このエントリーをはてなブックマークに追加

食堂とは Edit

「満腹度」「疲労」を回復する場所。
疲労度が溜まっている文豪、満腹度が減少している文豪が表示される。
(満腹なのに表示されたままの文豪がいるのはそのため。)
16/12/07に行われたメンテナンスにより「献立」が実装された。



満腹度 Edit

「満腹度」は文豪の行動力を表しており、全て無くなってしまった場合は「有碍書」へ潜書することができない。
潜書の途中で完全に空腹になった場合は、攻撃ミスを連発するようになる。
「食糧」を消費し、食事をすることで満腹度を回復させることができる。
おにぎりのアイコンをいくつ消費しているかによって、回復する際の食糧の効率が異なる。

必要食糧数 Edit

一度の潜書で連続して戦闘した場合も、何度かの潜書に分けて同じだけ戦闘した場合も、アイコンの消費数は変わらない。
※表の「合計戦闘数」とは、「満腹の状態から何回戦闘マスを踏んだか」を指す。

合計戦闘数アイコンの
消費数
残り空腹度
(%)
1人あたりの
必要食糧数
4人での
必要食糧数
1戦あたりの
消費効率
備考
1戦-1858328
2戦-37015607.5
3戦-45523927.666...
4戦-640301207.5
5戦-725381527.6
6戦-910451807.5
7戦-100502007.142...完全に空腹の状態。この状態の文豪は有碍書へ潜書ができなくなる。

疲労 Edit

「疲労」がかなり溜まっている時は、不機嫌マーク(赤い顔のマーク)が表示される。
このまま戦闘へ向かうと本来の能力を発揮することができない。
「疲労」は時間の経過により回復する。
会派筆頭はそうでない文豪より疲労がたまりにくい。

「漢方薬」を消費することで食堂にいる文豪全員の疲労を瞬時に回復することができる。
「漢方薬」は購買で購入することができる。※アイテムの購入にはDMMポイントが必要

誕生日 Edit

誕生日の文豪に食事をさせると回想が発生する。
一覧はこちら

献立表 Edit

昼献立:06:00:00〜17:59:59
夜献立:00:00:00〜05:59:59、18:00:00〜23:59:59
スペシャル:昼夜問わず一定確率

+ 夏メニュー

回想は同時に発生しない。 1回の食事につき1つだけ回想が発生する。

月曜日 Edit

  • オムレツ
    オムレツふんわりたまごのオムレツ。
    洋食好きの萩原朔太郎はよくオムレツを作らせていたといい、
    『閑雅な食慾』の中にも「おむれつ」が登場する。
  • 回想(萩原朔太郎若山牧水
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • ビフテキ
    ビフテキ程よい焼き加減の分厚い牛肉のステーキ。
    バター醤油が香ばしい。
    ビステキともいい、夏目漱石の『野分』の中にも
    食べる場面が登場する。
    • 回想(小泉八雲萩原朔太郎
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • スペシャル
    + 冬メニュー 汁粉
    + 夏メニュー かき氷

火曜日 Edit

  • 天ぷらそば
    天ぷらそば揚げたてサクサクの天ぷらがのったそば。
    そばはつるりと滑らかでのどごしがよく、香り高い。
    宮沢賢治は、天ぷらそばとサイダーの組み合わせを好んで食べたという。
    • 回想(宮沢賢治谷崎潤一郎
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
    • 回想(織田作之助吉川英治)(17/3/8追加)
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • 若鶏の唐揚げ
    若鶏の唐揚げジューシーな鶏の唐揚げ。醤油の下味が効いている。
    レモン汁をかけると爽やかに食べられる。
  • 回想(田山花袋島崎藤村
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • スペシャル
    + 冬メニュー 牛タンの塩ゆで
    + 夏メニュー(2017年) カステラ
    + 夏メニュー かき氷

