このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪ゆかりの地 Edit

ゲームに登場する文豪たちの記念館や碑文、作品の舞台となった地など縁のある場所を載せています。

※記念館、博物館等の展示物は展示品入れ替えなどのために変わる可能性があります。また、このページの情報は最新ではない可能性がありますので、必ずご自身で事前にご確認ください。
※施設公式サイトがある場合、リンク禁止でない限りはトップページのURLかリンクを記載して頂けると助かります。(都道府県庁か市町村役場の紹介ページのみの場合は、そのページのURLで大丈夫です)
※GoogleMapのURLも随時募集中です。
※終了済みイベントを発見しましたら文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページに情報を移して頂ければ幸いです。

期間限定 Edit

東北地方 Edit

  • 仙台文学館ゼミナール2017
    深い言葉の世界を追究し、知的刺激と発見をめざす「仙台文学館ゼミナール」。
    日々の暮らしのなかで文学や言葉に関心を持つ方々にむけて、成熟した読書と表現を究めるカリキュラムをお届けします。
    (会場はすべて仙台文学館2F講習室)

■■近代文学を読み解くコース■■

太宰治『斜陽』を読む□
―「人間は恋と革命のために生れて来たのだ」― 戦後すぐのベストセラーとなった『斜陽』は太宰の代表作の一つです。
本講座では、『斜陽』で描き出された「恋と革命」や女性像について、太田静子の日記(『斜陽日記』)との比較や聖書との関わりなどいくつかの視点をたてて検討し、作品の魅力に迫ります。
日程:9/10・10/29・11/12・11/26・12/10(各日曜日・全5回)
時間:10:30〜12:00
講師:高橋秀太郎(東北工業大学准教授)
定員:80人
受講料:1回500円
締切:8/10(木)必着
テキスト:『斜陽 他一篇』(岩波文庫)
□正岡子規の「写生文」を読みなおす□
第一高等中学校の同級生であった夏目漱石正岡子規
漱石は子規を自らの俳句の宗匠として、句作を手紙とともに子規に送り、子規は漱石の俳句を添削批評し、自らが発行する『ホトトギス』に掲載しました。
作者と読者の立場を相互に往還する、二人のこうした文学的友情が、近代日本語の表現にどのように影響したかを、現在残された書簡や作品を通して読み解きます。
講師:小森陽一(東京大学大学院教授)
日程:9/17・10/1・11/12・11/26・12/17(各日曜日・全5回)
時間:13:30〜15:00
定員:80人
受講料:1回500円
締切:8/17(木)必着
テキスト:『子規と漱石 友情が育んだ写実の近代』(集英社新書)※その他必要に応じて資料を配布します。
◇◇お申込みについて◇◇
■往復はがきに、住所・氏名・電話番号・ファックス番号、希望する講座を記入の上、仙台文学館にお送りください。はがき1枚につき、1人、1講座の申込みとします。複数の講座にご参加の希望の方は、それぞれにお申込みください。
■締切りは各講座それぞれとなっておりますので、ご注意ください。
■カリキュラムは、全回参加して1講座が終了するように組んでありますので、基本的に各講座とも毎回ご参加ください。
■申込みが定員を超える場合は抽選となります。なお余裕のある場合は締切り後も受付けますので、お問い合わせください。
■返信は、締切後にお送りします(先着順ではありません。)
※いただいた個人情報はゼミナールに関するご連絡以外には使用しません。

  • あきた文学資料館
    〒010-0001 秋田県秋田市中通6丁目6-10
    特別展示 明治150年 夏目漱石と秋田
    • 概要
      漱石は秋田県ゆかりの人物たちともかかわりが深い小説家です。そこで、県内に存在する漱石の直筆、作品や事跡から、本県ゆかりの人物との関係を掘り起し紹介します。
      期間 平成29年5月16日(火)〜平成29年9月10日(日)(7月16日一部展示替え)
      ※期間中の休館日は、毎週月曜日及び8月15・16日です。 
      時間 午前10時〜午後4時
      入場料 無料

