このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪ゆかりの地 Edit

ゲームに登場する文豪たちの記念館や碑文、作品の舞台となった地など縁のある場所を載せています。

※記念館、博物館等の展示物は展示品入れ替えなどのために変わる可能性があります。
また、このページの情報は最新ではない可能性がありますので、必ずご自身で事前にご確認ください。
※施設公式サイトがある場合、リンク禁止でない限りはトップページのURLを記載して頂けると助かります。(都道府県庁・市町村役場の紹介ページのみの場合は、そのページのURLで大丈夫です)
※GoogleMapのURL、新築・改装・復旧工事が完了した施設などの情報も随時募集中です。
※終了済みイベントを発見しましたら文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページに情報を移して頂ければ幸いです。



期間限定 Edit

北海道地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

東北地方 Edit

  • 青森県近代文学館
    〒030-0184 青森県青森市荒川藤戸119-7
    • 「太宰治」パネル展
      会場住所日時
      ふかうら文学館〒038-2324 青森県西津軽郡深浦町大字深浦字浜町1345月23日〜6月20日
      青森県立弘前中央高等学校〒036-8345 青森県弘前市蔵主町7-17月13日〜15日
      伊藤忠吉記念図書館〒037-0202 青森県五所川原市金木町芦野345−1210月13日〜10月29日
      弘前大学医学部・文教キャンパス厚生施設内〒036-8224 青森県弘前市文京町111月2日〜11月29日
  • 太宰治没後70年 ―秘蔵資料大公開―
    平成30年10月27日(土)〜平成31年1月14日(祝・月)
    • 概要
      太宰治(本名・津島修治)は明治42年(一九〇九)年に金木村(現五所川原市)で生まれ、青森中学在学中に作家になることを決意。
      官立弘前高等学校で学んだのち上京し、昭和11(一九三六)年には第一創作集『晩年』を出版しました。
      昭和15年「走れメロス」を発表。戦時中も『津軽』や『お伽草子』等の名作を生み出し、戦後は『斜陽』がベストセラーとなりました。
      昭和23年「人間失格」連載中の突然の逝去から70年を経た今、当館で所蔵する太宰資料の数々を公開し、その生涯と業績を振り返ります。
      これまでは有名な資料の影に隠れ、知られる機会の少なかった資料群にも光を当てます。
  • 仙台文学館
    〒981-0902 宮城県仙台市青葉区北根2丁目7-1(Googleマップ
    • 企画展「資料が伝える物語〜2013年以降の新収資料から〜」
      会期
      2018年 9月1日(土)〜9月24日(月・休)
      2018年12月8日(土)〜2019年3月31日(日)
      休館日:月曜日(祝・休日は開館)、祝・休日の翌日、第4木曜日(12月27日は開館)
          2018年12月28日(金)〜2019年1月4日(金)
      場 所:仙台文学館3階企画展示室
      観覧料:一般570円、高校生230円、小・中学生110円(各種割引あり)
      • 概要
        仙台文学館では、1999年3月の開館以来、多くの方から書籍・雑誌・原稿・書簡・書画など多岐にわたる文学資料をご寄贈いただいています。
        それらの資料は、常設展示で活用しているほか、2009年と2013年に「寄贈資料展」と題して企画展示として紹介しました。
        その後も新たな資料が多数寄せられていることから、このたび2期に分け、自筆資料を中心とした新収資料展を開催します。
        今回展示する資料には、たとえば、明治時代の仙台と当時の人々の様子を記した書簡、文学者と仙台の縁を感じさせる愛用品など、今まであまり知られていなかった“物語”を秘めたものが多くあります。
        それらの資料が伝える“物語”を通して、仙台ゆかりの文学者に関心をもっていただいたり、地元の歴史・生活史に目を向けていただければ幸いです。
  • おもな内容・展示資料(予定)
    ※鬼と挟で一部展示替えを行います。
    ■明治のラブレターが現代に伝える多くのこと
     −明治期に仙台で活躍し、島崎藤村らと交流のあった画家・布施(あわし)と、のちに妻となる加藤豊世(とよせ)が交わした往復書簡
    ■向田邦子と仙台
     −向田邦子と愛用した万年筆・眼鏡・原稿・校正刷りなど
    ■“感激屋”晩翠先生
     −土井晩翠が教え子の卒業にあたって贈った色紙など
    ■若き日の北杜夫の足跡
     −北杜夫が学生時代に下宿していた家の家族に送ったはがきなど
    ■お宝開陳!
     −仙台の民謡詩人・研究家の渡辺波光の資料や、岩出山のコレクター・増井三夫が収集した資料群
    ■あの文学者と仙台との意外なつながり
     −有島武郎、柳原白蓮らの直筆資料など
  • 学芸員による展示解説
    ※申込不要、直接会場へ。
    ※当日の企画展観覧券が必要です。
    日時時間
    2018年12月6日(日)11:00〜12:00
    2019年1月20日(日)11:00〜12:00
    2019年2月16日(日)11:00〜12:00
    2019年3月10日(日)14:00〜15:00
  • 【展示関連イベント】
    .函璽イベント「姉・向田邦子と仙台」
    数々のテレビドラマの脚本や小説・エッセイで人気を博し、その洗練されたライフスタイルが今なお注目を集める向田邦子。
    邦子の家族は一時期、仙台で暮らしたことがあります。その思い出を、妹の向田和子さんが語ります。

