このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪ゆかりの地 Edit

ゲームに登場する文豪たちの記念館や碑文、作品の舞台となった地など縁のある場所を載せています。

※記念館、博物館等の展示物は展示品入れ替えなどのために変わる可能性があります。また、このページの情報は最新ではない可能性がありますので、必ずご自身で事前にご確認ください。
※施設公式サイトがある場合、リンク禁止でない限りはトップページのURLを記載して頂けると助かります。(都道府県庁・市町村役場の紹介ページのみの場合は、そのページのURLで大丈夫です)
※GoogleMapのURL、新築・改装・復旧工事が完了した施設などの情報も随時募集中です。
※終了済みイベントを発見しましたら文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページに情報を移して頂ければ幸いです。



期間限定 Edit

北海道地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

東北地方 Edit

  • あきた文学資料館
    • 「明治150年 正岡子規と秋田」展
      開催期間 2017年09月29日〜2018年02月28日
      住所 秋田県秋田市中通六丁目6-10
      お問い合わせ
      担当者:あきた文学資料館
      連絡先:018-884-7760
    • 概要
      慶応3年生まれで、今年生誕150年を迎えた正岡子規は、俳句短歌の革新のために命をかけた人物です。
      その評価は依然として高く、さまざまな顕彰事業も行われていますが、子規は本県ゆかりの文学者たちともかかわりが深い人物でもあります。
      今回の展示では、明治32年1月8日の新年句会の句稿(全集未収録)をはじめ、県内に存在する子規の直筆や事跡を紹介するとともに、本県ゆかりの人物との関係を掘り起し紹介します。

