このエントリーをはてなブックマークに追加

文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページ Edit

文豪ゆかりの地の終了済み期間限定展示・イベント情報のログです。
過去にどのような展示・イベントが開催されたかの参考にどうぞ。
※一つの施設で複数回のイベントが開催されている場合、開催イベントごとに折り畳んで見やすくしています。

注意:このページは、開催・展示終了したイベント情報を掲載しています。
開催中・開催予定のイベント、会場の情報に関しては文豪ゆかりの地ページをご覧下さい。

過去ログ Edit

※年を跨いで開催している場合は、開催年月日を基準に収録しています。
例:2016年10月展示開催で2017年3月展示終了→2017年開催分のログに収録

+ クリックで過去ログ一覧を開く

北海道地方 Edit

終了したイベントはまだありません。

東北地方 Edit

青森県

終了したイベントはまだありません。

岩手県

  • 盛岡市先人記念館
    〒020-0866岩手県盛岡市本宮字蛇屋敷2-2
    • 特別講座「石川啄木と小野清一郎」
      開催日・期間:平成31年2月2日(土)
      時間:13:30〜15:00
      場所:盛岡市先人記念館地下ホール
      講師:森義真(石川啄木記念館館長)
      料金:無料
      定員:80人
      お申込み・受付方法:平成31年1月19日(土)9:00〜TELにて
      • 概要
        石川啄木記念館館長・森義真氏を講師に招いて講演会を行います。
  • 岩手県美術館
    〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
    • ますむらひろし展 −アタゴオルと北斎と賢治と−
      会  期:2019年1月3日(木)ー2月17日(日)
      会  場:岩手県立美術館 企画展示室
      開館時間:9:30ー18:00(入館は17:30まで)
      休 館 日:月曜日(1月14日、2月11日は開館)、1月15日、2月12日
      主  催:岩手県立美術館、テレビ岩手、公益財団法人岩手県文化振興事業団、ますむらひろし展実行委員会
      後  援:一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオ・もりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう
      協  力:公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団、有限会社風呂猫
      企画協力:株式会社アドシステム
      観 覧 料:[一般] 前売800円(当日1,000円)、[高校生・学生] 前売500円(当日600円)、[小学生・中学生] 前売300円(当日400円)
      *20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます。
      *療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
      *生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます。
      *企画展観覧券で常設展もご覧になれます(1月22日(火)ー1月25日(金)は展示替えのため常設展はご覧いただけません)。
      【前売券販売所】※販売は2019年1月2日(水)まで
      ・岩手県立美術館
      ・岩手県民会館
      ・指定プレイガイド
      <カワトク/アネックスカワトク/フェザン/イトーヨーカドー花巻店/東山堂書店 (肴町本店・イオン前潟店・イオン盛岡南店・三ツ割店・都南店・北上店)/さわや書店本店/江釣子SCパル/メイプル/いわて生協 (コープ高松・ベルフ仙北・ベルフ山岸・ベルフまつぞの・ベルフ青山・ベルフ牧野林・ベルフ八幡平)/岩手県庁生協/テレビ岩手アカデミー/ローソン (Lコード:22112)/セブン‐イレブン>
      • 概要
        猫のキャラクターと独特のファンタジーで人気の漫画家、ますむらひろし。カラーイラストを中心とした約200点により緻密で独創的な作品世界をお楽しみください。
        特徴ある猫のキャラクターと独特のファンタジーで多くのファンを魅了する漫画家ますむらひろし(1952年山形県生まれ、千葉県在住)。
        宮沢賢治の童話を猫の登場人物で漫画化したシリーズや、アニメーション映画「銀河鉄道の夜」(杉井ギサブロー監督)の原案者としても知られています。
        1973年に週刊『少年ジャンプ』の手塚賞に準入選し漫画家デビューを果たしたますむらは、70年代より、ユーモラスな猫ヒデヨシと個性豊かなキャラクターが繰り広げる物語、漫画「アタゴオル」シリーズを制作してきました。猫と人の理想郷「アタゴオル」は宮沢賢治の心象世界「イーハトーブ」に呼応させながら、ますむらが作り上げた空想の世界です。
        長らく多くの読者に支持されたそのキャラクターは、シチューのCMのほか、大手メーカーの広告に起用され、お茶の間で人気を呼びました。
        2005年からますむらは、カラーイラスト「アタゴオル×北斎」を発表。葛飾北斎の描く日本の美しい景勝地の浮世絵に「アタゴオル」の住人たちが溶け込んだ本シリーズの一点一点には、ますむらによる解説文が付けられています。
        そこでは、浮世絵を模写し「アタゴオル」の要素を加える際の考えやそのプロセス、北斎の画業についての見解が、北斎への尊敬と畏敬の念を持って語られています。
        本展では、この「アタゴオル×北斎」シリーズを中心に、登場人物を猫の姿に置き換えつつも原作の文章を忠実に表現した宮沢賢治童話のシリーズ等、ますむらの繊細で色鮮やかなカラーイラスト作品を多数ご覧いただきます。
        このほか、漫画原稿や創作ノート、作中の小道具の参考資料として使われた、作家自身が所蔵する鉱物や古道具なども併せ、約200点を展示。
        この機会に、ますむらひろしが生み出す緻密で独創的な世界をじっくりお楽しみください。
        ※展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。
+ ますむらひろし展 −アタゴオルと北斎と賢治と−関連イベント一覧を開く
  • 石川啄木記念館
    〒028-4132 岩手県盛岡市渋民字渋民9
    • 啄木生誕記念 石川啄木記念館館長講演会「啄木と冨田小一郎」
      開催日・期間:平成31年2月24日(日)
      時間:13:30〜15:30
      場所:渋民公民館 2階大会議室
      講師:石川啄木記念館館長 森義真
      料金:無料
      定員:50人
      お申込み・受付方法:当日直接会場にお越しください
      • 概要
        2月20日は石川啄木の生誕の日です(今年で生誕133年)。
        生誕を記念して、当館館長による講演会を開催いたします。
        今年のテーマは「啄木と冨田小一郎」。
        冨田小一郎は、啄木の母校・盛岡中学(現・岩手県立盛岡第一高等学校)で、優れた人材を輩出し「盛中(せいちゅう)ルネッサンス」と呼ばれた時期の教師の一人でした。
        啄木の恩師でもあります。
        よく叱る師ありき/髭の似たるより山羊と名づけて/口真似もしき
        厳しく数学を教えた反面、後に「日本一の謝恩会」を開かれて、教え子たちから慕われた冨田小一郎。啄木に関わるエピソードを紹介します。
        この機会にぜひお越しください。