    日 時:9月17日(月・祝)14:00〜14:45
    出 演:向田和子氏(エッセイスト)
    聞き手:当館学芸員
    定 員:100名(先着)
    会 場:仙台文学館2階講習室
    講演会「明治の恋と青春〜祖父母・布施淡と豊世の往復書簡について〜」
    日 時:9月22日(土)13:00〜15:00
    講 師:布施協三郎氏(布施淡・豊世令孫)
    定 員:100名(先着)
    会 場:仙台文学館2階講習室
    ´△凌醜方法
    電話・ファックスで受付(ファックスの場合はイベント名・名前・住所・電話番号を明記)。
    定員になり次第受付終了します。
    ※入場には、会期中の企画展観覧券の半券が必要です(入場開始は各30分前開始)。
    ※いただいた個人情報は、上記のイベントのご連絡以外には使用しません。
  • あきた文学資料館
    〒010-0001 秋田県秋田市中通6丁目6-10
    • 特別展示 明治150年秋田を訪れた文人たち
      期間:平成30年10月2日(火)〜平成30年12月27日(木)※期間中の休館日は、毎週月曜日です。
      時間:午前10時〜午後4時
      入場料:無料
      • 概要
        秋田には多くの文人が訪れました。
        たとえば明治27年、小説『蒲団』の田山花袋は、仙岩峠で足をくじき、地元民に助けられました。
        大正5年、旅と酒を愛する歌人若山牧水が千秋公園で歌を詠み、料亭で秋田の酒を堪能しました。
        昭和2年、泉鏡花が日本新八景に選ばれた十和田湖へ旅行し、湖を胡桃の実の割目に青い露を湛えたようだと書きました。
        昭和20年、武者小路実篤が戦火を避けて家族とともに稲住温泉に疎開し、ここで8月15日を迎えました。
        昭和26年には坂口安吾が、昔好きだった婦人が生まれた秋田を訪れ、「秋田犬訪問記」を書きました。
        なぜ彼らは秋田を訪れたのでしょうか。
        展示では、秋田ゆかりの人物との交流の様子や秋田を描いた作品を紹介します。

