このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪ゆかりの地 Edit

ゲームに登場する文豪たちの記念館や碑文、作品の舞台となった地など縁のある場所を載せています。

※記念館、博物館等の展示物は展示品入れ替えなどのために変わる可能性があります。また、このページの情報は最新ではない可能性がありますので、必ずご自身で事前にご確認ください。
※施設公式サイトがある場合、リンク禁止でない限りはトップページのURLを記載して頂けると助かります。(都道府県庁・市町村役場の紹介ページのみの場合は、そのページのURLで大丈夫です)
※GoogleMapのURL、新築・改装・復旧工事が完了した施設などの情報も随時募集中です。
※終了済みイベントを発見しましたら文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページに情報を移して頂ければ幸いです。

期間限定 Edit

北海道地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

東北地方 Edit

  • 童話村の森ライトアップ2017
    宮沢賢治童話村の自然と偏光フィルターを用いたオブジェ、ミラーボール等による自然と現実が入り交じる幻想的な宮沢賢治の童話世界を創出します。(花巻市ホームページより)
    開催日時:平成29年7月14日(金曜日)から10月8日(日曜日)までの毎週金曜日から日曜日
           午後6時(日没時間により変動)から午後9時まで
           注) 荒天等により中止する場合があります。中止の場合は、花巻市ホームページにてお知らせします。
    会  場:宮沢賢治童話村(芝生広場、妖精の小径、山野草園)
    入場料無料
    • ライトアップに併せて屋台村(軽食・飲み物等)の開催を予定しています。
    • また、童話村内の「賢治の学校」の開館時間を午後7時まで延長します(童話村内の「賢治の学校」は別途入館料が必要になります)
  • イーハトーブフェスティバル2017
    第一線で活躍するクリエイターやアーティストによる講演、ライブ、朗読、映像上映等により、賢治のもつ多面的な魅力を紹介します(ステージイベント)。
    注) 出演者、ステージ内容については、詳細確定後にお知らせします。(花巻市ホームページより)
    開催日:平成29年8月26日(土曜日)から8月27日(日曜日)
    時 間:午後4時から午後9時まで  注) 雨天決行・荒天中止
    会 場:宮沢賢治童話村特設ステージ(観客席には大型テント設置)
    入場料無料(童話村内の「賢治の学校」に入館される場合には、別途入館料が必要となります)
    • 花巻駅、新花巻駅、臨時駐車場(花巻市交流会館)と会場を連絡する無料シャトルバスを運行します。
  • 仙台文学館ゼミナール2017
    深い言葉の世界を追究し、知的刺激と発見をめざす「仙台文学館ゼミナール」。
    日々の暮らしのなかで文学や言葉に関心を持つ方々にむけて、成熟した読書と表現を究めるカリキュラムをお届けします。
    (会場はすべて仙台文学館2F講習室)
    ■■近代文学を読み解くコース■■
    太宰治『斜陽』を読む□
    ―「人間は恋と革命のために生れて来たのだ」― 戦後すぐのベストセラーとなった『斜陽』は太宰の代表作の一つです。
    本講座では、『斜陽』で描き出された「恋と革命」や女性像について、太田静子の日記(『斜陽日記』)との比較や聖書との関わりなどいくつかの視点をたてて検討し、作品の魅力に迫ります。
    日程:9/10・10/29・11/12・11/26・12/10(各日曜日・全5回)
    時間:10:30〜12:00
    講師:高橋秀太郎(東北工業大学准教授)
    定員:80人
    受講料:1回500円
    締切:8/10(木)必着
    テキスト:『斜陽 他一篇』(岩波文庫)
    □正岡子規の「写生文」を読みなおす□
    第一高等中学校の同級生であった夏目漱石正岡子規
    漱石は子規を自らの俳句の宗匠として、句作を手紙とともに子規に送り、子規は漱石の俳句を添削批評し、自らが発行する『ホトトギス』に掲載しました。
    作者と読者の立場を相互に往還する、二人のこうした文学的友情が、近代日本語の表現にどのように影響したかを、現在残された書簡や作品を通して読み解きます。
    講師:小森陽一(東京大学大学院教授)
    日程:9/17・10/1・11/12・11/26・12/17(各日曜日・全5回)
    時間:13:30〜15:00
    定員:80人
    受講料:1回500円
    締切:8/17(木)必着
    テキスト:『子規と漱石 友情が育んだ写実の近代』(集英社新書)※その他必要に応じて資料を配布します。
    ◇◇お申込みについて◇◇
    ■往復はがきに、住所・氏名・電話番号・ファックス番号、希望する講座を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。複数の講座にご参加の希望の方は、それぞれにお申込みください。
    ■締切りは各講座それぞれとなっておりますので、ご注意ください。
    ■カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に各講座とも毎回ご参加ください。
    ■申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は締切り後も受付けますので、お問い合わせください。
    ■返信は、締切後にお送りします(先着順ではありません。)
    ※いただいた個人情報はゼミナールに関するご連絡以外には使用しません。
  • あきた文学資料館
    〒010-0001 秋田県秋田市中通6丁目6-10
    特別展示 明治150年 夏目漱石と秋田
    • 漱石は秋田県ゆかりの人物たちともかかわりが深い小説家です。そこで、県内に存在する漱石の直筆、作品や事跡から、本県ゆかりの人物との関係を掘り起し紹介します。
      期間 平成29年5月16日(火)〜平成29年9月10日(日)(7月16日一部展示替え)
      ※期間中の休館日は、毎週月曜日及び8月15・16日です。 
      時間 午前10時〜午後4時 入場料無料
  • 「女川・光太郎祭り」(女川・光太郎の会主催)
    毎年8月9日
    会場:女川フューチャーセンター・カマス
    〒986-2261 宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原75
    • 昭和6年(1931年)に『時事新報』の依頼で三陸沿岸一帯の紀行文「三陸廻り」を執筆する為に高村光太郎が東京を発った日を記念して永く光太郎の精神を受け継ごうと始まったイベント。主に、作品の朗読会や講演などが行われる。
      光太郎は同年8月に三陸地方を巡り、その際に女川の事を書いた紀行文や詩を残しており、91年にそれらの紀行文や詩の文学碑が女川港近くに建ち、翌92年から女川・光太郎祭りが開催されている。

