このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

No.006名前レアリティ武器派閥
夏目漱石1-1.jpg夏目漱石
(なつめそうせき)
余裕派
ステータス(初期値/最大値)
精神攻撃防御回避
やや不安定136/496136/49610/39
技術天才主題真実
46/16646/16643/16347/16745/165
代表作文学傾向
吾輩は猫である、坊っちゃん、こゝろ純文学
趣味嗜好
甘いものを好きなだけ食べること
人物紹介
「私も自由にやらせてもらいます。戦うも、逃げるもね」

普段はユーモアに溢れ教養を感じさせるが、仕事では厳しい一面も見せることもある先生の鑑。
人情にも厚く弟子である芥川龍之介をはじめ多くの人達に慕われているが、たまに繊細で気が弱い面を見せることもある。
無類の甘味好きで特に羊羹が好物。食べ過ぎを注意されても、控えるつもりは全くないようだ。
+  全身画像

回想 Edit

回想数[6/6] 16/12/21メンテナンス時点

+  クリックで回想一覧が開きます

手紙 Edit

17/02/28メンテナンス時点

+  クリックで手紙一覧が開きます ※ネタバレ注意

ボイス (CV:鳥海浩輔) Edit

+  クリックでセリフ一覧が開きます

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

  • 夏目漱石について、概要
    慶応3年(1867年)1月5日に生まれた。
    帝国大学(現在の東京大学)英文科卒業後、松山中学、第五高等学校の教師を経て1900年にイギリスへ留学。
    帰国後、東京帝大英文科の講師となった。(因みに、その前の教師は小泉八雲であった。)
    デビュー作『吾輩は猫である』を雑誌「ホトトギス」に発表し、評判になる。
    その後朝日新聞社に入社し、作品を連載する。
    大正5年(1916年)12月9日に没。死因は胃潰瘍。
  • 「漱石」という名について
    • 漱石の本名は、夏目金之助である。
      漱石の名は、唐の時代の『晋書』にある故事「漱石枕流」からとったもの。
      書き下し文にすると、「石に口漱(すす)ぎ流れに枕す」となり、意味は負け惜しみの強いこと。
      +  ネタバレ注意
  • 人物紹介や趣味嗜好にもある通り、大の甘党である。
    • 著作の『草枕』に羊羹について書いている。その詳しい描写から、漱石が相当羊羹を愛していたということが伺える。
      「菓子皿のなかを見ると、立派な羊羹が並んでいる。余はすべての菓子のうちでもっとも羊羹が好だ。
      別段食いたくはないが、あの肌合が滑らかに、緻密に、しかも半透明に光線を受ける具合は、どう見ても一個の美術品だ。
      ことに青味を帯びた煉上げ方は、玉と蝋石の雑種のようで、はなはだ見て心持ちがいい。
      のみならず青磁の皿に盛られた青い煉羊羹は、青磁のなかから今生れたようにつやつやして、思わず手を出して撫でて見たくなる。」
      (『夏目漱石全集3』ちくま文庫、筑摩書房)
    • 随筆『満韓ところどころ』の中で、盲腸炎に罹った理由を汁粉を飲みすぎたせいだと書いている。予備門に入ってから毎晩のように汁粉を食していたという。
      「これは毎晩寺の門前へ売りに来る汁粉を、規則のごとく毎晩食ったからである。汁粉屋は門前まで来た合図に、きっと団扇をばたばたと鳴らした。
      そのばたばた云う音を聞くと、どうしても汁粉を食わずにはいられなかった。したがって、余はこの汁粉屋の爺のために盲腸炎にされたと同然である。」
      (「夏目漱石全集7」ちくま文庫、筑摩書房)
  • 入手時の台詞について
    +  ネタバレ注意
  • 台詞の元ネタについて
    +  ネタバレ注意
  • 耗弱・喪失時の台詞について
    +  ネタバレ注意
  • 双筆神髄(特殊)が発生する相手との関係について
    +  ネタバレ注意

コメントフォーム Edit

情報提供用 Edit

こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。
セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。
それ以外のコメントは、下の雑談用へ。