関東地方 Edit

  • 明治学院大学 白金キャンパス
    • 日本近代文学会2018年度11月例会 〔特集〕戦争テクノロジーと文学
      日 程:2018年11月24日(土)午後2時より 
      場 所:明治学院大学白金キャンパス2号館2302教室--[地図]
           ■品川駅から、高輪口より都営バス「目黒駅前」行きに乗り、「明治学院前」下車(乗車約6分)
           ■目黒駅から、東口より都営バス「大井競馬場前」行きに乗り、「明治学院前」下車(乗車約6分)
           ■白金台駅から、2番出口(白金高輪側/エレベーター有)より徒歩約7分
           ■白金高輪駅から、1番出口(目黒側/エレベーター有)より徒歩約7分
           ■高輪台駅から、A2番出口より徒歩約7分
      中尾 麻伊香 海野十三作品における変容する戦争テクノロジーと人間存在
      宮澤 隆義  空想と科学──中野重治「空想家とシナリオ」とその射程
      澤田 由紀子 戦争テクノロジーと日本SF文学の誕生の関係
      (ディスカッサント)副田 賢二
      詳しい発表要旨はこちら
  • 調布市武者小路実篤記念館
    〒182-0003 東京都調布市若葉町1−8−30
    • 「文豪とアルケミスト」タイアップ企画
      実施期間:2018年11月3日(土)〜12月9日(日)
      会場:
      1)調布市武者小路実篤記念館(京王線つつじヶ丘駅または仙川駅下車、徒歩10分)
        開館時間:午前9時から午後5時
      武者小路実篤記念館での企画内容
      パネル展示キャラクターの等身大パネルをロビーで展示
      ゲーム紹介パネルとキャラクターイラストパネルを資料館壁面で展示
      朗読音声を放送ゲーム内のキャラクター・武者小路実篤の声を担当している人気声優「KENN」が
      昨年の企画のために録り下ろした武者小路実篤の詩「進め、進め、」の朗読音声を館内で放送
      シリアルナンバーのプレゼントゲーム内で使用できる限定内装「南瓜の書画」のシリアルナンバーを来館者全員にプレゼント
      ※シリアルナンバーは昨年の企画でプレゼントしたものと同じ内容になりますので、ご了承ください


      2)調布市文化会館たづくり1階展示室(京王線調布駅下車、徒歩4分)
        開館時間:午前10時から午後6時
      調布市文化会館たづくりでの企画内容
      パネル展示キャラクターの等身大パネルと、ゲーム紹介パネルを、会場入り口で展示

      両会場共通の企画内容
      イベント限定グッズの販売透明栞3枚セット 600円(税別)
      榮太楼飴ミニ缶タイアップ限定版(梅ぼ志飴) 650円(税別)


      ※イベント限定グッズの購入は、お一人様、各グッズそれぞれ2個ずつまでとさせていただきます。なにとぞご了承ください
      ※イベント限定グッズは売り切れ次第終了とさせていただきます。終了の際にはツイッターでお知らせします
      ※各会場の在庫数についてのお問い合わせには対応できませんので、ご了承ください