関東地方 Edit

  • 神奈川近代文学館
    〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町110(Googleマップ
    • 「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」 開催期間:2017/3/25(土)〜5/21(日)
      ★正岡子規×夏目漱石 生誕150年特別展開催記念スタンプラリー 夏目漱石、正岡子規の生誕150年を記念し、鎌倉文学館で「漱石からの手紙 漱石への手紙」、神奈川近代文学館で「正岡子規」展を開催します。各館で配布するスタンプラリー台紙をお持ちいただくと、二館目の入館料が割引に!さらに記念ポストカードをプレゼントします!
      問合せ 
      鎌倉文学館「漱石からの手紙 漱石への手紙」(4月22日〜7月9日):
      0467-23-3911
      神奈川近代文学館「正岡子規-病牀六尺の宇宙」(3月25日〜5月21日):
      045-622-6666
  • 鎌倉文学館
    〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3(Googleマップ
    「漱石からの手紙 漱石への手紙」
    開催期間:4月22日〜7月9日
    「吾輩は猫である」「こころ」などを書いた明治の文豪 夏目漱石は、手紙の名手としても知られ、手紙を書くのももらうのも好きだと、弟子宛ての手紙に綴るほどでした。
    現存する手紙で一番古いものは18歳の漱石が友人へ宛てた英文の手紙の下書きで、生涯に出した手紙は全集に収録されているだけで2500通を超えます。
    中でも友人や家族、弟子に宛てた手紙からは漱石の内面を窺い知ることができます。
    生誕150年を迎える今年、「こころ」の舞台となった鎌倉で、漱石が出した手紙と漱石が受け取った手紙を軸にその後半生をたどり、人間 漱石の魅力をつたえる特別展を開催します。
    ● 入館料 一般400(280)円 小中学生200(140)円
    ● 開館時間 9:00〜17:00 ※入館は16:30まで
    ● 休館日 月曜日(1月9日、3月20日は開館)
    ※年末年始(12月29日〜1月3日)
    ● 企画協力 中島 国彦(早稲田大学名誉教授) 
    長島 裕子(早稲田大学文学学術院非常勤講師)
    ● 特別協力 岩波書店
    ★正岡子規×夏目漱石 生誕150年特別展開催記念スタンプラリー 夏目漱石、正岡子規の生誕150年を記念し、鎌倉文学館で「漱石からの手紙 漱石への手紙」、神奈川近代文学館で「正岡子規」展を開催します。各館で配布するスタンプラリー台紙をお持ちいただくと、二館目の入館料が割引に!さらに記念ポストカードをプレゼントします!
    問合せ 
    鎌倉文学館「漱石からの手紙 漱石への手紙」(4月22日〜7月9日):
    0467-23-3911
    神奈川近代文学館「正岡子規-病牀六尺の宇宙」(3月25日〜5月21日):
    045-622-6666
    • 同時開催
      ・ミニ特集 生誕110年 中原中也

中部地方 Edit

  • ほんぽーと新潟市立中央図書館
    〒950-0084 新潟県新潟市中央区明石2-1-10
    • ★北原白秋とにいがた展★
      【展示期間 平成29年3月2日(木曜)〜6月27日(火曜)】
      北原白秋の新潟来港から95年。
      童謡「砂山」は大正11年の新潟での講演が縁となり作詞されました。
      そして3代目萬代橋開通を記念して作られた「新潟小唄」、その歌詞の一部抄と題された自筆原稿「流氷」を中心に、新潟とのかかわりのある資料を紹介しています。
      ※自筆原稿展示期間:3月2日(木曜)〜3月9日(木曜)
       (以降は複製を展示) 
      開館時間:月曜〜土曜 午前10時〜午後8時
           日曜・祝日 午前10時〜午後5時
      休館日:第1水曜・第2金曜(5/3は開館)
      入館料は無料ですが駐車場代は有料です。
      30分まで無料、その後30分ごとに100円。

近畿地方 Edit

  • アサヒビール大山崎山荘美術館
    〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
    • 生誕150年記念 漱石と京都−花咲く大山崎山荘
      会期:2017年3月18日(土)−2017年5月28日(日) 
      開館時間:午前10時〜午後5時 ※最終入館は午後4時30分まで
      休館日:月曜   
          5月1日(月)は開館
          ※祝日の場合は翌火曜日休館
      アクセス:JR京都線「山崎駅」、阪急京都線「大山崎駅」より徒歩10分
           駐車場なし
    • 展示概要
      2017年は文豪 夏目漱石(1867−1916)の生誕150年にあたります。
      漱石は、生涯で4度京都を訪れており、その経験をもとに『虞美人草』(1907年)を著すなど、京都は漱石にとってさまざまな思い入れのある地でした。
      1915年の4回目となる京都滞在中、漱石は関西の実業家 加賀正太郎(1888−1954)の熱心な招待に応え、大山崎に建設中であった加賀の山荘を訪ねました。
      若さあふれる20代の加賀は、大胆にも文豪の漱石に山荘の命名を依頼し、漱石は快く引き受けます。
      後日、帰京した漱石が加賀に宛てた書簡には、工事の進捗を気遣う内容や、創案した14もの呼称案を書き記しています。
      加賀に書簡を送った翌年に漱石は没し、翌々年の1917年に山荘は竣工しました(第一期工事)。
      漱石によるこの書簡は長らく所在が明らかではありませんでしたが、このたび確認され、漱石生誕150年そして大山崎山荘第一期工事竣工から100年目を迎えるこの記念すべき年に、当館で所蔵することとなりました。
      本展では、漱石が加賀に宛てた書簡を当館で初めて一般に公開するほか、漱石の日記や、ともに山荘を訪れた画家 津田青楓(1880-1978)らの作品も紹介し、漱石最後の京都滞在に迫ります。
      さらに、加賀正太郎が情熱を注ぎこの地で栽培した蘭を、後年図譜にまとめた『蘭花譜』も展示することで、大山崎山荘にまつわるさまざまな歴史を紐解きます。
      ※会期中展示替え有
  • [期間中イベント]
    「先生5度目の京都訪問が実現!! ―漱石アンドロイドが大山崎山荘へ―」
    日程:2017年4月14日(金), 15日(土), 16日(日)
       ※事前申し込み不要