関東地方 Edit

  • 鎌倉文学館
    〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3(Googleマップ
    「漱石からの手紙 漱石への手紙」
    開催期間:4月22日〜7月9日
    「吾輩は猫である」「こころ」などを書いた明治の文豪 夏目漱石は、手紙の名手としても知られ、手紙を書くのももらうのも好きだと、弟子宛ての手紙に綴るほどでした。
    現存する手紙で一番古いものは18歳の漱石が友人へ宛てた英文の手紙の下書きで、生涯に出した手紙は全集に収録されているだけで2500通を超えます。
    中でも友人や家族、弟子に宛てた手紙からは漱石の内面を窺い知ることができます。
    生誕150年を迎える今年、「こころ」の舞台となった鎌倉で、漱石が出した手紙と漱石が受け取った手紙を軸にその後半生をたどり、人間 漱石の魅力をつたえる特別展を開催します。
    ● 入館料 一般400(280)円 小中学生200(140)円
    ● 開館時間 9:00〜17:00 ※入館は16:30まで
    ● 休館日 月曜日(1月9日、3月20日は開館)
    ※年末年始(12月29日〜1月3日)
    ● 企画協力 中島 国彦(早稲田大学名誉教授) 
    長島 裕子(早稲田大学文学学術院非常勤講師)
    ● 特別協力 岩波書店
    ★正岡子規×夏目漱石 生誕150年特別展開催記念スタンプラリー 夏目漱石、正岡子規の生誕150年を記念し、鎌倉文学館で「漱石からの手紙 漱石への手紙」、神奈川近代文学館で「正岡子規」展を開催します。各館で配布するスタンプラリー台紙をお持ちいただくと、二館目の入館料が割引に!さらに記念ポストカードをプレゼントします!
    問合せ 
    鎌倉文学館「漱石からの手紙 漱石への手紙」(4月22日〜7月9日):
    0467-23-3911
    神奈川近代文学館「正岡子規-病牀六尺の宇宙」(3月25日〜5月21日):
    045-622-6666
    • 同時開催
      ・ミニ特集 生誕110年 中原中也