中部地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

近畿地方 Edit

  • アサヒビール大山崎山荘美術館
    〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
    TEL:075-957-3123
    • 谷崎潤一郎文学の着物を見る
      【会期】2018年9月15日(土) - 2018年12月2日(日) 午前10時〜午後5時 ※最終入館は午後4時30分まで 休館日:月曜
      【入館料】一般 900円/高・大学生 500円/中学生以下 無料/障害者手帳をお持ちの方 300円
      着物でご来館の方は入館料から100円割引
      • 概要
        <以下引用>
        文豪・谷崎潤一郎(1886−1965)は、女性とそのよそおいを濃密に表現しました。
        没後半世紀を経て、着物と馴染みがうすくなりつつある現代においては、作中の描写からその様子を思い描くことは難しくなってきています。
        谷崎自身が想定していた着物とはどのようなものだったのでしょうか。
        代表作「細雪」の見どころのひとつは、女性たちの華やかな着物姿にあります。
        本展では、さまざまな資料をもとに、登場人物の着こなしをあらためて検証します。
        他にも、「痴人の愛」、「春琴抄」、「台所太平記」など、多様な作品に表された、魅力あふれるヒロインたちのよそおいの数々を、谷崎の文章や挿絵、時代風俗なども手がかりに、アンティーク着物で再現します。
        また、谷崎は、美術館本館「大山崎山荘」を建てた実業家・加賀正太郎(1888-1954)と交流がありました。
        大正から昭和にかけて建てられた山荘は、まさに谷崎が生き、谷崎によって描かれた多くの物語と同時代の建築です。
        かつての雰囲気を色濃くのこす当館で、谷崎文学の世界をご堪能いただけましたら幸いです。
        <引用終了>
        ※リーガロイヤルホテル京都考案のモカロールもいただけるようです。
  • 三重県立美術館
    〒514-0007 三重県津市大谷町11
    • 横光利一生誕120年 川端康成コレクション 川端康成と横光利一展
      開催日時:2018年10月27日(土)−12月16日(日)
      入館料:一般1,000 (800) 円 学生800 (600) 円 高校生以下無料
      • 概要
        大正から昭和前半にかけて活躍し、「文学の神様」と仰がれた三重ゆかりの文豪、横光利一(1898−1947)と、その生涯を通じて最大の親友であった近代日本を代表する作家、川端康成(1899−1972)。
        横光の生誕120年を記念し、ともに新しい文学表現をめざした若き時代から日本的な精神や美へと向かう成熟の時代まで、2人の業績や交流、その美意識を、貴重な書簡や書籍、写真、関連する美術作品によって紹介します。
        また、川端康成記念会の全面的な協力を得て、池大雅、与謝蕪村、浦上玉堂、東山魁夷、古賀春江ほか、川端旧蔵の国宝を含む美術作品を一堂に公開します。
        *作品保全のため、浦上玉堂《凍雲篩雪図》(国宝)は10月27日(土)-28日(日)および12月4日(火)-16日(日)(12月10日(月)をのぞく)のみ展示いたします。
        ※左右にフリックすると表がスライドします。

中国地方 Edit

  • 中原中也記念館
    〒753-0056 山口県山口市湯田温泉1-11-21
    • 企画展供嵎源里両啻――林忠彦写真展」
      【会期】2018年9月27日(木)〜2019年4月14日(日)
      • 概要
        <以下引用>
        山口県周南市出身の写真家・林忠彦の生誕100年を記念し、周南市美術博物館協力のもと、林忠彦の写真展を開催します。
        同じ山口県出身でありながら、中也と出会うことはなかった林ですが、小林秀雄、太宰治坂口安吾ら中也と交友のあった文学者の肖像写真を撮影しています。
        それらは、『日本の作家』『文士の時代』といった写真集に収められ、林の代表作となりました。写真家がとらえた文士の姿は、いったいどのようなものだったでしょうか。
        本展では、中也と同時代の文学者の業績を紹介しながら、林の写真の魅力にせまります。
        <引用終了>
        ※文士を特集したわけではないですが、文士の写真を撮り続けた写真家の展示です。