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 負傷(通常)ボイス「うおっ」「恐ろしい影だ」と聞こえました。後者は『こゝろ』由来でしょうか -- 2016-11-18 (金) 07:42:52
    • 言われてれば…気づかなかったです。そうかもしれませんね。 -- 2016-11-19 (土) 04:29:20
  • 攻撃(耗弱時)「悔恨の思いです」、負傷(耗弱時)「復讐以上に残酷な…!」と聞こえました。筆殺奥義ボイスは5つ上のコメントで仰っている通りかと思います。 -- 2016-11-18 (金) 08:12:07
    • 後者は、『こゝろ』の「下 先生と遺書」にある二回目の「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」のあとの「しかし決して復讐ではありません。私は復讐以上に残酷な意味をもっていたという事を自白します。」の部分かと思われますがどうでしょう。 -- 2016-11-23 (水) 18:32:24
  • 「声」開放「&color(foreground[,background]){text};」と聞こえました。 -- 2016-11-21 (月) 00:31:13
  • 図書館の冬ボイス「こんなに寒いと猫だけじゃありません。私も丸くなりますよ」でした。 -- 2016-12-02 (金) 13:39:29
  • 室生犀星から手紙がきました。
    夏目漱石さまへ 室生犀星より
    夏目先生ならわかって頂けると思いますが、実を言いますと、あのネコはあまり癒されませんね
    言葉を喋られては、ちょっと可愛げがありません
    なでると喜ぶし、ネコらしいところもあるのは判るんですが、俺にとってはやっぱり普通の猫が一番です
    」 -- 2016-12-02 (金) 15:32:26
  • 喪失「覚悟なら、ない事もないのですが…」元ネタは『こゝろ』の「覚悟、――覚悟ならない事もない」という台詞だと思います。 -- 2016-12-04 (日) 00:01:18
  • 食堂で個別で食べさせたら(念のため伏せ)饅頭が出ましたが台詞は通常と変わらずでした。 -- 2016-12-07 (水) 16:50:05
  • 森鴎外と双筆神髄があるとの事でしたが、先程プレイした時はお互い通常の開け声になっていました。この2人では初めて双筆神髄だったので、バグかどうか分かりません。どなたか確認願えませんか? -- 2016-12-09 (金) 00:37:44
    • 数回森鴎外との双筆神髄特殊台詞を聞いたことがあります。しかし、最近2回ほど発生した時は通常の台詞でした。1回目に通常台詞だった時はバグ(or聞き間違い)かな、とも思ったのですが本日2回目確認できましたので報告します。 -- 2016-12-11 (日) 03:19:23
  • 今日でちょうど没後百年ですね。当時の新聞を見たところ、葬式には森鴎外や(未実装ですが)徳富蘇峰・高浜虚子・有島生馬が出席したそうです。小ネタ失礼いたしました。 -- 2016-12-09 (金) 16:10:56
  • 司書室四(衣装変更時の声)「見目麗しくなりましたかねぇ」 -- 2016-12-13 (火) 12:31:06
  • 図書館(「声」マス開放)「今よりもずっと若い頃には正岡に随分と振り回されていましたよ」 -- 2016-12-13 (火) 12:36:01
  • 司書室ボイスの元ネタですが、「自分のことは棚へ上げて君の未来のために一言するのです」と手紙に書いたことがあるようですね。 -- 2016-12-18 (日) 03:27:07
    • 芥川宛の手紙でしたっけ?記憶が曖昧で…。 -- 2016-12-19 (月) 00:46:14
  • 正月ボイス「年賀状を認めねば。新年の御慶、めでたく申し上げ候」 -- 2017-01-01 (日) 00:31:10
  • 夏目漱石 誕生日回想
    誕生日を祝うほどの年頃でもないのですが、ありがたく祝われましょう
    もちろん、甘味を好きなだけ食べてもよいのですね?
    』 -- 2017-02-09 (木) 00:05:19
    • 遅ればせながら追記しました -- 2017-03-05 (日) 05:47:19
  • そういえば昨日夏目さん一気に二人お越しになられたのだけど、誕生日だったから甘いものいっぱい食べれると思ってきたんですかね??かわいいかよ… -- 2017-02-10 (金) 12:29:57
  • レベルカンストおよび開花もMAXになったのでステータスを報告します。
    攻撃496 防御496 回避39
    技術166 天才166 美163 主題167 真実165
    以上です。 -- 2017-02-12 (日) 16:37:42
  • 最大値反映致しました -- 2017-02-24 (金) 23:07:51
  • 春限定ボイス耳コピ「郷里から苺を取り寄せてきました、甘味に苺は欠かせません
    間違っていたら訂正お願いします -- 2017-03-01 (水) 01:04:18
    • 確認後追記しました -- 2017-03-05 (日) 05:46:58
  • 3月1日付で追加された4通めの手紙は武者小路実篤からのものです。

    夏目漱石様へ

    皆さんのご要望にお答えして、絵画
    教室を開催します!
    初心者歓迎、週末十時より、館長の御
    厚意により道具は不要です

    夏目先生も以前絵を描いていらしたと
    聞きました
    ご都合がよろしければご友人もお誘い
    合わせの上で是非お越しください

    武者小路実篤

    」 -- 2017-03-01 (水) 14:04:07
  • 絶筆台詞の元ネタですが、『こゝろ』の「下 先生と遺書」より「記憶して下さい。私はこんな風にして生きて来たのです。」からだと思われます。 -- 2017-05-18 (木) 18:23:19
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします

雑談用 Edit

こちらは情報提供以外の雑談用です。
セリフ、ステータス、使用感等の情報提供は上のコメント欄へお願いします。
こちらの板は雑談板のルールを適用しております。投稿する前に、雑談板のルールをご確認ください。

+  コメント欄は折りたたんでおります

+  雑談過去ログ一覧

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-15 (月) 11:46:04