関東地方 Edit

  • 市川市文学ミュージアム
    • 永井荷風展 荷風の見つめた女性たち
      平成29年11月3日(金・祝)〜平成30年2月18日(日)
    • 概要
      2017年は、荷風が日記を書き始めた年から100年目にあたります。
      文学ミュージアムでは、断腸亭日乗起筆100年を記念して、2017年11月3日(金)から「永井荷風展―荷風の見つめた女性たち―」を開催する予定です。
      文豪・永井荷風。『墨東綺譚』のお雪、『つゆのあとさきに』の君江等、作品には多くの印象的な女性達が登場します。
      荷風の実生活を振り返るうえでも女性は欠かせない存在ですが、こと作品においては、女性抜きでは語ることが出来ないでしょう。
      なぜ作品に登場する女性たちが、我々をひきつけてやまないのか。
      本展では、荷風が見つめた女性へのまなざしを『断腸亭日乗』等の資料と共に、当時の時代風俗とあわせてたどります。
      • 主な展示内容
        『断腸亭日乗』原本、直筆清本稽古本
        三味線バチ、色紙
        掛軸等(関根歌関係資料)
        阿部雪宛書簡など
        死後始末書、断腸亭印、スーツ等の遺品
        戦後発表された作品の初出雑誌など
        ※展示内容は予告なく変更になる場合がございます。
      • 観覧料
        大人:500円(400円)65歳以上:400円
        高大生:250円(200円)中学生以下:無料
        障碍者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料
        ※()内は25名以上の団体料金
      • 場所 市川市文学ミュージアム企画展示室
      • 開館日
        平日10時〜19時30分(最終入館19時)
        休日10時〜18時(最終入館17時30分)
      • 休館日
        月曜日(1月8日 2月12日は開館)11月30日 12月28日〜1月4日、9日、31日 2月13日
      • 参考 荷風の見つめた女性たち 広告チラシ
  • 小田原文学館
    • 特集展示 白秋と童謡、「赤い鳥」
      場所:小田原文学館 本館(小田原市南町2-3-4)
      入館料:一般250円、小・中学生100円(20名以上で団体割引有、障害者手帳をお持ちのかた割引有)
      開催期間:平成29年9月2日(土)〜平成30年7月下旬予定
    • 概要
      大正期に開花した日本初の児童文芸誌「赤い鳥」は、子ども向けの読物がなかった時代にあって、子どもたちの童心によりそった優れた物語や童謡を子どもたちに届けることを目指した児童文化運動でした。
      当時小田原に住んでい文学者北原白秋はこの運動に賛同し《りすりす子栗鼠》や《赤い鳥小鳥》《あわて床屋》など今日でも親しまれている童話の名作を「赤い鳥」に発表しました。
      「赤い鳥」100年を来年に控え、小田原文学館では「赤い鳥」をキーワードとして白秋の童謡をめぐる主要な作品を館蔵資料のなかから紹介します。(小田原市HPより)
  • 文京区立森鴎外記念館
    〒113-0022 東京都文京区千駄木1-23-4(Googleマップ
    • 特別展 明治文壇観測 鴎外と慶応3年生まれの文人たち
      開館5周年記念 文の京ゆかりの文化人顕彰事業
    • 概要
      慶応3(1867)年に生まれ(今年で150歳を迎えます)、のちの日本近代文学史に影響を与えた文士たちをピックアップ。
      主に鴎外と、主催雑誌『めさまし草』を中心に、夏目漱石幸田露伴尾崎紅葉、齋藤緑雨、正岡子規、三木竹二(鴎外の弟・森篤次郎)の貴重史料を公開しています。
      また近代文学史の先駆けとなった坪内逍遥、『めさまし草』廃刊と同時期に台頭する自然主義の文豪達の史料も展示中。
      文士それぞれの業績を「鴎外」という定点から観測した企画展です。
      • 期間:2017年10月8日(土)〜2018年1月8日(月・祝) 10:00〜18:00(最終入場17:30)
      • 観覧料500円(中学生以下無料、障がい者手帳ご提示の方と同伴者一名まで無料)
        常設展のスペース内に企画展のブースがあるので、500円で全部見られます。
      • ギャラリートーク
        11/22、12/6、12/20
        いずれも水曜日14時〜(30分程度)
        申込不要
      • 関連イベント
        講演会「森鴎外と正岡子規――めさまし草そのほか」
        講師:森まゆみ氏(作家、編集者)
        日時:12月9日(土)14:00〜15:30
        定員:50名
        会場:文京区立鴎外記念館2階講座室
        料金:無料(参加票と展覧会観覧券必須)
        はがきにて応募。詳細は公式HPにて
  • 鎌倉文学館
    〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1-5-3(Googleマップ
    特別展「リスペクト 好き、好き、大好き」
    開催期間:2017年10月1日(土)〜2017年12月10日(日)
    • 概要
      夫 寛を生涯わが師と仰いだ与謝野晶子、泉鏡花を先生と慕った里見、学生時代に夏目漱石に出会い薫陶を受けた芥川龍之介、芥川に憧れノートに名前を書き連ねた太宰治ら、文学者が文学者を敬愛した例は枚挙にいとまがありません。
      最近、「尊敬、敬意」という意味合いで「リスペクト」という言葉がよく使われるようになりました。
      本展では、「リスペクト」を創作に欠かせない普遍的な感情と捉え、鎌倉ゆかりの文学者10組のリスペクトの諸相を貴重な資料で紹介します。
      【10組のリスペクト】
      夏目漱石正岡子規
      ・与謝野晶子≫与謝野寛
      ・里見≫泉鏡花
      萩原朔太郎北原白秋
      芥川龍之介夏目漱石
      堀辰雄芥川龍之介
      太宰治芥川龍之介
      ・星野立子≫高浜虚子
      ・大岡昇平≫小林秀雄
      ・三島由紀夫≫川端康成
      ● 入館料 一般400(280円)、小中学生200(140)円
      ※( )内は20名以上の団体料金
      ● 開館時間 9:00〜16:30 ※入館は30分前まで
      ● 休館日 10月16日(月)、11月13日(月)、12月4日(月)

中部地方 Edit

近畿地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

中国地方 Edit

  • 中原中也記念館
    〒753-0056 山口県山口市湯田温泉1-11-21
    • 中原中也生誕110年 「コミックの中の中也」
      2017年10月4日〜2018年1月21日
      本展では、中也や中也の詩が物語に深くかかわるコミック-「文豪ストレイドッグス」「文豪失格」「眠兎〈ミント〉」「最果てにサーカス」「含羞〈はぢらひ〉-我が友 中原中也」(展示順)を取り上げ、それぞれの内容と見どころについて中也を中心に紹介します。
      同じ「中原中也」でも、作者によってアプローチが全く異なります。コミックを通じて中也の詩の魅力に触れることができる展示です。
      中原中也生誕110年として色々催しがされています。文豪ストレイドッグスとのコラボスタンプリレーもありますが、別作品なのでちょっと違うかなと思われる時は削除してもらっておkです。