四国地方 Edit

  • 菊池寛記念館
    〒760-0014 香川県高松市昭和町1-2-20 サンクリスタル高松3階
    • 第27回文学展 菊池寛 生誕130年・没後70年記念「菊池寛をふりかえる」
      会期:平成30年11月20日(火曜日)〜12月26日(水曜日)
      場所:サンクリスタル高松4階 企画展示室(高松市昭和町一丁目2番20号)
      時間:9時〜17時 ※入館は16時30分まで ※初日のみ開展式のため9時30分より開館
      休館日:毎週月曜日 ※ただし12月24日(月・振休)は開館、25日(火曜日)は休館
      《入場料》一般200円、大学生150円 ※団体20人以上は2割引
      ※65歳以上は長寿手帳等年齢を確認できるものの提示で入館料免除、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の所持者は手帳の提示で入館料免除
      【主催】高松市・菊池寛顕彰会
      【主管】菊池寛記念館文学展実行委員会
      【後援】株式会社文藝春秋・RNC 西日本放送・NHK 高松放送局・KSB 瀬戸内海放送・四国新聞社
      【協力】菊池家・公益財団法人 日本近代文学館・郡山市こおりやま文学の森資料館・徳田秋聲記念館・馬の博物館・壺井栄文学館・© 長谷川町子美術館
      • 概要
        菊池寛は明治21年に生まれ、19歳で上京するまで高松で暮らしました。
        「父帰る」、「恩讐の彼方に」、「真珠夫人」など不朽の名作を生み出した寛は、文筆活動の他に雑誌『文藝春秋』の創刊や、芥川賞・直木賞を創設するなど多くの功績を残し、現在の文壇の隆盛の礎を築きました。
        また、寛の先祖は代々高松藩の藩儒で、後藤芝山や平賀源内らを育てた菊池黄山や、幕末に漢詩人として名を馳せた菊池五山等、優れた儒学者を輩出しています。
        本展では、菊池寛の生誕130年・没後70年を記念して、菊池家の御協力のもと、初公開となる菊池家所蔵の古文書や、寛の直筆原稿、愛用品、写真など数多くの貴重な資料を展示するとともに、多彩な交友関係やエピソードを紹介し、菊池寛の実像に迫ります。
        日時内容場所
        11月20日
        (火曜日)
        9時30分〜
        開展式「オープニングセレモニー」
        ○ 市長あいさつ、菊池夏樹菊池寛記念館名誉館長あいさつ、テープカット、ギャラリートーク。
        ○ 観覧希望者は直接会場へ。ギャラリートーク中は無料で入場できます。
        サンクリスタル高松4階
        企画展示室前
        11月20日
        (火曜日)
        11時〜12時
        特別講演会(1)文豪を家族に持って
        講師:菊池夏樹(菊池寛直孫・当館名誉館長)
        ※ 入場無料・予約不要・先着200名様
        サンクリスタル高松3階
        視聴覚ホール
        11月23日
        (金曜日・祝日)
        14時〜15時
        作品朗読会「恩讐の彼方に」
        出演:NHK高松放送局アナウンサー
        ※入場無料・予約不要・先着200名様
        サンクリスタル高松3階
        視聴覚ホール
        11月24日
        (土曜日)
        13時30分〜15時
        特別講演会(2)新出の菊池家文書から見る高松藩の学問と文人交流― 菊池黄山を中心に―
        講師:太田剛(四国大学文学部教授)
        ※ 入場無料・予約不要・先着200名様
        サンクリスタル高松3階
        視聴覚ホール
        12月1日
        (土曜日)
        13時30分〜15時
        文芸講座 菊池家と高松の漢学風土
        講師:田山泰三(英明高等学校教諭)
        ※ 入場無料・予約不要・先着200名様
        サンクリスタル高松3階
        視聴覚ホール
        12月16日
        (日曜日)
        13時30分〜15時
        特別講演会(3)菊池寛の人と文業
        講師:片山宏行(青山学院大学文学部教授)
        ※入場無料・予約不要・先着200名様
        サンクリスタル高松3階
        視聴覚ホール
        12月24日
        (月曜日・振替休日)
        13時30分〜14時30分
        ミニコンサート「菊池寛の聞いた昭和の流行歌〜東京行進曲他〜」
        出演:ソプラノ/宮本早苗
           バリトン/大山晃
           バイオリン/西浦弘美
           ピアノ/大山まゆみ
           ※入場無料・予約不要・先着200名様
        サンクリスタル高松3階
        視聴覚ホール
  • タイアップイベント「文豪とアルケミスト×菊池寛記念館Part2」
    昨年も行った大人気のオンラインゲーム「文豪とアルケミスト」とのタイアップ企画第2弾です。
    今年は、当館限定デザインのオリジナルクリアファイルを会場内にて販売します。
    オリジナルクリアファイルは先着順で、無くなり次第販売を終了します。
    オリジナルクリアファイルの1日当たりの販売数に上限はありませんが、1人当たりの購入数に制限を設けさせていただくことがあります。
    購入上限は在庫数に応じて変動しますので、購入される際に会場にて御確認ください。