水曜日 Edit

  • 牛めし
    牛めし牛肉を贅沢に使用した牛めし。
    牛めしは、牛鍋を丼飯にかけたところから
    生まれたという。
    • 回想(中原中也若山牧水
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • カレイの煮付け
    カレイの煮付け甘辛く煮付けられたカレイ。
    身がホロッとやわらかく、上品な味わい。
    口に入れると爽やかな生姜の香りが広がる。
    • 画像
      + 16/12/13修正前
    • 回想(武者小路実篤志賀直哉
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
    • 回想(島崎藤村田山花袋)(17/3/8追加)
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • スペシャル
    饅頭
    饅頭程よい甘さで、口当たりのしっとりとした饅頭。
    煎茶とよく合う。
    森鴎外は茶漬けにして食べるのを好んだという。
  • 回想(太宰治森鴎外
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
+ 夏メニュー(2018年) カステラ

木曜日 Edit

  • カツ丼
    カツ丼サクサクの豚カツとしんなり煮た玉葱を、
    卵でとろりととじている。
    永井荷風はカツ丼を好んで食べたという。
    • 回想(永井荷風谷崎潤一郎
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • ライスカレー
    ライスカレーじっくりと煮込まれたこだわりのカレー。
    野菜の甘みの中に香辛料が効いており、
    スパイシーな味わい。
    • 回想(田山花袋国木田独歩
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • スペシャル
    カニのコロッケ
    カニのコロッケカニ肉をたっぷりと使用したコロッケ。
    外はサクサク、中はクリーミー。
    中野重治はカニを好んで食べたという。
    • 回想(室生犀星中野重治
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
    • 回想(新美南吉夏目漱石)(17/3/8追加)
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意

金曜日 Edit

  • きつねうどん
    きつねうどん油揚げから甘辛い煮汁がじわりと染み出す。
    「きつねうどん」という名称は、油揚げがキツネの
    好物とされていることに由来するという。
  • 回想(新美南吉江戸川乱歩
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • 回想(小林多喜二菊池寛)(17/3/8追加)
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • 鰤の照焼
    鰤の照焼身の締まった天然モノの鰤の照焼き。
    醤油ベースの甘いタレがよく染みている。
    芥川龍之介は鰤の照焼きを好んで食べたという。
  • 画像
    + 16/12/13修正前
  • 回想(芥川龍之介菊池寛
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • スペシャル
    あんぱん
    あんぱんずっしりと餡のつまったあんぱん。
    泉鏡花はあんぱんを好んで食べたという。
  • 回想(徳田秋声泉鏡花
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意

土曜日 Edit

  • 焼き鮭定食
    焼き鮭定食素材の味を生かした、シンプルな焼き鮭。
    皮はパリッと、身はふっくらと焼き上げられている。
  • 回想(尾崎紅葉泉鏡花
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • 回想(森鴎外堀辰雄)(17/3/8追加)
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • うな重
    うな重ふっくら柔らかなうなぎの蒲焼きが絶品。
    甘辛いタレがご飯にもよく絡む。
    夏目漱石はうなぎを好んで食べたという。
  • 回想(正岡子規夏目漱石
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • スペシャル
    + 冬メニュー カツサンド
    + 夏メニュー アイスクリーム

日曜日 Edit

  • ハムサラダ
    ハムサラダハムはしっとり柔らかく、旨味が凝縮されている。
    新鮮な野菜もたっぷりと摂れて健康的。
  • 回想(宮沢賢治高村光太郎
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • 牛鍋
    牛鍋柔らかく煮た牛肉が口の中でとろける。
    仮名垣魯文は『安愚楽鍋』の中で
    「牛鍋食わぬは開化不進奴」と書いており、
    文明開化を象徴する料理。
    • 回想(国木田独歩石川啄木)(17/3/8追加)
      + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
  • 回想(二葉亭四迷坪内逍遥)(17/11/26追加)
    + クリックで内容が開きます ※ネタバレ注意
+ 夏メニュー(2018年) 檸檬ゼリー
  • スペシャル
    + 冬メニュー あんこう鍋
    + 夏メニュー 水羊羹