四国地方 Edit

  • 坂の上の雲ミュージアム
    〒790-0001 愛媛県松山市一番町三丁目20番地
    • 第11回企画展 好古・真之・子規−明治20年代初頭
      2017年2月28日(火)〜2018年2月18日(日)
      • 概要
        明治政府は、1889(明治22)年に大日本帝国憲法を発布、翌年には帝国議会を開設しました。
        近代日本において、国際社会に対応するための立憲国家としての体制がようやく確立します。
        明治維新以降進行した文明開化の波は、地方社会にも広がりをみせ、人びとの生活も大きく変化していきました。
        このころ、秋山好古・真之、正岡子規の3人の主人公たちもそれぞれの道で転機を迎えます。
        秋山好古は、明治20年に旧藩主家の久松定謨の補佐役を命じられフランスに留学、騎兵研究に励み陸軍の発展に貢献しました。
        秋山真之は、明治23年に海軍兵学校を首席で卒業し、軍人としての道を歩みはじめます。
        正岡子規は、第一高等中学校在学中の明治22年、肺病を患い喀血したことを契機に「子規」と号し、文学の道を志すようになりました。
        今回の展示では、明治20年代初頭の好古・真之・子規の動向を取り上げながら、その後の彼らの人生を展望します。
  • MAHOROBA朗読ライブ2017「こんな夢を見た坊ちゃん」
  • 概要
    ミュージアム来館者活性化と子規・漱石が生まれて150年を記念した「朗読ライブ」企画しました。
    「文章を読む」という朗読のイメージを覆し、お芝居とパフォーマンスと音楽の要素を盛り込んだ「ライブ」という新しい形のステージを楽しんでいただきます。
    日時 平成29年12月17日(日)  18:30〜20:00(開場:18:00)
    場所 坂の上の雲ミュージアム 2階ホール
    • 出演者
      構成・演出 森一馬
      音響  城村 恭彦(ユーズシステム)
    • 出演
      森一馬、
      近藤誠二
      犬飼奈穂(フリーMC、ウォーキング講師)
      小藤由香(FMラヂオバリバリ・パーソナリティ)
    • スペシャルゲスト
      中山明音(テレビ愛媛アナウンサー)
      森川哲也(Bar楽屋)
      矢野恵子(オヤジダンサーズ 松山)
    • 定員 80名
    • 鑑賞料 1,000円(税込)
      ※満席の場合、立ち見になる場合もございます。ご了承ください
    • 申込方法
      2017年12月16日(土)までに、電話またはファクスで、氏名、電話番号、希望人数を坂の上の雲ミュージアム「朗読ライブ2017」係までお申し込み下さい。
      TEL:089-915-2600
      FAX:089-915-3600

九州地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

沖縄地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

毎年開催 Edit

+ クリックで開きます

・終了した期間限定イベント情報は文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページに集約しました。

北海道地方 Edit

北海道

+ 文学館・記念館・博物館
+ お墓
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など
+ その他

東北地方 Edit

青森県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

岩手県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

宮城県

+ 碑文
+ 文学館・記念館・博物館
+ その他

秋田県

+ 碑文
+ その他

山形県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

福島県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

関東地方 Edit

茨城県

+ 碑文

栃木県

+ 碑文

群馬県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

埼玉県

+ 文学館・記念館・博物館
+ その他

千葉県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

東京都

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓
+ 旧邸宅跡など
+ その他

神奈川県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓
+ 旧邸宅跡など
+ その他

中部地方 Edit

新潟県

+ 文学館・記念館・博物館

富山県

石川県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など
+ その他

福井県

+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

山梨県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

長野県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

岐阜県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓

静岡県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

愛知県

+ 文学館・記念館・博物館

近畿地方 Edit

三重県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

滋賀県

京都府

+ 碑文

大阪府

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

兵庫県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

奈良県

+ 旧邸宅跡など

和歌山県

+ 文学館・記念館・博物館

中国地方 Edit

鳥取県

島根県

+ 文学館・記念館・博物館
+ お墓
+ 旧邸宅跡など

岡山県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

広島県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

山口県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

四国地方 Edit

徳島県

香川県

+ 文学館・記念館・博物館

愛媛県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

高知県

九州地方 Edit

福岡県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ 碑文
+ その他

佐賀県

+ 碑文

長崎県

熊本県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

大分県

+ その他

宮崎県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

鹿児島県

+ 文学館・記念館・博物館

沖縄地方 Edit

沖縄県

+ 碑文

過去ログ Edit

+ クリックで過去ログ一覧を開く

コメント Edit


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 鎌倉文学館
    特別展「リスペクト 好き、好き、大好き」
    開催中〜2017年12月10日(日)