九州地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

沖縄地方 Edit

現在開催中のイベントはありません。もし開催中イベント情報をお持ちでしたらコメント欄にお寄せ下さい。

毎年開催 Edit

+ クリックで開きます

北海道地方 Edit

北海道

+ 文学館・記念館・博物館
+ お墓
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など
+ その他

東北地方 Edit

青森県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

岩手県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

宮城県

+ 碑文
+ 文学館・記念館・博物館
+ その他

秋田県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

山形県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

福島県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

関東地方 Edit

茨城県

+ 碑文

栃木県

+ 碑文
+ その他

群馬県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

埼玉県

+ 文学館・記念館・博物館
+ その他

千葉県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

東京都

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓
+ 旧邸宅跡など
+ その他

神奈川県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓
+ 旧邸宅跡など
+ その他

中部地方 Edit

新潟県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

富山県

+ 碑文

石川県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ 旧邸宅跡など
+ その他

福井県

+ 碑文
+ 旧邸宅跡など

山梨県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

長野県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

岐阜県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ お墓

静岡県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

愛知県

+ 文学館・記念館・博物館

近畿地方 Edit

三重県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

滋賀県

+ 碑文

京都府

+ 碑文

大阪府

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

兵庫県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ その他

奈良県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

和歌山県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文

中国地方 Edit

鳥取県

島根県

+ 文学館・記念館・博物館
+ お墓
+ 旧邸宅跡など

岡山県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 碑文
+ その他

広島県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

山口県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

四国地方 Edit

徳島県

香川県

+ 文学館・記念館・博物館

愛媛県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

高知県

九州地方 Edit

福岡県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など
+ 碑文
+ その他

佐賀県

+ 碑文

長崎県

+ 碑文

熊本県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

大分県

+ その他

宮崎県

+ 文学館・記念館・博物館
+ 旧邸宅跡など

鹿児島県

+ 文学館・記念館・博物館

沖縄地方 Edit

沖縄県

+ 碑文

海外 Edit

シンガポール

+ お墓

過去ログ Edit

+ クリックで過去ログ一覧を開く

コメント Edit


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おおいそめぐり 2018 スタンプラリー
    大磯町は、「湘南」発祥の地であり、明治期以降には伊藤博文をはじめ、8人の総理大臣が居を構え、初代軍医総監松本順が海水浴場を開設するなど歴史的、文化的な"薫り"が残る町です。
    様々な"薫り"を町全体で楽しみ、町の魅力を感じられる3つのテーマに沿ったスタンプラリーを開催します。
    ※文豪とアルケミストタイアップ企画あり

    開催期間
    平成30年9月28日(金曜日)〜10月28日(日曜日)
    ※月曜日は休止とします。
    ※月曜日が祝日の場合は開催し、翌火曜日を休止とします。

    参加方法
    1 駅前観光案内所及びコース内の各施設にある「台紙」を入手しよう。

    2 各コース3か所のスタンプ(Cコースのみ写真)を集めよう。

    3 交換場所で台紙(Cコースは写真と一緒に)を見せ、各コースオリジナルの記念品をもらおう。

    記念品交換場所 鴫立庵(大磯町大磯1289番地) 9時から17時まで

    文豪とアルケミスト キャラクターパネル情報
     Bコース内のスタンプ設置施設にキャラクターパネルを設置します。写真撮影が可能なスポットもありますので、ぜひお立ち寄りください。