(以上、サイト内特設ページより引用)

中国地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

四国地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

九州地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

沖縄地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

毎年開催 Edit

+  クリックで開きます

・終了した期間限定イベント情報は文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページに集約しました。

北海道地方 Edit

北海道

+  文学館・記念館・博物館
+  お墓
+  碑文
+  その他

東北地方 Edit

青森県

+  文学館・記念館・博物館
+  碑文

岩手県

+  文学館・記念館・博物館
+  碑文
+  旧邸宅跡など

宮城県

+  碑文
+  文学館・記念館・博物館
+  その他

秋田県

+  碑文
+  その他

山形県
福島県

+  碑文

関東地方 Edit

茨城県

+  碑文

栃木県

+  碑文

群馬県

+  文学館・記念館・博物館
+  碑文
+  旧邸宅跡など

埼玉県

+  その他

千葉県

+  文学館・記念館・博物館
+  旧邸宅跡など
+  その他

東京都

+  文学館・記念館・博物館
+  碑文
+  お墓
+  旧邸宅跡など
+  その他

神奈川県

+  文学館・記念館・博物館
+  碑文
+  お墓
+  旧邸宅跡など
+  その他

中部地方 Edit

新潟県

+  文学館・記念館・博物館

富山県

石川県

+  文学館・記念館・博物館

福井県

+  旧邸宅跡など

山梨県

+  文学館・記念館・博物館
+  旧邸宅跡など

長野県

+  文学館・記念館・博物館

岐阜県

+  文学館・記念館・博物館
+  お墓

静岡県

+  文学館・記念館・博物館
+  碑文
+  その他

愛知県

+  文学館・記念館・博物館

近畿地方 Edit

三重県

+  文学館・記念館・博物館
+  その他

滋賀県

京都府

+  碑文

大阪府

+  文学館・記念館・博物館
+  その他

兵庫県

+  文学館・記念館・博物館
+  旧邸宅跡など

奈良県

+  旧邸宅跡など

和歌山県

+  文学館・記念館・博物館

中国地方 Edit

鳥取県

島根県

+  文学館・記念館・博物館
+  お墓
+  旧邸宅跡など

岡山県

広島県

+  旧邸宅跡など

山口県

+  文学館・記念館・博物館
+  旧邸宅跡など

四国地方 Edit

徳島県

香川県

+  文学館・記念館・博物館

愛媛県

+  文学館・記念館・博物館
+  旧邸宅跡など

高知県

九州地方 Edit

福岡県

+  文学館・記念館・博物館
+  碑文

佐賀県

長崎県

熊本県

+  文学館・記念館・博物館
+  旧邸宅跡など

大分県

+  その他

宮崎県

+  文学館・記念館・博物館
+  旧邸宅跡など

鹿児島県

沖縄地方 Edit

沖縄県

+  碑文

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここまで反映しました -- 2017-05-11 (木) 02:09:15
  • 鎌倉文学館
    「漱石からの手紙 漱石への手紙」
    「吾輩は猫である」「こころ」などを書いた明治の文豪 夏目漱石は、手紙の名手としても知られ、手紙を書くのももらうのも好きだと、弟子宛ての手紙に綴るほどでした。現存する手紙で一番古いものは18歳の漱石が友人へ宛てた英文の手紙の下書きで、生涯に出した手紙は全集に収録されているだけで2500通を超えます。中でも友人や家族、弟子に宛てた手紙からは漱石の内面を窺い知ることができます。生誕150年を迎える今年、「こころ」の舞台となった鎌倉で、漱石が出した手紙と漱石が受け取った手紙を軸にその後半生をたどり、人間 漱石の魅力をつたえる特別展を開催します。


