このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページ Edit

文豪ゆかりの地の終了済み期間限定展示・イベント情報のログです。
過去にどのような展示・イベントが開催されたかの参考にどうぞ。
※一つの施設で複数回のイベントが開催されている場合、開催イベントごとに折り畳んで見やすくしています。

注意:このページは、開催・展示終了したイベント情報を掲載しています。
開催中・開催予定のイベント、会場の情報に関しては文豪ゆかりの地ページをご覧下さい。

過去ログ Edit

※年を跨いで開催している場合は、開催年月日を基準に収録しています。
例:2016年10月展示開催で2017年3月展示終了→2017年開催分のログに収録

+ クリックで過去ログ一覧を開く

北海道地方 Edit

  • 北海道文学館
    • 創立50周年記念特別展 有島武郎と未完の『星座』
      会期:2018年2月3日(土)〜3月25日(日)
      会場:北海道立文学館
      観覧料:一般700(560)円、高大生450(360)円、小中生300(240)円、
      65歳以上の方450(360)円( )内は10名以上の団体料金
      • 概要
        「カインの末裔」「生まれ出づる悩み」などで明治・大正の北海道に生きる人間を鮮明に描き出した作家・有島武郎(1878年〜1923年)。
        狩太(現・ニセコ)での無償農場解放をはじめ、「遠友夜学校」、北大美術団体「黒百合会」での活動など、その功績は文学だけに止まりません。
        本展ではその足跡を辿るとともに、自身の札幌農学校(現・北海道大学)時代をモデルにした未完の小説「星座」に焦点をあて、様々な個性を持つ若者たちが、自然とお互いを活かし、助け合う青春群像の描写に、有島が何を託したのかを読み取り、分断や衝突の問題に揺れる現代社会を考えるヒントを探ります。
        (北海道立文学館様HPより引用)
  • 市立小樽文学館
    • 企画展「本多正一写真展『うつし世のまこと 江戸川乱歩の遺品』」
      会場:小樽文学館
      会期:2018年2月24日(土)〜4月22日(日)休館日:月曜日、3月22日(木)
      入館料:一般300円、高校生・市内高齢者150円、中学生以下無料
      ※身体障がい者手帳、精神障がい者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方と
      • 概要
        本多正一(ほんだしょういち)氏は写真家・文筆家。1964年栃木県生まれ。小説家中井英夫の助手として晩年の創作を手助けした。
        編書に『中井英夫全集』『幻影城の時代』などがあり、著書に写真集『彗星との日々』がある。
        江戸川乱歩をはじめとする本格推理小説に造詣深く、作家や美術家との親交も深い。
        本展は、本多氏が撮影した江戸川乱歩愛蔵の筆記具や蔵書印、奇術の小道具や人形、旅行鞄などの写真を収めた『怪人江戸川乱歩のコレクション』(平成29年12月26日 新潮社)の発行を記念し、ここに収録された写真の他、新たに撮り下ろした乱歩の数々の遺品写真を加えた作品展。
        未だ謎に包まれた巨匠・江戸川乱歩の生涯と創作の秘密を追体験する写真展でもある。

東北地方 Edit

青森県

  • 青森県近代文学館
    〒030-0184 青森県青森市荒川藤戸119-7
    • 企画展「本の装い」展
      平成30年2月24日(土)〜平成30年5月20日(日)
      時間:9:00〜17:00
      会場:青森県近代文学館企画展示室
      休館日:平成30年3月22日(木曜日)、4月2日(月曜日)、4月26日(木曜日)、5月9日(水曜日)
      入場無料
      • 概要
        手に取って読みたいと思う本に装丁の美しい本があります。
        鮮やかな表紙、カバー、挿絵は読み手の心を躍らせます。
        そんな「本の装い」と「文学」に焦点を当てた展示です。
        本展では、青森県出身の版画家たち(棟方志功、関野凖一郎、佐藤米次郎、蘭繁之)が携わった装丁本や挿絵を展示します。
        また、「修羅の画家」と呼ばれた阿部合成および「青の画家」と称される佐野ぬいの表紙絵原画と装丁本、美術家でありながら文筆家でもあった村上善男の装丁本を展示します。
        装丁者の想いや、著者とのエピソードについてもご紹介いたします。