    ・旧島崎藤村邸(パネル設置:島崎藤村、国木田独歩、田山花袋、徳田秋声 ※全て通常)
    ・図書館 (パネル設置:島崎藤村 ※戦闘)
    ・新杵
    ・蔵にて
    ・鴫立庵 (パネル:島崎藤村 ※開花)

    ※図書館では、スタンプラリー期間中島崎藤村をはじめ、友人作家の著作紹介や大磯で過ごす島崎藤村の写真を展示するコーナーを設置します。 -- 2018-10-23 (火) 20:49:53
  • ここまで反映しました。 -- 2018-10-23 (火) 22:06:46
  • 横光利一生誕120年 川端康成コレクション 川端康成と横光利一展
    ※左右にフリックすると表がスライドします。

    2018年10月27日(土)−12月16日(日)


    大正から昭和前半にかけて活躍し、「文学の神様」と仰がれた三重ゆかりの文豪、横光利一(よこみつ・りいち1898−1947)と、その生涯を通じて最大の親友であった近代日本を代表する作家、川端康成(かわばた・やすなり1899−1972)。
    横光の生誕120年を記念し、ともに新しい文学表現をめざした若き時代から日本的な精神や美へと向かう成熟の時代まで、2人の業績や交流、その美意識を、貴重な書簡や書籍、写真、関連する美術作品によって紹介します。
    また、川端康成記念会の全面的な協力を得て、池大雅いけのたいが、与謝よさ蕪村ぶそん、浦うら上玉堂かみぎょくどう、東山ひがしやま魁かい夷い、古賀こが春江はるえほか、川端旧蔵の国宝を含む美術作品を一堂に公開します。

    *作品保全のため、浦上玉堂《凍雲篩雪図》(国宝)は10月27日(土)-28日(日)および12月4日(火)-16日(日)(12月10日(月)をのぞく)のみ展示いたします。


    一般1,000 (800) 円 学生800 (600) 円 高校生以下無料 -- 2018-10-25 (木) 21:06:24
    • ↑上のコメントをした者です。
      池大雅からの人名が、途中ふりがなが混ざってしまっています。申し訳ありません。 -- 2018-10-25 (木) 21:09:04
  • ここまで反映しました。 -- 2018-10-26 (金) 00:28:14
  • 北原白秋歌碑
    長崎県には、北原白秋の歌碑が二基建立されている。

    〒854-0692 長崎県雲仙市小浜町雲仙320(雲仙宮崎旅館前庭)
    北原白秋は明治十八年、福岡県柳川市の旧家に生まれた。
    明治四十年の夏、「五足の靴」の旅で本県を訪れた後、明治四十二年に処女詩集『邪宗門』を発表して以来、詩人、歌人、童謡作家として多彩な活動を続けた。
    昭和十年の五月には、三菱重工長崎造船所から所歌制作の依頼を受けて来崎し、雲仙にも訪れた。
    雲仙つつじが満開の季節、宿泊した旅館で詠んだ十二首の中の一首が「色ふかくつつじしづもる山の原 夏向ふ風の光りつつ来る」である。
    長崎・佐世保の「白秋会」と、白秋が当時宿泊した旅館の協力によって建立された碑には白秋の門下生である島内八郎氏の筆による歌が刻まれ、昭和五十二年五月に長男・隆太郎氏も招かれて除幕式が行われた。