    夫 寛を生涯わが師と仰いだ与謝野晶子、泉鏡花を先生と慕った里見、学生時代に夏目漱石に出会い薫陶を受けた芥川龍之介、芥川に憧れノートに名前を書き連ねた太宰治ら、文学者が文学者を敬愛した例は枚挙にいとまがありません。 最近、「尊敬、敬意」という意味合いで「リスペクト」という言葉がよく使われるようになりました。本展では、「リスペクト」を創作に欠かせない普遍的な感情と捉え、鎌倉ゆかりの文学者10組のリスペクトの諸相を貴重な資料で紹介します。

    【10組のリスペクト】
    ・夏目漱石≫正岡子規
    ・与謝野晶子≫与謝野寛
    ・里見≫泉鏡花
    ・萩原朔太郎≫北原白秋
    ・芥川龍之介≫夏目漱石
    ・堀辰雄≫芥川龍之介
    ・太宰治≫芥川龍之介
    ・星野立子≫高浜虚子
    ・大岡昇平≫小林秀雄
    ・三島由紀夫≫川端康成

    ● 入館料 一般400(280円)、小中学生200(140)円
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ● 開館時間 9:00〜16:30 ※入館は30分前まで
    ● 休館日 10月16日(月)、11月13日(月)、12月4日(月) -- 2017-11-10 (金) 13:21:35
  • ここまで反映しました。 -- 2017-11-10 (金) 20:15:16
  • こおりやま文学の森資料館
    〒963-8016 福島県郡山市豊田町3-5
    特別企画展 中原中也 祈りの詩
    会 場:郡山文学資料館企画展示室
    会 期:10月7日(土)〜11月26日(日)
    時 間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
    休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
    観覧料:〈個人〉一般 200円 高校・大学生等 100円
        〈団体〉一般 150円 高校・大学生等  70円
        中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は無料
    わが国の近代詩上において大きな足跡を残した、夭逝の詩人・中原中也。
    明治40年に山口に生まれ、昭和12年に30歳の短い生涯を閉じるまで珠玉の詩篇を現在に残す。
    その詩は、今なお多くの人々の心を魅了し続けて止まない。
    東日本大震災の際、「祈る」ことは大きな比重を占めた。
    「祈り」をテーマとする中也の詩は、私たちの胸に真っ直ぐ届き、心の奥底に響く魅力をもっている。
    本展では「祈りの詩」とともに、中也の短い生涯を紹介する。
    関連催しとして、中原中也記念館館長・中原豊氏の講演会を行うほか、澤正宏氏(福島大学名誉教授)・庄司達也氏(横浜市立大学教授)の講座を実施する。
    関連催事
    ・文学講演会「生誕110年・中原中也の可能性」
    日  時:10月29日(日)13:30〜15:00
    場  所:郡山市民文化センター 集会室
    講  師:中原 豊 氏(中原中也記念館館長)
    定  員:先着300名
    料  金:無料
    申込方法:10月4日(水)より、文学資料館・市民文化センター・市政情報センターにて整理券を配布
    ・文学講座「中也・現実の向こう側へ」
    日  時:11月4日(土)13:30〜15:30
    場  所:ミューカルがくと館 小ホール
    講  師:澤正宏氏(福島大学名誉教授)
    定  員:先着40名
    料  金:無料
    申込方法:10月4日(水)より、こおりやま文学の森資料館に電話申し込み(TEL:024-991-7610)
         もしくはこおりやま文学の森資料館窓口にて直接申し込み
    ・文学講座「蓄音機とSPレコードで聴く中原中也が愛でた音楽たち」
    日  時:11月16日(木)13:30〜15:30
    場  所:ミューカルがくと館 小ホール
    講  師:庄司達也氏(横浜市立大学教授)
    定  員:先着40名
    料  金:無料
    申込方法:10月4日(水)より、こおりやま文学の森資料館に電話申し込み(TEL:024-991-7610)
         もしくはこおりやま文学の森資料館窓口にて直接申し込み -- 2017-11-11 (土) 04:22:23
  • ここまで反映しました。 -- 2017-11-11 (土) 04:50:21
  • 坂の上の雲ミュージアム
    〒790-0001 愛媛県松山市一番町三丁目20番地
    子規・漱石生誕150年記念 特別展示「松山と漱石」
    2017年7月25日(火曜日)〜11月26日(日曜日)
    1895(明治28)年、夏目漱石は愛媛県尋常中学校の英語教師として松山に赴任します。
    松山では、正岡子規と下宿先の「愚陀仏庵」で52日間の共同生活を送りました。
    このとき漱石は、子規のもとを訪ねてくる松山の人びとに出会います。
    漱石と彼らのつながりは、その後も続きました。
    本展示では、松山と漱石の関係を、人びととの交流から読み解きます。
    会場 坂の上の雲ミュージアム 4階展示室2
    主催 松山市(坂の上の雲ミュージアム)・愛媛新聞社

