文豪ゆかりの地・終了済み期間限定イベントログページ Edit

文豪ゆかりの地の終了済み期間限定展示・イベント情報のログです。
過去にどのような展示・イベントが開催されたかの参考にどうぞ。
※一つの施設で複数回のイベントが開催されている場合、開催イベントごとに折り畳んで見やすくしています。

注意:このページは、開催・展示終了したイベント情報を掲載しています。
開催中・開催予定のイベント、会場の情報に関しては文豪ゆかりの地ページをご覧下さい。

過去ログ Edit

※年を跨いで開催している場合は、開催年月日を基準に収録しています。
例:2016年10月展示開催で2017年3月展示終了→2017年開催分のログに収録

+ クリックで過去ログ一覧を開く

北海道地方 Edit

+ 企画展「守分寿男全仕事 『幻の町』・小樽・小林多喜二」
+ 企画展「プロレタリア文化運動資料展」
+ 特別展示「出版100年 有島武郎『生れ出づる悩み』と画家・木田金次郎」
+ 平成31年度 函館市文学館企画展・石川啄木直筆資料展「啄木と外国語・外国語文学」

東北地方 Edit

青森県

+ 企画展「13人の書画展」
+ エクステンド常設展示「太宰治 改版・異装本の世界」

岩手県

+ 特別講座「石川啄木と小野清一郎」
+ 収蔵資料展「先人たちの最期」
+ ますむらひろし展 −アタゴオルと北斎と賢治と−
+ 啄木生誕記念 石川啄木記念館館長講演会「啄木と冨田小一郎」
+ 収蔵資料展「啄木と渋民尋常小学校」
+ 第11回企画展「啄木のうた〜柴田外男の世界〜」
+ 沢村澄子展――銀河鉄道の夜
  • 盛岡てがみ館
    〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目1-10 プラザおでって6階
+ 第58回企画展「盛岡中学黄金時代の人々」
  • 岩手大学
    〒020-8550 岩手県盛岡市上田3丁目18-8(設置場所:岩手大学内「百年記念館」)
+ 岩手大学宮澤賢治センター第105回定例研究会
+ 寓話「猫の事務所」
+ 特別展 童話〔祭の晩〕
+ 童話村の森ライトアップ2019

宮城県

+ こまつ座第126回公演・仙台文学館20周年記念事業「イーハトーボの劇列車

秋田県

+ 巡回展「矢来町のたからもの〜佐藤俊夫新潮社元会長旧蔵資料の輝き〜」

福島県

+ 企画展「久米正雄と中山義秀、そして東野辺薫」
+ 文学講座「宮沢賢治の文学世界〜「猫の事務所」をどう読むか〜」
+ 特別企画展 甦る文豪たち〜映像で見る久米正雄・芥川龍之介・菊池寛・徳田秋聲・武者小路実篤・佐藤春夫〜

関東地方 Edit

群馬県

+ 収蔵資料展「逸品−THE ONLY ONE−」
+ 収蔵資料展「『近代の小説』供櫺崑泙見た大正の文壇−」
+ 第105回企画展 みんなの「ごんぎつね」〜新美南吉からのメッセージ〜

