このエントリーをはてなブックマークに追加



基本情報 Edit

No.002名前レアリティ武器派閥
太宰治太宰治
(だざいおさむ)
無頼派
ステータス(初期値/最大値)
精神攻撃防御回避
不安定142/502145/50511/39
技術天才主題真実
48/16850/17044/16449/16950/170
代表作文学傾向
走れメロス、人間失格、斜陽純文学
趣味嗜好
芥川龍之介との会話
人物紹介
「ふっふっふ、実は俺のファンなんでしょ」

明るいムードメーカーだが、本心はナルシストのかまってちゃん。
よく上から目線で批評するが、媚びるときはとことん媚びることができる変わり身の速さ。
往生際が悪く、都合が悪いことを指摘されても絶対に認めない。
見えない部分もオシャレを意識し、上着で綺麗な柄が隠れていても本人は満足している。
+ 全身画像 ※ネタバレ注意

回想 Edit

回想数[9/9] 17/5/24メンテナンス時点

+ クリックで回想一覧が開きます

手紙 Edit

17/08/17メンテナンス時点

+ クリックで手紙一覧が開きます ※ネタバレ注意

ボイス (CV:中村悠一) Edit

+ クリックでセリフ一覧が開きます

ゲームにおいて Edit

ゲームにおいての役割、使い勝手などの評価をレビューする項目です

元ネタ Edit

1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日 青森県出身

  • 「無頼派」を代表する作家。太宰治は筆名、本名は津島修治。
    • 教科書でお馴染みの「走れメロス」を始め、今なお多くの人に愛読される多数の作品を世に出した。
    • 波乱に満ちた私生活とも相まって退廃的な作品に焦点を当てられがちだが、「お伽草子」や「畜犬談」などユーモア溢れる著作も多い。
  • 1回と2回の芥川賞候補となるが、落選。3回目は「過去に候補作となった作家は選考対象外」という規定が設けられたために候補にすらなれなかった。
    • 特に1回目の選考委員であった川端康成には私生活を「厭な雲あり」と評され、文芸雑誌上で「小鳥を飼い、舞踏を見るのがそんなに立派な生活なのか」と反撃する一幕もあった。
      とはいえ、川端は後年太宰の書いた「女生徒」を激賞しているので、そこまで険悪な関係ではなかったと思われる(川端の評価により太宰への原稿依頼が激増している)
    • 芥川賞を渇望したのは賞金を借金返済にあてるため、また芥川龍之介への敬愛のためといわれている。
      著書を学生時代から愛読しており、同じポーズで写真を撮る、芥川の名を書き連ねたノートが近年発見されるなど傾倒ぶりが窺える。自殺を知った際は衝撃を受け、下宿にしばらく閉じこもっていたという。
  • 太宰の「自殺」について
    + クリックで開きます
  • 太宰が佐藤に宛てた手紙について
    + クリックで開きます
  • 台詞の元ネタについて
    + ネタバレ注意
  • 織田作之助、坂口安吾との双筆神髄について
    + ネタバレ注意
  • 回想の元ネタ・相手との関係について
    + ネタバレ注意
  • 手紙の元ネタ・相手との関係について
    + ネタバレ注意

コメントフォーム Edit

情報提供用 Edit

こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。
セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。
潜書結果については、こちらのページでは情報を募集していません。
特定文豪のみの単一報告なら入手報告板を、文豪全員の継続した潜書結果報告なら有魂書へどうぞ。
それ以外のコメントは、下の雑談用へ。


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 食堂、水曜夜スペシャルにて森鴎外との会話発生。敬語なのが相手を選んで媚びるキャラらしくていいね。 -- 2016-12-14 (水) 21:43:30
  • 双筆神髄、耗弱・喪失時のセリフが変化していたので追加をお願いします。
    どーぞー、やっちゃってくださー」い。 -- 2016-12-23 (金) 06:41:55
  • お正月台詞「明けましておめでとう!今年も俺の活躍を期待してくれよな!」です -- 2017-01-01 (日) 00:30:01
  • 中高生時代の落書きが見つかった上に一般公開されたことについてはどう思っているんだろうか・・・ -- 2017-01-03 (火) 20:28:51
    • 見に行かせたらきっとその場で一気に喪失まで行くと思う。 -- 2017-01-03 (火) 22:08:48
      • うっかりロストしたら困るから賢者の石持たせて連れて行こ -- 2017-01-04 (水) 12:12:23
      • やめたげてよお!
        でも「津島君は実に美男なり」って書いたのを線で消してあるところだけは見せておきたい(無慈悲) -- 木 2017-01-04 (水) 18:40:16
      • やめてさしあげろw -- 2017-11-14 (火) 09:58:46
  • オダサクからの手紙で「頑張りすぎて自殺しようとする癖」ってあるけど、これ凄まじすぎる癖だよなあ -- 2017-01-05 (木) 17:00:39
    • 多分一度これって決めたことに対して弱音とか吐かなくなるんだろうな。戻しそうになるのを無理に口抑えてるレベル、そんで身体が壊れるほどって気が…… -- 2017-01-06 (金) 03:17:27
  • 太宰君と関係の深い文豪…坂口安吾かな。チラ見せ部分は織田作となんとなく似てるし -- 2017-02-03 (金) 16:59:28
  • 5時間太宰キター!!と歓喜する。→芥川が出る。×3  やめて!私のHPはもうゼロよ!! -- 2017-02-03 (金) 23:55:05
    • それな -- 2017-07-23 (日) 11:56:51
  • 耗弱絵で自分に刃を向けてるっていうのを見かけてヒエッてなった… -- 2017-02-09 (木) 03:40:52
  • 上着で綺麗な柄が隠れても満足している。の供述、『おしゃれ童子』という作品にそんなような描写があったような気がします。今手元にないので確認できませんが一応報告しておきますので参考までに。 -- 2017-02-25 (土) 23:19:07
  • 春限定追加ボイス「春!やっぱ花見だな!」間違っていたら訂正お願いします -- 2017-03-01 (水) 00:38:33
    • そのまま追記させていただきました -- 2017-03-01 (水) 01:52:22
  • 坂口安吾から手紙が来ました。
    太宰治様