宮城県

  • 日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)
    〒981-0904 宮城県仙台市青葉区旭ケ丘3丁目27-5
    • こまつ座第126回公演・仙台文学館20周年記念事業「イーハトーボの劇列車」
      ■日時:2019年3月16日(土)13:30開演(開場 13:00)
      ■会場:日立システムズホール仙台 シアターホール
      ■出演:松田龍平 山西惇 岡部たかし 村岡希美 土屋佑壱 松岡依都美 天野はな 紅甘 小日向星一 福田転球 中村まこと 宇梶剛士
      ■入場料(全席指定・税込):S席 6,300円 A席 5,300円 B席 4,300円 ユース席(25歳以下)3,000円
      〔市民文化事業団友の会・文学館友の会会員(前売のみ) S席 6,000円・A席 5,000円〕
      ※ユース席のチケットは、B席エリアの席になります。当日受付にて年齢確認をいたします。
      ※未就学のお子様は入場できません。
      ※車椅子席は数に限りがございます。仙台文学館までお問い合わせください。
      ■一般発売開始日:2018年12月14日(金)
      ■プレイガイド:藤崎、仙台三越
      チケットぴあ【Pコード/490-500】、ローチケ.com【Lコード/22544】
      ◎仙台市市民文化事業団(日立システムズホール仙台1F事務室内) 022-727-1875
      ◎仙台銀行ホール イズミティ21 022-375-3101
      ◎仙台文学館 022-271-3020
      ※◎印の施設では、電話予約と、友の会会員は割引が可能です。
      ※ユース席のチケットは、仙台文学館のみでの取扱いとなります。
      • 概要
        賢治の生涯を、この世に思いを残しながら死の世界へと旅立たなければならない、現代の農民たちによる劇中劇という入れ子構造で描いた戯曲。
        父・政次郎との対立、妹・トシとの絆、農民運動の理想と挫折……賢治が生きた現実を、故郷・花巻を登場させず、四回の上京と東京の生活で描き切るこの作品は、「山男の四月」「なめとこ山の熊」「銀河鉄道の夜」など、賢治作品の引用の織物でもあり、井上ひさしの数ある戯曲の中でも、上演の呼び声の高い代表作の一つです。
        批判的眼差しをも内在しながら、宮沢賢治を生き生きと甦らせる、井上ひさしならではの賢治の評伝劇を、演出・長塚圭史、主演・松田龍平という新たな顔ぶれでお届けします。
        賢治の理想と挫折、そしてその根源にあった「東北」の姿に、思いをはせてください。
  • 悠里館(亘理町立郷土資料館)
    • 春のテーマ展「 江戸清吉コレクションの逸品〜著名人たちの掛軸を中心として〜」
      〒989-2351 宮城県亘理郡亘理町字西郷140
      会  場 亘理町立郷土資料館 企画展示室
      開催期間 2月16日(土曜日)〜3月17日(日曜日)
      開館時間 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
      休 館 日 2月:18日、22日、25日
           3月:4日、11日
      観 覧 料 一般・大学生:100円(団体70円) 高校生以下:無料
           ※団体料金は20人以上 
           ※常設展示(別途観覧料)を観覧の方は無料になります。
           ※障害者手帳を提示の方は無料です。
      • 概要
        今回の展示では、荒浜の豪商だった江戸家の4代清吉氏(1884)が収集した資料「江戸清吉コレクション」の中から掛軸を中心に展示しています。
        これらは、東日本大震災後に荒浜地区で行った文化財レスキューで救出されたもので、それ以降、郷土資料館が中心となって整理・保存・修復を行っています。
        コレクションは作家や学者など著名人たちの掛軸、原稿、手紙、絵画など多岐にわたり、総点数は3,000点にものぼります。
        今回はその中から夏目漱石森鴎外、竹久夢二、坪内逍遥などの掛軸や扁額、絵画、短冊などの資料を公開するとともに、資料研究により新たに分かったことや修復作業についても紹介します。

