このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

No.10名前レアリティ武器派閥
島崎藤村1-1.jpg島崎藤村
(しまざきとうそん)
なし
ステータス(初期値/最大値)
精神攻撃防御回避
普通124/451102/35996/336
技術天才主題真実
47/16747/16740/16043/16349/169
代表作文学傾向
破戒、新生、夜明け前純文学
趣味嗜好
取材(インタビュー)
人物紹介
「ねぇねぇ…死ぬってどんな気分?ねぇちょっと…」

数奇な過去を持つためか死んだ魚の様な目をしている。
自分の陰鬱な性格は自覚しているらしく、良くしてくれる人には忠義を尽くす。
何事においても突き詰めなければ気が済まないオタク気質でその鬼気迫る勢いには周りが引いてしまう程。
その性格が災いし侵蝕者にまで取材を試みようとしているようだ。
+  全身画像

回想 Edit

回想数[7/7] 17/3/8メンテナンス時点

+  クリックで回想一覧が開きます

手紙 Edit

17/02/28メンテナンス時点

+  クリックで手紙一覧が開きます ※ネタバレ注意

ボイス (CV:立花慎之介) Edit

+  クリックでセリフ一覧が開きます

ゲームにおいて Edit

  • 初期実装文豪のうち、銀背景の弓の一人。
  • 弓の中では総合的なステータスは高めで、攻撃力こそ永井荷風には一歩及ばないが、弓特有の回避の高さと弓の中ではトップクラスの防御力を両立。
    精神も「普通」と、その危うげな性格とは裏腹に安定感がある。
    対ボスでも雑魚戦でも頼れるため、弓で誰を育てるか迷った際には育てておいて損はない。

元ネタ Edit

明治5年、現在の岐阜県中津川市生まれ

  • 明治30年に詩集『若菜集』を出版し、叙情詩人として出発する
  • 日本最初の自然主義文学作品と言われる『破戒』は明治39年に出版
    • 『破戒』執筆にあたり、藤村は教員を退職して上京。完成までの2年間に3人の子を亡くし、妻は栄養失調から夜盲症になっている
    • 翌年にあたる明治40年には、藤村と並んで自然主義文学の代表作家とされる田山花袋が『蒲団』を出版する
  • 台詞の元ネタについて
    +  ネタバレ注意
  • 耗弱・喪失時の台詞について
    +  ネタバレ注意

コメントフォーム Edit

情報提供用 Edit

こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。
セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。
それ以外のコメントは、下の雑談用へ。