     まさか太宰失踪事件の再来にお目にかかれるとは思ってなかったよ
    俺は今回はどうせ大して遠くには行けないとは思っていた、司書は頭を抱えていたがな
    やれやれ、「心の底から生きる」ほどアンタが堕落できるのはいつの日になるかな

    坂口安吾
    」 -- 2017-03-01 (水) 19:03:05
  • 太宰くん来てくれー‼芥川先生も泉先生も5回ずつ来てて、そろそろ来てもいいのでは⁉ -- 2017-03-26 (日) 08:27:43
    • つ難民板 ただし難民板では「太宰こない」だけにしようね? -- 2017-03-26 (日) 10:56:00
    • 芥川先生も泉先生も(もちろん太宰先生も)全然来ないのに...羨ましいです -- 2017-04-02 (日) 16:19:53
  • 江戸川乱歩先生400{札無し}で来ました。 -- 龍之介先生難民 2017-04-24 (月) 08:15:14
    • こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。それ以外のコメントは下の雑談用へ。 -- 2017-04-24 (月) 08:55:57
  • 井伏鱒二との回想の元ネタは「『井伏鱒二選集』後書」かと思います。

    スレ違いだったら申し訳ないです…。 -- 2017-06-09 (金) 13:43:27
    • 情報ありがとうございます。選書の中でもどの部分か(タイトル等)、また原文はどのような文章か教えていただければ… -- 2017-06-09 (金) 13:58:47
      • タイトルが「『井伏鱒二選集』後書 」になります。その内の「第一巻」に該当部分が含まれています。新潮社より出版されてる「もの思う葦」に収録されています。全集にもあるかと。
        原文は「(前略)殊にその作家同士が、ほとんど親戚同士みたいな近い交際をしている場合、甚だ微妙な、それこそ飛石伝いにひょいひょい飛んで、庭のやわらかな苔を踏まないように気をつけるみたいな心遣いが必要なもので、正面切った井伏鱒二論は、私は永遠にしないつもりなのだ。出来ないのではなくて、しないのである。
        原文がほぼそのまま台詞に転用されていますね。 -- 2017-06-10 (土) 00:47:25
      • 掲載いたしました。太宰が編集に携わった選書の後書き部分だったのですね。失礼いたしました。 -- 2017-06-10 (土) 04:16:50
  • 太宰治 誕生日回想
    おっ、俺という存在の記念すべき日を盛大に祝ってくれるって?
    なかなかいい趣向じゃん!
    』 -- 2017-06-19 (月) 12:11:44
  • 太宰治の墓は太宰本人の希望で森鴎外の墓のお向かいに建っています。献立の回想でこの二人がチョイスされたのは、二人とも味覚がアレというのもあるでしょうが、このことからきているのかもしれません。 -- 2017-08-04 (金) 14:37:20
    • 正しくは斜め向かいです。
      「この寺の裏には、森鴎外の墓がある。どういうわけで、鴎外の墓がこんな東京府下の三鷹町にあるのか、私にはわからない。けれども、ここの墓所は清潔で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小綺麗な墓地の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかも知れないと、ひそかに甘い空想をした日も無いではなかったが、今はもう、気持ちが畏縮してしまって、そんな空想など雲散霧消した」(『花吹雪』より) -- 2017-08-04 (金) 19:24:46
  • 8/17追加手紙

    川端康成より

    太宰治様へ

     丁寧なお手紙ありがとうございます
    相変わらずなのはその生活だけではないようですね
    念のために記しておきますが、私は貴方の作についてはきちんと認めていますよ、その点だけは、誤解のないようにお願いしたいものです
    刺されるのはごめんですから

    川端康成
    -- 2017-08-18 (金) 22:36:20
  • 太宰ダブりの文章です
    記事作りにお役立てください
    「俺は太宰治。皆おなじみ、天才小説家だ」 -- 暇人 2017-10-06 (金) 21:05:45
  • 既にでてましたね すみません -- 暇人 2017-10-06 (金) 21:08:20
  • 一周年記念ボイスです
    「いっちねーん、まだまだスタートラインだな」 -- 2017-11-01 (水) 06:26:23
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします

雑談用 Edit

こちらは情報提供以外の雑談用です。
セリフ、ステータス、使用感等の情報提供は上のコメント欄へお願いします。
こちらの板は雑談板のルールを適用しております。投稿する前に、雑談板のルールをご確認ください。

+ コメント欄は折りたたんでおります

+ 雑談過去ログ一覧

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-10 (金) 09:33:53