秋田県

終了したイベントはまだありません。

福島県

終了したイベントはまだありません。

関東地方 Edit

東京都

  • 調布市武者小路実篤記念館
    〒182-0003 東京都調布市若葉町1−8−30
    • 企画展「自筆原稿から見えること」
      会期:2019年(平成31年)2月2日(土曜日)から3月10日(日曜日)
      • 概要
        当館は、実篤の原稿を300タイトル余り所蔵しています。これらの自筆原稿からは、作品が出版物として読者のもとに届くときには見ることのできない、様々な情報を読み取ることが出来ます。
        実篤の筆遣い、原稿用紙の種類、使っている文房具やインクの色はもちろん、当館に収蔵される以前から大切に保管されてきた様子がわかる資料もあります。
        当館所蔵の自筆原稿を一挙に展示するとともに、自筆原稿だからこそ伝わる作者の息遣いをご紹介します。
+ ひなまつり朗読会 「漱石そして結びついた人々」
+ 《通常展》テーマ展示「人と人を結びつける」ことば 寄贈・寄託資料から

神奈川県

終了したイベントはまだありません。

中部地方 Edit

新潟県

終了したイベントはまだありません。

山梨県

終了したイベントはまだありません。

石川県

終了したイベントはまだありません。

愛知県

  • 新美南吉記念館
    〒475-0966 愛知県半田市岩滑西町1-10-1
    • ペーパーアート教室
      日時 2019年3月2日(土) 13時30分〜15時30分
      場所 南吉記念館工作室
      対象 小学4年生以上(大人のみの参加も可)
      定員 15名(先着順)
      講師 榊原澄香
      持ち物 はさみ、ピンセット、木工用ボンド、鉛筆、カッター
      参加費 500円
      申込み 1月26日(土)9時30分から電話で受付け TEL. 0569-26-4888(新美南吉記念館)
      問合せ 新美南吉記念館まで
      • 概要
        南吉童話を題材にペーパーアート作品を制作されている榊原澄香さんを講師に、南吉の童話「げたにばける」を半立体のペーパーアートにして作ります。
  • 平成30年度新美南吉文学講座
    • 概要
      毎年開催している、全3回からなる文学講座です。
      3回全てに参加する必要はなく、好きな回にのみ申し込んでいただけます。
      題名内容開催日時など
      第1回 南吉の中学生日記を読む南吉の中学生時代の日記には、学生生活の様子や文学への思いがあふれています。
      企画展の内容をより掘り下げて、日記の特徴や楽しみ方をご紹介します。
      日時 2019年2月17日(土) 13時30分〜15時
      場所 南吉記念館会議室
      講師 南吉記念館学芸員受講料 無料