1、〈展示構成と見どころ〉
第一章 昭和初期の青森県の版画家たち
▽今純三「黎明」「月刊東奥」表紙画(4月1日まで展示)
▽根市良三太宰治『思ひ出』装画(4月3日から展示)

第二章 棟方志功の世界
▽谷崎潤一郎宛書簡と『鍵』『夢の浮橋』ほか

第三章 関野凖一郎の世界
▽『外遊動物譚』『故里民話』<新収蔵資料>

第四章 佐藤米次郎の世界
▽青森初の児童雑誌「むつの子」

第五章 蘭繁之の世界
▽「緑の笛豆本」と専用津軽塗本箱
第六章阿部合成の世界
▽今官一『壁の花』『幻花行』表紙絵原画と装丁本

第七章 佐野ぬいの世界
▽『北畠八穂児童文学全集』表紙絵原画と装丁本

第八章 村上善男の世界
▽長部日出雄津軽の本シリーズ

2、企画展「本の装い」展日曜講座
<日曜講座>
平成30年5月13日(日曜日)14:00〜15:00
〇「本の装い」と文学
武永佐知子(当館文学専門主査)
会場:青森県立図書館研修室(青森県立図書館4階)

※日曜講座の申し込みは不要です。参加は無料です。

3、企画展「本の装い」展展示解説
※時間までに、青森県立図書館2階・青森県近代文学館カウンター前にお越しください。参加は無料です。

時間
(全日程共通)
14:00〜14:30
開催日平成30年2月25日(日曜日)
平成30年3月11日(日曜日)
平成30年3月18日(日曜日)
平成30年3月25日(日曜日)
平成30年4月1日(日曜日)
平成30年4月8日(日曜日)
平成30年4月15日(日曜日)
平成30年4月22日(日曜日)
平成30年4月29日(日曜日)
平成30年5月6日(日曜日)
平成30年5月20日(日曜日)
会場青森県近代文学館企画展示室

岩手県

終了したイベントはまだありません。

宮城県

終了したイベントはまだありません。

秋田県

終了したイベントはまだありません。

福島県

終了したイベントはまだありません。

関東地方 Edit

群馬県

終了したイベントはまだありません。

東京都

終了したイベントはまだありません。

神奈川県

終了したイベントはまだありません。

千葉県

終了したイベントはまだありません。

中部地方 Edit

新潟県

終了したイベントはまだありません。

静岡県

終了したイベントはまだありません。

近畿地方 Edit

大阪府

  • さかい利晶の社
    〒590-0958 大阪府堺市堺区宿院町西2丁1-1
    • 堺のオダサク―「夫婦善哉」が生まれたまち・堺ー 展(文スト×与謝野晶子記念館コラボキャンペーン第3弾 与謝野晶子生誕140年記念事業)
      場所―さかい利晶の社 企画展示室
      会期―平成30年2月24日〜4月15日(休館3月20日)
      展示―妻一枝の家計簿・創作ノート・オダサク日記・俗臭夫婦善哉の草稿。トンビコート等の愛用品。
      入館料や詳細はさかい利晶の社HPに掲載。
      文ストコラボスタンプフォトラリーシート提示2割引

京都府

終了したイベントはまだありません。

兵庫県

終了したイベントはまだありません。

奈良県

終了したイベントはまだありません。

中国地方 Edit

広島県

終了したイベントはまだありません。

島根県

終了したイベントはまだありません。

山口県

終了したイベントはまだありません。

四国地方 Edit

愛媛県

終了したイベントはまだありません。

九州地方 Edit

宮崎県

終了したイベントはまだありません。

鹿児島県

終了したイベントはまだありません。

沖縄地方 Edit

終了したイベントはまだありません。


TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-20 (日) 18:22:22