    第11回企画展 好古・真之・子規−明治20年代初頭
    2017年2月28日(火)〜2018年2月18日(日)
    明治政府は、1889(明治22)年に大日本帝国憲法を発布、翌年には帝国議会を開設しました。近代日本において、国際社会に対応するための立憲国家としての体制がようやく確立します。明治維新以降進行した文明開化の波は、地方社会にも広がりをみせ、人びとの生活も大きく変化していきました。このころ、秋山好古・真之、正岡子規の3人の主人公たちもそれぞれの道で転機を迎えます。
    秋山好古は、明治20年に旧藩主家の久松定謨の補佐役を命じられフランスに留学、騎兵研究に励み陸軍の発展に貢献しました。秋山真之は、明治23年に海軍兵学校を首席で卒業し、軍人としての道を歩みはじめます。正岡子規は、第一高等中学校在学中の明治22年、肺病を患い喀血したことを契機に「子規」と号し、文学の道を志すようになりました。
    今回の展示では、明治20年代初頭の好古・真之・子規の動向を取り上げながら、その後の彼らの人生を展望します。 -- 2017-11-11 (土) 05:26:04
  • ここまで反映しました。 -- 2017-11-11 (土) 05:32:06
  • 中原中也記念館
    山口県山口市湯田温泉1-11-21
    中原中也生誕110年
    「コミックの中の中也」
    2017年10月4日〜2018年1月21日
    本展では、中也や中也の詩が物語に深くかかわるコミック-「文豪ストレイドッグス」「文豪失格」「眠兎〈ミント〉」「最果てにサーカス」「含羞〈はぢらひ〉-我が友 中原中也」(展示順)を取り上げ、それぞれの内容と見どころについて中也を中心に紹介します。
    同じ「中原中也」でも、作者によってアプローチが全く異なります。コミックを通じて中也の詩の魅力に触れることができる展示です。



    中原中也生誕110年として色々催しがされています。文豪ストレイドッグスとのコラボスタンプリレーもありますが、別作品なのでちょっと違うかなと思われる時は削除してもらっておkです。 -- 2017-11-29 (水) 21:25:21
  • ここまで反映しました。 -- 2017-11-30 (木) 03:02:44
  • MAHOROBA朗読ライブ2017「こんな夢を見た坊ちゃん」

    ミュージアム来館者活性化と子規・漱石が生まれて150年を記念した「朗読ライブ」企画しました。
    「文章を読む」という朗読のイメージを覆し、お芝居とパフォーマンスと音楽の要素を盛り込んだ「ライブ」という新しい形のステージを楽しんでいただきます。

    日時 平成29年12月17日(日)  18:30〜20:00(開場:18:00)

    場所 坂の上の雲ミュージアム 2階ホール

    出演者
    構成・演出 森一馬
    音響  城村 恭彦(ユーズシステム)

    出演
    森一馬、
    近藤誠二
    犬飼奈穂(フリーMC、ウォーキング講師)
    小藤由香(FMラヂオバリバリ・パーソナリティ)

    スペシャルゲスト
    中山明音(テレビ愛媛アナウンサー)
    森川哲也(Bar楽屋)
    矢野恵子(オヤジダンサーズ 松山)

    定員 80名

    鑑賞料 1,000円(税込)
    ※満席の場合、立ち見になる場合もございます。ご了承ください

    申込方法
    2017年12月16日(土)までに、電話またはファクスで、氏名、電話番号、希望人数を坂の上の雲ミュージアム「朗読ライブ2017」係までお申し込み下さい。
    TEL:089-915-2600
    FAX:089-915-3600 -- 2017-12-10 (日) 06:08:06
  • ここまで反映しました。 -- 2017-12-10 (日) 06:42:03
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • コメントにリンクを貼る方法、顔文字などの半角文字を使う際の注意点などは掲示板利用者向けTIPSをご覧ください。

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-10 (日) 06:09:50