中部地方 Edit

  • ほんぽーと新潟市立中央図書館
    〒950-0084 新潟県新潟市中央区明石2-1-10
    ★北原白秋とにいがた展★
    【展示期間 平成29年3月2日(木曜)〜6月27日(火曜)】
    • 北原白秋の新潟来港から95年。
      童謡「砂山」は大正11年の新潟での講演が縁となり作詞されました。
      そして3代目萬代橋開通を記念して作られた「新潟小唄」、その歌詞の一部抄と題された自筆原稿「流氷」を中心に、新潟とのかかわりのある資料を紹介しています。
      ※自筆原稿展示期間:3月2日(木曜)〜3月9日(木曜)
       (以降は複製を展示) 
      開館時間:月曜〜土曜 午前10時〜午後8時
           日曜・祝日 午前10時〜午後5時
      休館日:第1水曜・第2金曜(5/3は開館)
      入館料は無料ですが駐車場代は有料です。
      30分まで無料、その後30分ごとに100円。

近畿地方 Edit

  • 大阪府立中之島図書館
    • 特別展「没後70年記念 甦る織田作之助〜大阪を駆け抜けた夭折の天才〜」
      織田作之助は、大阪で生まれ、大阪の街とそこで生きる人々を活き活きと描き、人気を博した、大阪を代表する作家です。
      戦中戦後の時代を全力で駆け抜けるように、33歳という若さで亡くなるまでの間多くの作品を遺し、今なお“オダサク”の愛称で多くの人々に愛され続けています。
      中之島図書館には、以前より織田作之助の旧蔵資料など約1,500点をまとめた「織田文庫」がありますが、奇しくも没後70年にあたる本年、作之助の姪で養女でもある織田禎子さんより、新たに関係資料約650点をご寄贈いただきました。
      本展示では、今回ご寄贈いただいた資料を中心に、「織田文庫」収蔵の図書、雑誌、草稿や書簡等もあわせて展示いたします。
      開催期間:平成29年6月9日(金曜日)〜平成29年6月30日(金曜日) 9時から17時まで
      休館日:日曜日 入場無料
      場所:大阪府立中之島図書館 3階 展示室
  • 芦屋ルナ・ホール
    〒659-0068 兵庫県芦屋市業平町8-24
    • 【第31回残月祭】 羽田圭介講演会「谷崎がとっくにやってしまっている」
      谷崎潤一郎の生誕を記念して毎年7月24日に開く「残月祭」。
      今年は2015年に芥川賞を受け、同時受賞した又吉直樹さんと並んで一躍注目の存在となった作家の羽田圭介さんを講師に迎えます。
      「メタモルフォシス」(2014年刊)などの作品で谷崎を思わせる濃密な世界に迫った羽田さんが、自身の作家としての歩みと谷崎文学のかかわりを率直に語ります。
       ■日 時 2017年7月24日(月)14:00〜15:30(13時開場)
       ■場 所 芦屋ルナ・ホール
       ■定 員 600人
       ■入場料 3,500円(前売券3,000円) 前売り券情報はこちら

中国地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

四国地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

九州地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

沖縄地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

毎年開催 Edit

+ クリックで開きます

・終了した期間限定イベント情報は文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページに集約しました。

北海道地方 Edit

北海道

+ 文学館・記念館・博物館
+ お墓
+ 碑文
+ その他

東北地方 Edit

青森県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

岩手県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

宮城県

+ 碑文
+ 文学館・記念館・博物館
+ その他

秋田県

+ 碑文
+ その他

山形県
福島県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

関東地方 Edit

茨城県

+ 碑文

栃木県

+ 碑文

群馬県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

埼玉県

+ その他

千葉県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

東京都

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓
+ 旧邸宅跡など
+ その他

神奈川県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓
+ 旧邸宅跡など
+ その他

中部地方 Edit

新潟県

+ 文学館・記念館・博物館

富山県

石川県

+ 文学館・記念館・博物館

福井県

+ 旧邸宅跡など

山梨県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

長野県

+ 文学館・記念館・博物館

岐阜県

+ 文学館・記念館・博物館
+ お墓

静岡県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

愛知県

+ 文学館・記念館・博物館

近畿地方 Edit

兵庫県

+ その他

三重県

+ 文学館・記念館・博物館
+ その他

滋賀県

京都府

+ 碑文

大阪府

+ 文学館・記念館・博物館
+ その他

兵庫県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

奈良県

+ 旧邸宅跡など

和歌山県

+ 文学館・記念館・博物館

中国地方 Edit

鳥取県

島根県

+ 文学館・記念館・博物館
+ お墓
+ 旧邸宅跡など

岡山県

広島県

+ 旧邸宅跡など

山口県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

四国地方 Edit

徳島県

香川県

+ 文学館・記念館・博物館

愛媛県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

高知県

九州地方 Edit

福岡県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

佐賀県

長崎県

熊本県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

大分県

+ その他

宮崎県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

鹿児島県

沖縄地方 Edit

沖縄県

+ 碑文

過去ログ Edit

+ クリックで過去ログ一覧を開く

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


  • シオーモの小径石碑群
    〒985-0002 宮城県塩竈市海岸通 みなと広場(イオンタウン塩釜すぐそば)
    シオーモの小径には塩釜を訪れた文豪の碑文が建立されている。