コメント Edit

コメントを投稿する前にログにて同様の内容がないか確認して下さい。


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 月曜スペシャル夏 かき氷 説明↓
    暑い夏には、ひんやりと美味しいかき氷がおすすめ。
    ほろ苦い抹茶と、甘いあずきが程よくマッチしている。
    -- 2017-07-31 (月) 00:04:29
  • 月曜スペシャル夏川端横光
    川端「……美味しいですね」
    横光「砕いた氷にシロップを掛けただけのものが、こうも美味いとはな」
    川端「まさに、夏の風物詩です」
    横光「周りから崩して食べるのも、真ん中から穴を開けて食べるのも一興……」
    川端「私はこの、息を吹き返したガラス細工を崩さないように味わいたいです」
    横光「確かに、あまり無粋な食べ方をしてしまうと、頭がみんみんと鳴いてしまうからな」
    川端「……かき氷とはかくも寂しく、たゆたうものですね」
    横光「だからこそ、天守閣は色づくことができるのだろう」
    川端「……そうですね」
    横光「さ、酷く脆い城だ。食べてしまおう」

    でした。 -- 2017-07-31 (月) 10:07:44
  • 火曜スペシャルカステラでした
    甘さ控えめで、しっとりした食感。
    北原白秋の歌集『桐の花』にもカステラが登場する。
    -- 2017-08-01 (火) 00:06:11
  • 火曜のスペシャルはカステラです。以下説明文

    甘さ控えめでしっとりとした食感。
    北原白秋の歌集『桐の花』にもカステラが登場する。
    -- 2017-08-01 (火) 00:07:16
    • すみません、上の方と被ってしまったのでスルーしてください… -- 2017-08-01 (火) 00:07:50
  • 火曜スペシャル夏北原と若山で回想

    北原「カステラか‥‥‥!素敵じゃないか」
    若山「そういえは好物だっけか‥‥‥俺は酒のツマミにできないなって感想しか無いがなぁ」
    北原「‥‥‥無粋と言わざるをえない意見だね」
    若山「まぁそう睨むなよ。カステラって口の中が乾くんだよな‥‥‥嫌いなわけじゃないんだが」
    北原「それは安物を食べてきたのではないかい?
    ほら見てご覧。じっとりと重たく鎮座する姿、実に美しいだろう?」
    若山「ふうん、そんなもんかね‥‥‥お、これなかなか美味いじゃないか
    一皿じゃあ足りそうにないなあ」
    北原「‥‥‥何故こっちを見るんだい。これは僕が食べる分だよ」
    若山「ははっ、じょーだんだよ冗談!」
    -- 2017-08-01 (火) 01:02:42
  • 夏メニューと思わしきかき氷とアイスクリーム(水羊羹も?)は一体いつまで出されるんでしょうか…
    そろそろ何か温かいものに切り替えてあげて欲しい。 -- 2017-11-18 (土) 18:54:58
    • 11月29日のメンテで冬メニューに切り替わったようです。 -- 2017-11-29 (水) 21:55:57
      • 冬メニューに変更されましたね…!個人的にカステラは通年だと思い込んでたので、そこも変わった様子に少し驚きました。 -- 木 2017-12-02 (土) 04:56:03
  • 日曜夜牛鍋 二葉亭坪内
    坪内「ふむ、今日は牛鍋か……」
    二葉亭「ハラショー! 牛肉は大好物です」
    坪内「牛鍋を見ると、西洋文学にのめり込んだ、若き頃のメモリーが蘇る……」
    二葉亭「牛鍋といえば文明開化! 逍遥さんの『小説神髄』は、文学の世界において俺の中での牛鍋……
    と言っても過言ではありませんからね」
    坪内「四迷君、よしてくれ。照れてしまうから……」
    二葉亭「といっても、当時はまだまだロシアの文学に比べて劣っていましたがね」
    坪内「四迷君は厳しいですね……
    しかし、私達の後に多くのノベルが誕生したことを思うと、あの苦悩も無駄では無かったのでしょう」
    二葉亭「そうですね、少し悔しいですが」
    -- 2017-11-26 (日) 00:34:17
  • 日曜日のスペシャルメニューは水羊羹ではなく、あんこう鍋になってます -- 2018-02-04 (日) 22:30:46
  • 火曜日スペシャルは、塩茹でタンかと。多分冬メニュ。 -- 2018-04-04 (水) 11:36:48
  • 今日のメンテ後からでしょうか、水曜のスペシャルがカステラになったようです -- 2018-06-27 (水) 22:15:52
  • 昼と夜は日曜の夜以外は前回の夏メニューと同じ。(日曜夜は未確認)
    スペシャルは
    月・汁粉 火・かき氷 水・カステラ 木・カニのコロッケ 金・あんぱん 土・アイスクリーム 日・水羊羹
    です。 -- 2018-06-28 (木) 21:11:59
  • 土曜日のアイスクリームは中原中也と新美南吉です。 -- 2018-06-30 (土) 11:28:53
  • 日曜の夜は檸檬ゼリーで、回想は梶井基次郎と高村光太郎です -- 2018-07-01 (日) 00:05:53
  • 日曜日・夜の夏メニューは檸檬ゼリーでした -- 2018-07-01 (日) 00:06:00
  • 日曜日・夜 檸檬ゼリー