    〒851-1201 長崎県長崎市伊王島町1-470
    アクセス:伊王島港より徒歩約10分。(島内は自由乗降のコミュニティバスが1日10便往復:100円)
         フェリー(長崎汽船)/大波止ターミナルから伊王島港まで19分。(竹島丸)
         元船岸壁から伊王島港まで17分。
    北原白秋は亡くなる前の昭和17年、多摩誌上に「伊王島」として長歌一首と反歌を発表した。
    これを記念して昭和25年に元長福寺跡地の瀬戸屋敷に歌碑が建立された。
    歌碑には「いにしへの 流され人も かくありて すゑいきどほり 海を睨みき」とある。
    歌で詠まれている「流され人」とは、平安末期に後白河法皇の近習であった俊寛僧都の事で、俊寛は平家討伐の陰謀を行うが失敗し、翌年には藤原成経、平康頼らと共に伊王島に流刑となった。
    後にこの二人は許されたが、首謀者である俊寛だけが許されず、37歳の時に伊王島で死没する。
    白秋は伊王島を訪れ、俊寛の無念の思いを歌に託した。
    現在は俊寛の墓碑の隣に歌碑が移設されている。

    夏目漱石歌碑
    〒859-4824平戸市田平町小手田免823-1(平戸公園内)
    昭和六十年十一月に平戸歴史顕彰会によって建立された石碑で「凩にくじら潮吹く平戸かな」の歌が刻まれている。
    夏目漱石は、明治二十九年から三十二年、第五高等学校(現熊本大学)に英語教師として勤務し、雲仙等を修学旅行の引率で訪れた。
    明治三十六年には、英国留学の帰途、長崎市内に投宿。平戸を訪れたかは不明だが、句碑に描かれた情景は、平戸の捕鯨の模様を詠んだもので、明治二十八年、漱石から子規へ送られている。
    歌碑に刻まれている歌は、昭和十年に発行された『漱石全集』の「正岡子規へ送りたる句稿その二」の中に収められている。 -- 2018-10-28 (日) 04:13:36
  • ここまで反映しました。 -- 2018-10-28 (日) 04:27:48
  • あきた文学資料館
    特別展示 明治150年秋田を訪れた文人たち
    秋田には多くの文人が訪れました。たとえば明治27年、小説『蒲団』の田山花袋は、仙岩峠で足をくじき、地元民に助けられました。大正5年、旅と酒を愛する歌人若山牧水が千秋公園で歌を詠み、料亭で秋田の酒を堪能しました。昭和2年、泉鏡花が日本新八景に選ばれた十和田湖へ旅行し、湖を胡桃の実の割目に青い露を湛えたようだと書きました。昭和20年、武者小路実篤が戦火を避けて家族とともに稲住温泉に疎開し、ここで8月15日を迎えました。昭和26年には坂口安吾が、昔好きだった婦人が生まれた秋田を訪れ、「秋田犬訪問記」を書きました。
    なぜ彼らは秋田を訪れたのでしょうか。展示では、秋田ゆかりの人物との交流の様子や秋田を描いた作品を紹介します。
    期間:平成30年10月2日(火)〜平成30年12月27日(木)※期間中の休館日は、毎週月曜日です。
    時間:午前10時〜午後4時
    入場料:無料 -- 2018-11-10 (土) 08:34:46
  • ここまで反映しました。 -- 2018-11-11 (日) 04:48:35
  • 高浜虚子句碑(山形県)

    〒994-0024 山形県天童市鎌田1丁目 温泉神社境内
    高浜虚子が新庄館に宿泊した際に詠んだ「天道の 出湯や蟇(ひき)鳴く 夜もすがら」の句が刻まれている。
    この石碑は元は新庄館にあったのを、2002年(平成14年)8月の同館廃業に際して温泉神社境内に移設したもの。

    〒999-2200 山形県南陽市宮内町 長谷観音・仁王門横
    1953年(昭和28年)に須藤永治氏が建立したもの。
    表には「雪の暮 花の朝の 観世音」の句が、裏には「奉祈願国家安全中内平和、高浜先生に請うて」と刻まれている。 -- 2018-11-12 (月) 01:14:33
  • ここまで反映しました。 -- 2018-11-12 (月) 01:40:13
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • コメントにリンクを貼る方法、顔文字などの半角文字を使う際の注意点などは掲示板利用者向けTIPSをご覧ください。

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-12 (月) 01:26:51