東京都

+ 企画展「自筆原稿から見えること」
+ 春季展「鉛筆の表現」スケッチと水彩画を中心に
+ 春の特別展「実篤がみた女性たち」
+ 夏休み企画「おしえて!武者小路実篤」
+ 秋季展「版画を味わう」-周辺作家とコレクションから-
+ ひなまつり朗読会 「漱石そして結びついた人々」
+ 《特別展》漱石と鈴木三重吉 広島の加計正文との交流を軸に
+ 《通常展》テーマ展示 新収蔵資料展 漱石「「土」に就て」のメッセージ
+ 《通常展》テーマ展示 そうせきさんってどんな顔?
+ 文豪とアルケミスト×新宿区
+ 《特別展》救い出された文学コレクション‐亘理町・江戸家資料の世界‐
+ 講演会「芥川龍之介さんとわたし」
+ 田端文士村記念館 企画展「恋からはじまる物語〜作家たちの恋愛事情」〜
+ 北区飛鳥山博物館「明治*東京*名所」展のスピンオフ展示「明治*TABATA*名所 〜文士芸術家の暮らした田端」
+ 室生犀星・吉田三郎生誕130年記念企画展 竹馬の友・犀星と三郎 〜ふるさと金沢から田端へ
+ 企画展「芥川龍之介の生と死〜ぼんやりした、余りにぼんやりした不安〜」
+ コレクション展「少しも退屈と云(いう)ことを知らず 鴎外、小倉に暮らす」
+ 特別展「一葉、晶子、らいてう―鴎外と女性文学者たち」
+ コレクション展「文学とビール―鴎外と味わう麦酒(ビール)の話」
+ 横光利一展実行委員会主催「新世紀の横光利一」
+ 舞台裏から見る文学
+ 生誕110年 太宰治 創作の舞台裏
+ 生誕110年 太宰治 創作の舞台裏同時開催 川端康成の青春
+ 歿後50年 伊藤整展―チャタレイ裁判と『日本文壇史』―同時開催 川端康成の本
  • 杉並区立郷土博物館
    本館:〒168-0061 東京都杉並区大宮1丁目20-8
    分館:〒167-0032 東京都杉並区天沼3丁目23-1(天沼弁天池公園内)
+ 準常設展「杉並文学館」
+ 太宰治と今官一〜郷里から三鷹へ〜
+ 太宰治生誕110年特別展 辻音楽師の美学
+ 企画展「女人哀詞の時代」
+ アンティーク着物万華鏡 ー大正〜昭和の乙女に学ぶ着こなしー
  • 三鷹ネットワーク大学
    〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-24-3 三鷹駅前協同ビル3階
+ 太宰治生誕110年特別展 辻音楽師の美学 関連記念講演会「太宰史に刻まれた文豪との日々 ―佐藤春夫・川端康成・志賀直哉―」

神奈川県

+ 文学散歩「北鎌倉周辺」
+ 特別展「「坂口安吾」ができるまで」展
+ 特別展「中島敦展――魅せられた旅人の短い生涯」

千葉県

+ 白樺道標(しらかばみちしるべ) 白樺文学館 × アビシルベ

中部地方 Edit

新潟県

+ 「自筆原稿から読みとく」
+ 坂口安吾生誕祭113

長野県

+ 室生犀星生誕130年特別企画展「師弟を超えた交流 −室生犀星と堀辰雄−」
+ 2019年企画展「島崎藤村と小山敬三展」

山梨県

+ 開館30周年記念新収蔵品展 手書きのリズム
+ 開館30周年記念特設展「太宰治 生誕110年ー作家をめぐる物語ー」
+ 開館30周年記念企画展「宮沢賢治展 ようこそイーハトーブの世界へ」

静岡県

+ ミニ展示「YOKOHAMA〜ハーンの見た開港の町〜」
+ 焼津小泉八雲記念館 冬期常設展示2
+ 第22回小企画展示会イベント レクチャーコンサート「小泉八雲と日本の文豪」〜漱石・寅彦・芥川編〜
+ 第22回小企画展示会「小泉八雲と日本の文豪 〜芥川・朔太郎・春夫がとらえた”西洋から来た浦島”〜」
+ 第22回小企画展示会イベント レクチャーコンサート「小泉八雲と日本の文豪」

石川県

+ 五十歳だった−石川ゆかりの作家、五十歳の1年間
+ 企画展「鏡花幻妖アンソロジー 後期『榲桲(まるめろ)に目鼻のつく話』
+ 企画展「みんみい―泉鏡花が愛した少女―」
+ 泉鏡花記念館開館20周年記念特別展「鏡花をオクル―没後80年―」
+ 企画展 「旅する犀星〜京都・鎌倉編〜
+ 生誕130周年記念展「犀星発句道」
+ 四高と秋聲―文学修業予備行動―
+ 室生犀星生誕130年記念展「徳田さんと僕」
+ 「恋するいしかわ−恋の詩歌と物語」