    説明↓
    檸檬の風味が広がるゼリー。
    さっぱりとしたすっぱさとほんのりとした甘さが口に広がる。

    会話内容↓
    梶井「これは檸檬だね!まるごとじゃないのが至極残念だ」
    高村「これは……」
    梶井「どうしたんだい?高村くん」
    高村「……いや、なんでもない。ちょっと懐かしく思っただけだよ」
    梶井「もちろんそうだろう、檸檬は僕の一部であるように君の一部でもあるんだからね」
    高村「うん……そうだね」
    梶井「ふふっ、うっかり爆発させないように気をつけなよ」
    -- 2018-07-01 (日) 01:03:36
  • 日曜の夜の夏メニューが檸檬ゼリーに変更している様です -- 2018-07-01 (日) 18:27:25
  • びっくりしたんですが、日曜日の夜がレモンゼリーでした。夕飯の時です。 -- 2018-07-01 (日) 19:58:52
  • 今年の夏メニューは月曜スペシャル汁粉が据え置きで、代わりに水曜日スペシャルの饅頭がなくなっています(かき氷が月→火曜日、カステラが火→水曜日に移動) -- 2018-07-02 (月) 19:13:56
  • 月曜スペシャルのかき氷、回想は小川未明と新見南吉でした。 -- 2018-07-03 (火) 00:08:34
    • かき氷は火曜日に変更になっているので、多分火曜日スペシャルの話です。 -- 2018-07-09 (月) 04:40:06
  • 火曜日・スペシャル かき氷2
    小川未明「ほら南吉、遊んだら手を洗うんだよ」
    新美南吉「うん、分かったよ
    未明は綺麗好きだね」
    小川未明「綺麗だと気持ちがいいから」
    新美南吉「だから一緒に遊んだ後はまるでお兄ちゃんみたいになるんだね」
    小川未明「南吉、また順番が逆だよ・・・・・・
    ごんの手も洗うなら先に自分の手を洗わないと、ごんが綺麗にならないよ」
    新美南吉「あ、間違えちゃった」
    小川未明「南吉は本当にごんのことが好きだね
    ほら、かき氷が溶けちゃうよ。早く食べよう」
    新美南吉「うん、今行くよ!」
    -- 2018-07-10 (火) 16:12:34
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-09 (木) 00:08:53