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 耗弱時図書館ボイスにてミスがあったので修正しました。「これ以上病んじゃったら僕、どうなっちゃうんだろう」→「これ以上病んじゃったら僕、どうなるんだろう」 -- 2016-12-02 (金) 01:28:59
  • ゲームにおいての「入手面では、有碍書「に」の最終ステージで登場と、ドロップ狙いだと登場が遅れがち。」というのは誤りではないでしょうか?蒲団で比較的楽に探せる方だと思うのですが… -- 2016-12-09 (金) 20:21:33
    • ドロップ情報が出揃う前に書かれた雑感だったのでしょう。該当箇所をコメントアウトしておきました -- 2016-12-10 (土) 19:31:27
  • 歯車にて島崎藤村と芥川龍之介の回想を確認しました -- 2016-12-13 (火) 21:30:04
    • 情報を反映しました。回想内容などは「へ」の段コメント欄に寄せて頂ければ幸いです -- 2016-12-13 (火) 21:40:47
  • 耗弱時の補修台詞「置き手紙の内容を考えていたんだ」 -- 2016-12-14 (水) 10:07:29
  • 冬のボイスの元ネタは「若菜集」の「草枕」の一節からと思われます。 -- 2016-12-14 (水) 16:08:49
  • 耗弱時の「僕の血に刻み込まれた憂鬱」という台詞は「島崎藤村は自作でさまざまに、「親譲りの憂鬱」を深刻に表現した。これは、
    父親と長姉が、狂死した。
    すぐ上の友弥という兄が、母親の過ちによって生を受けた不幸の人間だった。
    後に姪の島崎こま子と不倫事件を起こしたが、こま子の父である次兄広助の計らいによって隠蔽された。兄の口から、実は父親も妹と関係があったことを明かされた
    等の事情による。
    」(wiki参照)が元ネタかな、と思います。URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E5%B4%8E%E8%97%A4%E6%9D%91 -- 2016-12-15 (木) 22:52:42
  • レベル50 開花20のステータスですお納めください
    攻撃451 防御359 回避336 
    技術167 天才167 美160 主題163 真実169 -- 2016-12-29 (木) 00:40:14
    • 反映しました。情報ありがとうございます -- 2016-12-29 (木) 11:05:08
  • 正月ボイス「皆どうして、お正月を嬉しそうに祝うんだろう……?」 -- 2017-01-01 (日) 00:21:46
  • No.が78になっていたので修正しました -- 2017-01-05 (木) 11:20:27
  • 司書室台詞ちょっと違ったので修正しました。 -- 2017-01-08 (日) 01:30:03
  • 補修時の台詞が「逃げなかっただけでも褒めてくるよ」に聞こえるのですが、これは私だけなのでしょうか・・・ -- 2017-01-10 (火) 01:38:30
  • 僕の血に刻み込まれた憂鬱とは言うものの精神は普通・・・。 -- 2017-01-10 (火) 03:38:47
  • このページ見ながらログインしたら藤村のボイスで何の運命かと -- 2017-02-07 (火) 16:59:23
  • 2/28メンテ後追加手紙
    島崎藤村さまへ織田作之助より
    藤村先生、この間、夜中に図書館でいきなり話しかけられて幽霊かと思ったら先生だった話、司書さんに大ウケでしたよ
    あの時は正直飛び上がるほどびっくりしたものですが、これからも図書館の幽霊として語り継いでいく所存ですのでよろしくお願いします

    織田作之助
    -- 2017-02-28 (火) 19:49:58
  • 春限定追加ボイス耳コピです「人の命を春の夜の 夢というこそ 嬉しけれ
    元ネタ等不明なので確定とは言い切れないですが、こう聞こえました -- 2017-03-01 (水) 00:44:45
    • 元ネタは「若菜集」かと思います -- 2017-03-01 (水) 01:36:53
      • さらに元ネタを探ってみると『別離』からだとおもわれます。耳コピだと木さまと同じように聞こえました。ただ藤村詩抄の若菜集の綴りでは『人の命を春の夜の 夢といふこそうれしけれ』 -- 2017-03-01 (水) 07:32:00
  • 島崎藤村 誕生日回想
    僕の誕生日祝い?えっと……どうして祝ってくれるんだい?
    ううん……とにかくありがとう……嬉しいよ……
    』 -- 2017-03-25 (土) 00:01:28
  • 質問なのですが、島崎さんが持ってる本って何のタイトルなんでしょうか……。他の文豪はわりと分かりやすいのですが。既出だったらすみません! -- 2017-03-29 (水) 19:24:27
  • 島崎藤村制服
    多分大丈夫だと思うのですが失敗していたらすみません -- 2017-04-01 (土) 02:26:07
  • ログインボイスですが、こちらのページでは「そろそろ取材を始めようか。」となっておりますが、「そろそろ取材を始めようかな」と聞こえました。 -- 2017-04-14 (金) 10:11:01
  • 衰弱時に早筆真髄を起こした時「真実を見たいんだ」と言っていました。 -- 北の海 2017-04-30 (日) 07:32:12
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします

雑談用 Edit

こちらは情報提供以外の雑談用です。
セリフ、ステータス、使用感等の情報提供は上のコメント欄へお願いします。
こちらの板は雑談板のルールを適用しております。投稿する前に、雑談板のルールをご確認ください。

+  コメント欄は折りたたんでおります

+  雑談過去ログ一覧

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-15 (月) 16:42:41