このエントリーをはてなブックマークに追加



基本情報 Edit

No.78名前レアリティ武器派閥
File not found: "徳田秋声1.jpg" at page "SandBox/キャラページ・イベント一覧提案"[添付]徳田秋声
(とくだしゅうせい)
無地尾崎一門
ステータス(初期値/最大値)
精神攻撃防御回避
やや不安定120/44797/35496/336
技術天才主題真実
48/16840/16040/16040/16048/168
代表作文学傾向
黴、縮図、あらくれ純文学
趣味嗜好
裁縫
人物紹介
「口うるさい鏡花がここにいないってだけで、本当に平和だよ」

努力家で誰よりも努力していることは確かだが、如何せん目立たず存在感が薄いことは否めない。
それを気にしているのか性格はひねくれ者であまのじゃく。
同郷の兄弟子である泉鏡花からも振り回されていた他、
師匠の尾崎紅葉にも一度入門を断られていたらしく、その苦労性は天性のもののようだ。
+ 全身画像 ※ネタバレ注意

回想 Edit

回想数[10/10] 17/10/31メンテナンス時点

+ クリックで回想一覧が開きます

手紙 Edit

17/8/17メンテナンス時点

+ クリックで手紙一覧が開きます ※ネタバレ注意

ボイス (CV:渡辺拓海) Edit

+ クリックでセリフ一覧が開きます

参加イベント Edit

+ イベント
+ 招魂研究・有魂書研究
+ 召装

ゲームにおいて Edit

  • プロローグ時点で入手する全員共通の1人目の文豪。
    ただし入手順でソートした場合は最初に選択した文豪が優先され、彼は2番目に入手した扱いとなる。

元ネタ Edit

  • 人物紹介の「師匠の尾崎紅葉にも一度入門を断られていたらしく、」について
    • 1892年4月、尾崎紅葉のもとを訪ねるが玄関番の泉鏡花に不在と告げられ、紅葉に原稿を郵送するも「柿も青いうちは鴉も突つき不申候(『かきもあおいうちはからすもつつきもうさずそうろう』<意味>果物の柿も熟れていない青いうちは、カラスでさえ食べようとしないものだ。利益の見込めないうちは見向きもされない)」と添え書きを付けられて送り返された。
      1895年6月、今度は鏡花に勧められ、紅葉のもとへ二度目の訪問をし、その時も一度不在を告げられたものの、漸く尾崎門下へ入門することが出来た。(出典「徳田秋声(シリーズ・人間図書館.作家の自伝:83)」)

コメントフォーム Edit

情報提供用 Edit

こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。
セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。
潜書結果については、こちらのページでは情報を募集していません。
特定文豪のみの単一報告なら入手報告板を、文豪全員の継続した潜書結果報告なら有魂書へどうぞ。
それ以外のコメントは、下の雑談用へ。


コメントはありません。 コメント/SandBox/キャラページ・イベント一覧提案?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします

雑談用 Edit

こちらは情報提供以外の雑談用です。
セリフ、ステータス、使用感等の情報提供は上のコメント欄へお願いします。
こちらの板は雑談板のルールを適用しております。投稿する前に、雑談板のルールをご確認ください。

+ コメント欄は折りたたんでおります

+ 雑談過去ログ一覧

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-28 (木) 10:18:10