    ・若山牧水歌碑
    大正五年三月に東北の旅の途中で仙台から塩釜に汽車で訪れ、鹽竈神社に参拝し松島へ向かった事から歌碑が建立された。
    『朝の歌』より「塩釜より松島湾へ出づ 鹽釜の入江の氷はりはりと 裂きて出づれば松島の見ゆ」が彫られている。

    ・北原白秋歌碑
    昭和十五年六月に松島から船で塩竈を訪れ、鹽竈神社に参詣、勝画楼で昼食に蝦蛄と蟹を食べた事から歌碑が建立された。
    『海坂』より「みちのくの千賀の塩釜雨ながら 網かけ竝めぬほばしらのとも」が彫られている。

    ・正岡子規歌碑
    明治二十六年七月、汽車で塩竈を訪れて鹽竈神社に詣でた後、当時の海老屋旅館で昼食を摂り、船で松島へ向かった事から歌碑が建立された。
    紀行文「はて知らずの記」より「籬嶋 涼しさのこゝを扇のかなめかな」が彫られている。

    ・田山花袋碑
    大正三年三月、大正六年十二月などに幾度か塩竈を訪れている事から碑が建立された。
    碑文は紀行文『山水小記』より塩釜に言及した部分が抜粋されている。 -- 2017-06-11 (日) 18:30:52
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-11 (日) 19:11:59
  • ・夏目漱石文学碑
    〒982-0263 青葉区茂庭字綱木裏山4(大梅寺境内)
    大梅寺の名が登場する「草枕」の中の一節「泰安さんはその後発憤して陸前の大梅寺へ行って修行三昧ぢや。今に智識になられやう。結構なことよ」が刻まれている。 -- 2017-06-13 (火) 02:26:17
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-13 (火) 02:29:17
  • 焼津小泉八雲記念館
    〒425-0071 静岡県焼津市三ケ名1550
    実装されましたので情報提供失礼します。よろしければ参考にどうぞ。 -- 2017-06-15 (木) 00:26:10
    • それから島根にも記念館があります
      小泉八雲記念館
      〒690-0872 島根県松江市奥谷町322 -- 2017-06-15 (木) 00:28:00
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-15 (木) 01:57:22
  • 「女川・光太郎祭り」(女川・光太郎の会主催)
    毎年8月9日
    会場:女川フューチャーセンター・カマス
    〒986-2261 宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原75
    昭和6年(1931年)に『時事新報』の依頼で三陸沿岸一帯の紀行文「三陸廻り」を執筆する為に高村光太郎が東京を発った日を記念して永く光太郎の精神を受け継ごうと始まったイベント。主に、作品の朗読会や講演などが行われる。
    光太郎は同年8月に三陸地方を巡り、その際に女川の事を書いた紀行文や詩を残しており、91年にそれらの紀行文や詩の文学碑が女川港近くに建ち、翌92年から女川・光太郎祭りが開催されている。 -- 2017-06-20 (火) 02:31:50
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-20 (火) 02:40:27
  • 起雲閣
    〒413-0022 静岡県熱海市昭和町4-2
    1919年(大正8年)に別荘として築かれ「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸が基となる起雲閣。1947年(昭和22年)に旅館として生まれ変わり、熱海を代表する宿として数多くの宿泊客を迎え、山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、日本を代表する文豪たちにも愛されてきました。今は熱海市の文化財として一般公開されています。(熱海市観光協会ホームページより)
    前述の文豪紹介パネルが置かれた文豪の間の他、尾崎紅葉の間、坪内逍遙の間もある。 -- 2017-06-25 (日) 14:53:09 New
  • ここまで反映しました。 -- 2017-06-26 (月) 03:23:41 New
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-26 (月) 03:43:23