    ● 入館料 一般400(280)円 小中学生200(140)円
    ● 開館時間 9:00〜17:00 ※入館は16:30まで
    ● 休館日 月曜日(1月9日、3月20日は開館)
    ※年末年始(12月29日〜1月3日)
    ● 企画協力 中島 国彦(早稲田大学名誉教授) 
    長島 裕子(早稲田大学文学学術院非常勤講師)
    ● 特別協力 岩波書店


    ★正岡子規×夏目漱石 生誕150年特別展開催記念スタンプラリー 夏目漱石、正岡子規の生誕150年を記念し、鎌倉文学館で「漱石からの手紙 漱石への手紙」、神奈川近代文学館で「正岡子規」展を開催します。各館で配布するスタンプラリー台紙をお持ちいただくと、二館目の入館料が割引に!さらに記念ポストカードをプレゼントします!
    問合せ 
    鎌倉文学館「漱石からの手紙 漱石への手紙」(4月22日〜7月9日):
    0467-23-3911
    神奈川近代文学館「正岡子規-病牀六尺の宇宙」(3月25日〜5月21日):
    045-622-6666

    同時開催

    ・ミニ特集 生誕110年 中原中也 -- イベント情報 2017-05-11 (木) 02:22:02
  • ここまで反映しました。 -- 2017-05-11 (木) 02:58:37
  • ●清春白樺美術館
     白樺派中心の美術館です。武者小路実篤・志賀直哉・有島武郎・有島生馬・里見だけでなく、高村光太郎関係もあります。
    ・408-0036 山梨県北杜市長坂町中丸2072

    ●山梨県立文学館
     山梨出身として檀一雄等、山梨ゆかりの文豪として、太宰治・井伏鱒二・芥川龍之介等を取り上げています。四季に合わせて常設展示を替えているようなので、タイミングによっては展示されてない可能性もあります。
     また、過去に高村光太郎・石川啄木・宮沢賢治等の展示を行っているので、一部図録が売っているかもしれません。
    ・400-0065 山梨県甲府市貢川1丁目5番35号 -- 既出だったらすみません 2017-05-11 (木) 21:47:41
  • 小林多喜二文学碑
    047-0033 北海道小樽市富岡旭展望台
    アクセス:小樽駅からバスで15分。バス「小樽商大線」・「商業高校前」下車  徒歩25分
    小林多喜二は4歳のとき小樽に渡り,昭和5年まで住んだ。見開き本の形をした碑で、友人に宛た手紙の一部が碑文として刻まれている。 -- 2017-05-15 (月) 23:56:41
  • 有島記念館
    048-1531 北海道虻田郡 ニセコ町有島57番地
    TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後 4時30分まで)
    ・休 館 日:毎週月曜日及び年末年始
    ※ただし5月から9月は無休(月曜日が、祝祭日及びその振替休日の時はその翌日)
    入 館 料 :500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円 ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
    「カインの末裔」「生れ出づる悩み」「或る女」などで知られる大正期の作家・有島武郎の人と作品、武郎が所有した農場の足跡を紹介しています。 -- 2017-05-16 (火) 00:07:43
  • ここまで反映しました。 -- 2017-05-17 (水) 05:05:13
  • 開催されているのを知ったのが遅かったので目玉企画は終わっているし開催期間自体もう終わりかけなのですが一応

    アサヒビール 大山崎山荘美術館
    〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
    URL:http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

    生誕150年記念 漱石と京都−花咲く大山崎山荘
    2017年3月18日(土)−2017年5月28日(日)
    夏目氏が関西の実業家 加賀氏にあてた書簡などを展示

    午前10時〜午後5時 ※最終入館は午後4時30分まで
    月曜日休館 -- 2017-05-19 (金) 20:30:22
  • あきた文学資料館
    〒010-0001 秋田県秋田市中通6丁目6−10

    特別展示 明治150年 夏目漱石と秋田
    漱石は秋田県ゆかりの人物たちともかかわりが深い小説家です。そこで、県内に存在する漱石の直筆、作品や事跡から、本県ゆかりの人物との関係を掘り起し紹介します。

    期間 平成29年5月16日(火)〜平成29年9月10日(日)(7月16日一部展示替え)
    ※期間中の休館日は、毎週月曜日及び8月15・16日です。 
    時間 午前10時〜午後4時
    入場料 無料 -- 2017-05-21 (日) 02:16:27
  • ここまで反映しました。 -- 2017-05-21 (日) 03:23:26
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-21 (日) 03:22:56