:37:07
  • 精神的な火渡り刑、こんなやり方もあるんですね」の「精神的な火渡り刑」は『江戸川乱歩論』に記述が見られるので、そこが元ネタだと思われます。 -- 匿名希望 2018-04-15 (日) 15:44:42
  • 夏ボイス「生き物はすぐ腐ってしまいます。大人しく侵食者を分解して我慢しましょう。」でした -- 2018-06-04 (月) 00:12:16
  • 一周年ボイス「一周年祝い……分解できないものに興味はないですね」でした。 -- 2018-06-15 (金) 11:23:54
  • 秋ボイス「読書の秋です。私の好む展開の探偵小説を、見つけたいですねぇ」でした -- 2018-09-01 (土) 00:29:41
  • 二周年ボイス「宴に来ないのかって?私はなぜみながあそこまで喜び、浮足立っているのか、それが理解できませんのでね…やめておきます」 -- 2018-11-04 (日) 19:39:25

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-04 (日) 19:39:25