      申込み 1月27日(日)9時30分から電話で受付け
      TEL. 0569-26-4888(新美南吉記念館)
      第2回 南吉童話の光と闇 〜南吉が描こうとしたもの〜南吉童話には、孤独とエゴという人間についての二つの真実を知る体験が描かれています。
      そこにある闇と、誰でも美しく生きられる光について考えます。
      日時 2019年3月3日(日) 13時30分〜15時
      場所 南吉記念館会議室
      講師 南吉記念館学芸員
      受講料 無料
      申込み 2月9日(土)9時30分から電話で受付け
      TEL. 0569-26-4888(新美南吉記念館)
      第3回 南吉文学散歩 〜大野・小鈴谷・河和〜「おじいさんのランプ」の舞台になった大野。
      弟益吉が勤めた醸造会社がある小鈴谷。
      代用教員として「かりそめの仕合わせ」を味わった河和。
      知多半島の南吉ゆかりの地をバスで訪ねる文学散歩です。
      日時 2019年3月17日(日) 9時30分〜16時
      定員 33名(申込順)
      行程 海音寺→恩波楼→大野の古い町並み→盛田味の館(昼食・味噌蔵見学)→河和港→南吉が通勤で登った坂道→河和小学校
      ガイド 南吉記念館学芸員
      参加費 900円(昼食代込)
      申込み 2月9日(土)9時30分から電話で受付け
      TEL. 0569-26-4888(新美南吉記念館)
      備考 集合・解散場所は半田市役所職員駐車場です
  • 新城文化会館
    〒441-1381 愛知県新城市下川1-1
    • しんしろ文化財に親しむ会講座 〜新美南吉の俳句「鳳来寺山連作」とジオパーク〜
      日時 2019年2月2日(土) 13時30分〜15時
      場所 新城文化会館104会議室(〒441-1381 新城市字下川1-1)
      講師 鈴木真喜生(南吉研究家)
      参加費 資料代相当(「しんしろ文化財に親しむ会」会員以外の方)
      申込み 「しんしろ文化財に親しむ会」まで TEL. 0536-23-7656(火・木・金)
      • 概要
        南吉は奥三河地域とも関りのある作家です。
        この講座では、南吉と新城市との知られざる接点を探ります。
        ※会員向けの講座ですが、席に余裕があれば会員以外の方も聴講できます。
        詳細はチラシ(PDF)をご覧ください
        内容(予定)少年・南吉に自信を与えた東郷村大海の人々
        教師・南吉による「コノハズク」観察記録
        小説家・南吉による「田口線」乗車記録
        南吉と三河の山々、新城のジオパーク など
  • 安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ
    〒446-0032 愛知県安城市御幸本町12-1
    • 僕の夢の中で 〜新美南吉の青春と音楽〜
      日時 2019年2月24日(日) 14時開演(開場は13時30分)
      場所 アンフォーレ本館1階ホール(〒446-0032 安城市御幸本町12-1)
      曲目 「かやの木山」(北原白秋詞/山田耕筰曲)、「新しき土」より《青い空見りゃ》(北原白秋詞/山田耕筰曲)、「微笑」(C.ソヴァージュ詞/O.メシアン曲)、「影絵」(新美南吉詞/SEIGI曲)、「球根」(新美南吉詞/板倉ひろみ曲) ほか
      出演 大橋多美子(メゾ・ソプラノ)、加藤希央(ピアノ)
      料金 無料
      定員 先着順200名(中学生以上・全席自由席)
      申込み 1月18日(金)から安城市アンフォーレ課へ電話などで TEL. 0566-77-6066
      備考 詳細な情報はアンフォーレのホームページ
      • 概要
        南吉が聴いた山田耕筰の歌曲から、共に音楽を愛した友人への手紙の朗読によるステージ、そして今世紀に入り南吉の詩に付曲された作品まで、南吉にまつわる様々な歌をお届けします。
        「南吉と歌」に、新たな光をあてたプログラムです。

近畿地方 Edit

大阪府

京都府

終了したイベントはまだありません。

兵庫県

終了したイベントはまだありません。

三重県

終了したイベントはまだありません。

中国地方 Edit

山口県

終了したイベントはまだありません。

島根県

  • 森鴎外記念館
    島根県鹿足郡津和野町町田イ238
    • トウキョウ 〜鴎外の住まい 変遷とその時代〜
      会期:平成31年1月8日〜平成31年3月3日

四国地方 Edit

香川県

  • 菊池寛記念館
    〒760-0014 香川県高松市昭和町1丁目2番20号 サンクリスタル高松3階
    • ミニコレクション展・必見!文藝春秋の面白記事
      平成31年1月8日(火曜日)から2月17日(日曜日)
      ※月曜休館(月曜が祝日の場合は翌平日)
      場所:菊池寛記念館 研究閲覧室
      • 概要
        菊池寛は大正12年1月、『文藝春秋』を創刊しました。
        値段の安さと斬新な誌面が評判となり、創刊号はわずか3日で完売します。
        『文藝春秋』の人気の要因の一つが、豪華な執筆陣です。
        また、匿名のゴシップ、戯文、番付物など、文豪をネタにした笑える記事も多数掲載されました。
        本展では、現代でも通じる『文藝春秋』の面白記事を紹介します。
        ※展示は一部変更になる場合がございます。

愛媛県

終了したイベントはまだありません。

九州地方 Edit

鹿児島県

終了したイベントはまだありません。


TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-17 (日) 19:36:41