このエントリーをはてなブックマークに追加



基本情報 Edit

No.14名前レアリティ武器派閥
川端康成.jpg川端康成
(かわばたやすなり)
新感覚派
ステータス(初期値/最大値)
精神攻撃防御回避
やや不安定144/??143/??12/??
技術天才主題真実
49/??47/??50/??43/??44/??
代表作文学傾向
伊豆の踊子、抒情歌、禽獣、雪国 など純文学
趣味嗜好
無名の作家・画家の発掘
人物紹介
「伊豆かと思えば……とんだところに来てしまいましたね」

幅広い作風と新しい表現技法を巧みに使い分けたため、奇術師という異名を持つ男。
寡黙さと凝視癖が相まって怖い印象を与えるが、その眼差しの中には彼なりの優しさが伺える。
極端な無口に加えて浮世離れした感覚を持つため彼の真意を汲み取ることは難しいはずなのだが、
盟友の横光利一だけは理解しているようだ。
+ 全身画像

回想 Edit

回想数[2/3] 17/07/17メンテナンス時点

+ クリックで回想一覧が開きます

手紙 Edit

17/07/17メンテナンス時点

+ クリックで手紙一覧が開きます ※ネタバレ注意

ボイス (CV:関智一) Edit

+ クリックでセリフ一覧が開きます

ゲームにおいて Edit

  • 2017年7月10日〜7月26日に開催されたイベント『川端康成に関する研究』にて先行実装された。
    • Twitterでの紹介(リンク
      幅広い作風と新しい表現技法を巧みに使い分けたため、奇術師という異名を持つ。
      「……あぁ、すみません。目を合わせれば、挨拶が済んだかと。」
    • Twitterでの紹介(リンク
      【川端康成の一生】
      0歳:大阪で誕生
      15歳:作家志望の気持ちが強くなる
      22歳:婚約後、一方的に破棄される
      28歳:『伊豆の踊子』刊行
      45歳:古典文学を読みふける
      69歳:ノーベル文学賞受賞
    • Twitterでの紹介(リンク
      ■著作
      初期:『伊豆の踊子』『抒情歌』
      中期:『愛する人達』『夕映少女』
      後期:『女であること』『美しさと哀しみと』
    • Twitterにて横光利一との双筆神髄動画が先行公開された。(リンク

元ネタ Edit

明治32年(1899)6月14日に大阪市で生まれる。
小説家を志望し東京帝国大学文学部英文学科に入学(のちに国文学科に転科)、第六次「新思潮」発刊のため菊池寛を訪ねたことで交流が始まる。
数多くの文学賞を受賞しており、中でもノーベル文学賞を日本人で初めて受賞されている。
昭和47年(1972)4月16日、ガス自殺により死去、満72歳没

コメントフォーム Edit

情報提供用 Edit

こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。
セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。
それ以外のコメントは、下の雑談用へ。


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 喪失 司書室「自分の犠牲と刑罰でしょうか、これは」「魔界の出口は、雪国でしたか」 -- 2017-07-17 (月) 14:04:14
  • 食事「食事の時間ほど、孤独が虚しいものは…」 -- 2017-07-17 (月) 14:04:47
  • 放置「書き物ですか?私が代わりに、書いて差し上げましょうか?」 -- 2017-07-17 (月) 14:05:34
  • 手紙「手紙です」 -- 2017-07-17 (月) 14:08:47
  • 『ろ-3 蝿』にて川端康成Lv1と横光利一Lv20、戦闘開始前に回想発生しました。 -- 2017-07-17 (月) 14:11:07
  • 図鑑一番右、横光利一からの手紙です

    川端康成様へ
     この間も「川端との意思疎通論」を
    書いてくれと言われてしまった


    とはいえ、手前もこの冗談にそろそろ
    乗じるべきかもしれない、協力しては
    くれないか



    横光利一
    』 -- 2017-07-17 (月) 14:13:49
  • 手紙 
    川端 康成様

    アンタのことだ、借りたことすら忘れているだろうがな、昔とは違うんだ
    借りたものはちゃんと返してくれ
    ……駄目ですか、は通じないぞ
    金遣いの荒さは鳴りを潜めたようだが所有権についての感覚のずさんさは、未だ直っていないようだな
    菊池寛
    -- 2017-07-17 (月) 14:14:00
  • 手紙ですが、図鑑で右から何通目か書いていただけると大変助かります。 -- 2017-07-17 (月) 14:20:13
  • 手紙 菊池寛:右から三番目です。大変申し訳ありません。 -- 2017-07-17 (月) 14:25:49
  • 文豪の途「不思議ですね……この本は」 -- 2017-07-17 (月) 14:29:19
  • 文豪の途(能力解放時)「何か変わりましたか?」 -- 2017-07-17 (月) 14:30:54
  • 司書室四「動きやすければ、それ以上のことは……」 -- 2017-07-17 (月) 14:35:58
  • 図鑑右から4番目、徳田秋声からの手紙です

    川端康成様へ
     嬉しい手紙をありがとうございます
    川端さんにそんな風に褒められていた
    というのに、僕の方ではすっかり記憶
    から抜け落ちていたこと、申し訳なさ
    で一杯です
    すみませんが、こちらも面と向かって
    褒められることには慣れていないので
    手紙での返事とさせてください

    徳田秋声
    』 -- 2017-07-17 (月) 14:42:48
  • アイテム入手 「案外見つかるものですね」 -- 2017-07-17 (月) 14:59:09
  • 手紙 (高村光太郎)図鑑右から二番目です。
       
    川端 康成様

    ご所望の彫刻をお届けします
    川端さんの名に聞く審美眼に敵うかは分かりませんが、お納めください
    川端さんのような芸術家の味方はそうそういません、ここで会ったのも何かの縁ですから、今後共よろしくお願いします

    高村光太郎
    -- 2017-07-17 (月) 15:09:17
  • 図鑑右から3番目、菊池寛からの手紙
    アンタのことだ、借りたことすら忘れ
    ているだろうがな、昔とは違うんだ
    借りたものはちゃんと返してくれ
    ……駄目ですか、は通じないぞ
    金遣いの荒さは鳴りを潜めたようだが
    所有権についての感覚のずさんさは、
    未だ直っていないようだな


    菊池寛
    』 -- 2017-07-17 (月) 15:13:21
  • 耗弱時補修「呪いによって、うつつない有様です
    ちょっと自信ないので、補完お願いしたいです。 -- 2017-07-17 (月) 17:40:52
  • 絶筆「死が、私を連れに来ましたか…」 ※一覧反映済み -- 2017-07-17 (月) 23:02:02
  • 絶筆「死が……私を連れに来ましたか……」 -- 2017-07-17 (月) 23:12:43
  • 耗弱双筆、自分には「消えなさい」と聞こえたんですが…… -- 2017-07-22 (土) 10:55:37 New
    • 私もそう思います。修正しておきました -- 2017-07-22 (土) 17:50:15 New!
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします

雑談用 Edit

こちらは情報提供以外の雑談用です。
セリフ、ステータス、使用感等の情報提供は上のコメント欄へお願いします。
こちらの板は雑談板のルールを適用しております。投稿する前に、雑談板のルールをご確認ください。

+ コメント欄は折りたたんでおります

+ 雑談過去ログ一覧

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-22 (土) 17:48:51