基本情報 Edit

No.084名前
ランボ縦アイコン.jpgランボー
(アルチュール・ランボー)
誕生日派閥
10月20日フランス
レアリティ精神武器文学傾向
やや安定 / 弓詩歌
ステータス (初期値)
技術天才主題真実
5055454545
代表作
地獄の季節、イリュミナシオン
趣味嗜好
あてのない旅に出ること
人物紹介
「世界は地獄だ。でも、その地獄に彩りを与えるのが詩人なんだ」

無口で無表情なフランス生まれの少年詩人。放浪癖があり無断でいなくなることもしばしば。
詩集『悪の華』の世界で行き倒れているところをボードレールに拾ってもらって以来、
彼のことを兄貴と呼び慕っている。
普段は口数が多くないがそれは言葉に対してのこだわりがあまりに強いため
深く考え込んでしまうから、らしい。

ステータス参考値 Edit

攻撃/防御/回避
Lv1129/130/19
Lv60+開花38297/298/131
Lv60+開花38+指環50307/308/138

※詳細は文豪の初期値と強化方法参照

全身画像 Edit

+ ※ネタバレ注意

回想 Edit

回想数:04[有碍書:01 散策:00 食堂:00 誕生日:02 特別:01]

+ クリックで回想一覧が開きます

手紙 Edit

+ クリックで手紙一覧が開きます ※ネタバレ注意

ボイス (CV:小林千晃) Edit

+ クリックでセリフ一覧が開きます ※ネタバレ注意

参加イベント Edit

+ イベント
+ 召装

ゲームにおいて Edit

  • 2021年6月16日〜30日に開催されたイベント「異境秘録「悪の華」ヲ浄化セヨ」および「異境秘録有魂書キャンペーン」で、ボードレールと合わせて実装された。
  • 2022年10月7日に限定召装 文士達ノ謳歌録 神無月で指環が実装された。装備させると武器種が弓になる。
  • キャラクターデザインは旅人をイメージ。自身が「母音の色」として表した、「黒、白、赤、緑、青」の5色がポイントとして入っている。(公式ツイート ラフ画紹介より)
  • 左手首の包帯は、1873年の「ブリュッセル事件」で、ヴェルレーヌの発砲した弾丸がランボーの左手首に当たったことからと思われる。
  • ボードレールへの「兄貴」という呼び方は「放浪者たち」《Vagabonds》からか。

元ネタ Edit

Jean-Nicolas Arthur Rimbaud 1854年10月20日 - 1891年11月10日

  • フランスの詩人。15歳頃から詩を書き始め、16歳のときにソネット『母音』や『酔いどれ船』などの傑作を書き、早熟な天才、神童と称された。象徴主義の代表的詩人とされ、近代詩に大きな影響を与えた。
  • 少年期に家出を繰り返す。1871年、ヴェルレーヌに招かれてパリに出、2人でイギリス、ベルギーを放浪。
    1873年散文詩集『地獄の季節』 を自費出版。(だが出版費用の残金が支払われなかったために、そのほとんどが倉庫に眠り続け、公表されたのは1886年、作品が広く知られるようになったのはランボーの死後だった。)
    1875年、20歳のときに『イリュミナシオン』の原稿をヴェルレーヌに託す。その後ほどなく文学と決別、詩を放棄した。
    以後は世界各地を遍歴する旅行家または冒険家、そしてアフリカにおける交易商人の生活が始まる。その足跡はスカンジナビア、イタリア、ジャワ、エジプト、エチオピアに及び、その間さまざまな職業につき、最後はアフリカ奥地で隊商を率いて貿易に従事した。最期は病のためフランスに帰国し、全身癌腫で死去。享年37歳。
    (参考 フリー百科事典 ウィキペディア日本語版「アルチュール・ランボー」コトバンク 日本大百科全書(ニッポニカ)「ランボー」)
     
  • 台詞の元ネタについて
    + ネタバレ注意
  • 耗弱・喪失時の台詞について
    + ネタバレ注意
  • 指環装備時の台詞について
    + ネタバレ注意
  • 絶筆時の台詞について
    + ネタバレ注意
  • 回想の元ネタ・相手との関係について
    + ネタバレ注意

コメントフォーム Edit

情報提供用 Edit

こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。
セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。
それ以外のコメントは、下の雑談用へ。


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 手紙(一番右/中原から)
    中原中也より

    ランボー様

     ランボー、海を見に行かねえか
    打ち寄せる波を見ながら、日が暮れる
    まで詩の話がしてえ
    お前の言う、心の漂泊の旅ってやつを
    もっと教えてくれ

    中原中也
    -- 2021-06-18 (金) 17:11:44
  • 手紙(左から二番目/ラヴクラフトから)
    ラヴクラフトより

    ランボー様

    テガミ ウケトル ツマツタ
    ポー サマ ハイ ヘンジ スルノダ
    イウ ツマツタ

    ラヴクラフト
    -- 2021-06-18 (金) 17:13:38
  • 手紙(右2)ボードレール1
    「ランボー様
    キミは僕の予想通り、この図書館の人気者になっているようだね
    僕も言ったとおり、キミの詩は世界を映すみずみずしい水滴だ
    少しでも見識のある人間ならば、その価値を見抜くだろう
    ボードレール」
    -- 2021-06-18 (金) 22:38:24
  • 手紙(中央)ボードレール2
    「ランボー様
    キミの奔走のおかげで無事にお金が工面できた
    ついに例の浮世絵を手に入れられるよ
    真っ先にキミに見せたい
    旅から帰ってきたら僕の部屋を訪れたまえ、約束だよ
    ボードレール」
    -- 2021-06-18 (金) 22:40:47
  • 手紙(一番左、ルイス・キャロル)
    ランボー様

    人見知りの僕ですが、あなたと話すと不思議と言葉が出てきます、きっと他の人と違って気負うところがないからでしょうね
    これからも友達としてたくさんのことを話したいと思っています
    休日には中庭でお茶会をしています
    いつでも来て下さい

    ルイス・キャロル
    」 -- 2021-06-19 (土) 15:52:22
  • 筆殺奥義「その目、紫の光を放つ、物の終末
    母音」からの引用のようです。 -- 2021-06-27 (日) 14:51:30
  • 彼の左手首に包帯が巻いてあるのは、「ブリュッセル事件」が元ネタだと思います。

    ブリュッセルで、ポール・ヴェルレーヌが酔った勢いで拳銃を発砲。2発撃ったうちの1発が左手首に中ったが、致命傷にはならなかった(wikipediaより)。 -- 2021-07-01 (木) 21:54:13
  • 彼の耗弱、喪失時のセリフ「うぅ…船酔い」は、代表作の一つ「酔いどれ」 -- MIRAI 2021-08-10 (火) 22:33:38
  • 訂正追加です
    酔いどれ船が元かと思います -- MIRAI 2021-08-10 (火) 22:34:28
  • 秋「僕は出かけた。手をポケットに突っ込んで」 -- 2021-09-01 (水) 01:05:12
  • 冬「冬は彷徨う時。吹き付ける寒風が詩になる」 -- 2021-12-01 (水) 18:29:16
  • ランボーの指環装備は弓です。 -- 2022-10-08 (土) 13:59:14
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします

雑談用 Edit

こちらは情報提供以外の雑談用です。
セリフ、ステータス、使用感等の情報提供は上のコメント欄へお願いします。
こちらの板は雑談板のルールを適用しております。投稿する前に、雑談板のルールをご確認ください。

+ コメント欄は折りたたんでおります

+ 雑談過去ログ一覧

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-12 (土) 01:25:43