福井県

+ 福井の春を描いた文学
+ 声優・赤羽根健治氏による朗読会&トークショー「中野重治の世界」

富山県

+ 【企画展】「宮沢賢治 童話への旅」

愛知県

+ 平成30年度新美南吉文学講座
+ 安城下宿80周年特別展 「日本丁抹と南吉の暮らし」
+ ごんの秋まつり
  • 新城文化会館
    〒441-1381 愛知県新城市下川1-1
    • しんしろ文化財に親しむ会講座 〜新美南吉の俳句「鳳来寺山連作」とジオパーク〜
      日時 2019年2月2日(土) 13時30分〜15時
      場所 新城文化会館104会議室(〒441-1381 新城市字下川1-1)
      講師 鈴木真喜生(南吉研究家)
      参加費 資料代相当(「しんしろ文化財に親しむ会」会員以外の方)
      申込み 「しんしろ文化財に親しむ会」まで TEL. 0536-23-7656(火・木・金)
      • 概要
        南吉は奥三河地域とも関りのある作家です。
        この講座では、南吉と新城市との知られざる接点を探ります。
        ※会員向けの講座ですが、席に余裕があれば会員以外の方も聴講できます。
        詳細はチラシ(PDF)をご覧ください
        内容(予定)少年・南吉に自信を与えた東郷村大海の人々
        教師・南吉による「コノハズク」観察記録
        小説家・南吉による「田口線」乗車記録
        南吉と三河の山々、新城のジオパーク など
  • 安城市中心市街地拠点施設アンフォーレ
    〒446-0032 愛知県安城市御幸本町12-1
    • 僕の夢の中で 〜新美南吉の青春と音楽〜
      日時 2019年2月24日(日) 14時開演(開場は13時30分)
      場所 アンフォーレ本館1階ホール(〒446-0032 安城市御幸本町12-1)
      曲目 「かやの木山」(北原白秋詞/山田耕筰曲)、「新しき土」より《青い空見りゃ》(北原白秋詞/山田耕筰曲)、「微笑」(C.ソヴァージュ詞/O.メシアン曲)、「影絵」(新美南吉詞/SEIGI曲)、「球根」(新美南吉詞/板倉ひろみ曲) ほか
      出演 大橋多美子(メゾ・ソプラノ)、加藤希央(ピアノ)
      料金 無料
      定員 先着順200名(中学生以上・全席自由席)
      申込み 1月18日(金)から安城市アンフォーレ課へ電話などで TEL. 0566-77-6066
      備考 詳細な情報はアンフォーレのホームページ
      • 概要
        南吉が聴いた山田耕筰の歌曲から、共に音楽を愛した友人への手紙の朗読によるステージ、そして今世紀に入り南吉の詩に付曲された作品まで、南吉にまつわる様々な歌をお届けします。
        「南吉と歌」に、新たな光をあてたプログラムです。

近畿地方 Edit

大阪府

+ テーマ展示「川端康成の恋」
+ 川端康成文学生誕120年記念特別企画展「ハンセン病にふれた川端康成」
+ 第34回文学講座(前期)「ハンセン病にふれた川端康成」
+ 映画「葬式の名人」関連展示

京都府

+ 講演「宮沢賢治と鉱物」

兵庫県

+ 2019年春の特別展 スキャンダル〜噂の文豪〜
+ 2019年夏の特別展 「歌人」谷崎潤一郎〜文豪の五七五七七〜
+ 【現地講座】 谷崎の愛した京の豪邸
+ 企画展示 句集のいろいろ-虚子句集を中心に-
+ 生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展

三重県

終了したイベントはまだありません。

中国地方 Edit

広島県

+ 企画展 『ごんぎつね』が語る昔のくらし

山口県

+ 特別企画展 富永太郎と中原中也
+ 開館25周年記念展 文学表現の可能性(前期)ムットーニからくり文学館

島根県

+ トウキョウ 〜鴎外の住まい 変遷とその時代〜
+ 森鴎外記念館文化講座「謚号、元号、即位式
+ 八雲が愛した日本の美 彫刻家-荒川亀斎と小泉八雲-
+ 「小泉八雲貴重資料展示」

岡山県

  • 閑谷学校資料館
    〒705-0036 岡山県備前市閑谷784
    • 正宗白鳥生誕140年記念企画展『白鳥の春ー備前・閑谷からの出発ー』
      開催期間:3月16日(日)〜5月19日(日)
      会  場:閑谷学校資料館企画展示室
      • ※文豪とアルケミストコラボ正宗白鳥等身大パネル展示あり

四国地方 Edit

香川県

  • 菊池寛記念館
    〒760-0014 香川県高松市昭和町1丁目2番20号 サンクリスタル高松3階
+ ミニコレクション展・必見!文藝春秋の面白記事
+ 文学の怖い絵展

愛媛県

終了したイベントはまだありません。

九州地方 Edit

福岡県

  • 箱崎商店街
    〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎
    • 第16回 ハコフェス 2019 〜放生会特別企画 ハコザキアートウィーク〜 夢野久作がいざなうドグラ・マグラな箱崎町めぐり(リンク先は福岡市公式シティガイドYOKANAVIの告知ページです)
      アクセス:JR鹿児島本線:箱崎駅
           地下鉄貝塚線:箱崎九大前駅・筥崎宮前駅
      開催期間:2019年9月12日(木曜日)〜18日(水曜日) ※時間は各店舗営業時間
      対象店舗:「夢Q」マーク店舗、九州大学総合研究博物館
      お問合せ:箱崎水族舘喫茶室 092-986-4134
      特  典:「夢Q」マーク店舗並びに施設で商品購入のレシート、イベント参加の半券を3枚集めて箱崎水族舘喫茶室に持って行くと「怪奇幻魔ップ」をプレゼント。
      • 概要
        日本探偵小説三大奇書に数えられる「ドグラ・マグラ」。
        著者、夢野久作(1889〜1936)は怪奇幻想、精神科学、エログロナンセンス作風で熱烈なファンを持ち、著書には箱崎がたくさん出てきます。
        100年前の箱崎の怪奇幻魔ゾーンをたぐる町めぐりをお楽しみください。
  • 北原白秋記念館
    〒832-0065 福岡県柳川市沖端町55-1
    • 北原白秋生家開館50周年記念 「水の構図」写真展
      開催期間:9月1日(日)〜11月30日(土)
      観覧時間:午前9時〜午後5時
      会  場:白秋記念館(柳川市立歴史民俗資料館)1階ロビー
      • 概要
        『水の構図』は白秋が世に送った遺書ともいえます。
        詩人・白秋は故郷柳川を愛し柳川に育まれ、日本の心を次々と詩に詠みあげました。
        カメラマンは白秋の童謡の門下生でもある田中善徳氏。
        昭和10年代の柳川地方の風物を白秋の香り高い詩に田中善徳氏が師の心を心とし愛情のレンズを通して水の豊かさとくらしの断面を卓越した技術で写し出しています。
        写真展をご覧いただき、白秋の詩情とその母体となった当時の柳川の自然美に接していただきたいと思います。
        ※開催期間中、ご来館の方には抽選により白秋著書の復刻本をプレゼントします。(限定100名様)
      • 展示内容
        水郷(すいきょう)柳河写真集『水の構図』より、掲載写真及び未発表写真のパネル展示。
        また掲載されている白秋の詩歌を添えます。

宮崎県

  • 牧水生家・牧水公園ふるさとの家
    若山牧水生家:〒883-0211 宮崎県日向市東郷町坪谷3
    牧水公園ふるさとの家:〒883-0211 宮崎県日向市東郷町坪谷1267
    • 第69回 牧水祭
      期  日:令和元年9月17日(火)
      会  場:牧水生家・牧水公園ふるさとの家
      • 概要
        近代短歌史に偉大な足跡を残した日向市東郷町出身の歌人「若山牧水」を顕彰し、牧水についての理解を深めるとともに、短歌文学の発展並びに生誕の地「宮崎県日向市東郷町」を全国に発信することを目的とする。
        プログラム
        第一部 歌碑祭
        9:30〜9:55
        歌碑前において短歌朗詠、献酒
        第二部 牧水を偲ぶ会
        10:15〜14:00
        ○牧水の歌斉唱(東郷学園児童)

        ○対談『牧水短歌の力動をよむ』
        話者:伊藤一彦氏(歌人・若山牧水記念文学館館長)
         中村佳文氏(宮崎大学教育学部教授、牧水研究会会員)

        ○懇談会(会費/1人あたり500円)

鹿児島県

  • 川内まごころ文学館
    〒895-0072 鹿児島県薩摩川内市中郷2丁目2番6号(川内駅から車で7分またはくるくるバス歴史資料館前)
    • トピック展示 里見の随筆「五代の民」−“皇統五代にわたる方々”との思い出−
      開催期間:平成31年3月19日(火)〜5月6日(月/祝)
      場  所:川内まごころ文学館 2階常設展示室
      開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
      休 館 日:月曜日*祝日の場合はその翌日
      入 館 料:大人 300円 小学生〜高校生 150円
           ※土日祝日は小学生〜高校生入館無料
      *ゴールデンウィーク無料開館 4/27(土)〜5/6(月/祝)はどなたでも無料で展示をご覧いただけます。
      • 概要
        作家里見が皇室ゆかりの人々との思い出を綴り、読売文学賞を受賞した「五代の民」を紹介します。

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-02 (月) 02:18:54