#shadowheader(1,異境秘録「シャーロック・ホームズ 最後の事件」ヲ浄化セヨ)

&attachref(イベント162_異境秘録「シャーロック・ホームズ 最後の事件」ヲ浄化セヨ/異境秘録「シャーロック・ホームズ最後の事件」ヲ浄化セヨ.jpg,70%);

#contents
*公式運営より [#mc13aa8c]

【開催期間】2019年09月20日 17:00から2019年&size(16){''10月03日 13:59''};まで

#region(&color(black){【概要画像】};)
&attachref(イベント162_異境秘録「シャーロック・ホームズ 最後の事件」ヲ浄化セヨ/異境秘録ノ手引キ.jpg);
#endregion

*情報まとめ [#y329ab3f]
-&size(16){''&color(red){【重要】};本イベントは[[「聖家族」>有碍書/「い」の段#i-4]]クリアが参加条件に設定されている。''};
-封蔵書「シャーロック・ホームズ 最後の事件」(第一章〜第四章)で構成される。
--一章につき五〜六節ほどで構成されており、各節のボスを倒すかそれによって開放される回想を入手することで次節に潜書できるようになる。
--[[江戸川乱歩]]、[[堀辰雄]]、[[ルイス・キャロル>ルイス・キャロル]]の三名は敵への与ダメージにプラス補正が入る。
--「シャーロック・ホームズ 最後の事件」は各最終節もしくは追録のボスを倒すと、次章に潜書できる。
--イベント終了後は有碍書とは別に常設され、各種進捗も引き継がれるが、封じの歯車は入手できなくなる。
回想と印章の入手はイベント終了後も可能。
-封じの歯車はイベントステージおよび期間限定研究「期間限定「ホームズ最後の事件」を踏破せよ」で回収可能。
--研究では1日500個獲得できる。イベント期間は13日間なので最大6500個獲得可能。
-ステージの中には「侵蝕度」というものが設定されている特殊ステージがある。
このステージで登場する特殊ボスを倒すと通常ステージに変化する。
--このボスは奇襲作戦系イベントに登場した作戦書ボスと違い、撃破後の再挑戦はできない。
//--一定値まで体力を削るとその回の戦闘ではそれ以上ダメージを与えられなくなる。
//つまり特殊ボスを倒すには複数回に分けて攻撃する必要がある。
//---一定値まで体力を削った後の再戦時に侵蝕ゲージと特殊ボスの体力ゲージがリセットされる。
//ここでリセットされているのは表示のみであり、残り体力自体は据え置きとなっている。
--''クリアボーナスの封じの歯車は特効装像の効果対象外。''
-イベント開催期間中、召装10回を回すと必ずついてくる装像「彷徨ウ擬態者-ホームズ」を装備して潜書すると、封じの歯車の獲得数が倍加する。
&color(red){&size(16){''【注意 1】装像を最大まで強化すると特攻効果が1枚につき2.5倍になります。''};};
&color(red){&size(16){''【注意 2】「ネコの手」「金のネコの手」は使用できません。''};};
//&color(red){&size(16){''【注意 3】今回の召装10回では「**-【文豪名】」は獲得できません。''};};
|>|>|~装像特効早見表|
|~会派で1枚装備|『封じの歯車』獲得数2倍|最大強化時2.5倍|
|~会派で2枚装備|『封じの歯車』獲得数3倍|最大強化時4倍|
|~会派で3枚装備|『封じの歯車』獲得数4倍|最大強化時5.5倍|
|~会派で4枚装備&br;(4人全員装備)|『封じの歯車』獲得数5倍|最大強化時7倍|
//--&color(red){&size(16){''前回開催時の特効装像「**-【文豪名】」でも歪な歯車の獲得数が倍加する。''};};
-封じの歯車の獲得個数によって回想やアイテムなどの報酬を受け取ることができる。
--報酬は一覧から手に入れたいものを選択し、記載された数の封じの歯車と交換する。
--イベント回想は初遷移時に発生するもの、浄化完了時に追加されるもの、戦闘開始時かボス撃破後に発生するものの計三種類。
---このうち初遷移時のものと二章三節・三章五節挑戦時に発生するものは図鑑に登録されない。
-封じの歯車は、次回開催時に繰り越しはできない。
-報酬受け取り期限と装像の特別効果は&color(red){&size(16){''10月03日13時59分''};};まで。
-イベント終了後、本イベントに参加していない場合は「[[不思議の国のアリス>イベント143_異境秘録「不思議の国のアリス」ヲ浄化セヨ]]」の特定のステージをクリアすることで「シャーロック・ホームズ 最後の事件」が解放される。

*封蔵書一覧 [#k9d37671]
**ホームズ最後の事件一 [#k4fca5f7]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|~難易度| &attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|~著者|>|(表記なし)|

#region(ステージ一覧)
#region(一章一節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A:30個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(一章二節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C:60個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(一章三節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C:66個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(一章四節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(red){想魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:102個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(一章五節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(一章六節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(一章七節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion
#endregion

**ホームズ最後の事件二 [#o1020642]
※開放時点では「????」表記。途中で本来のタイトル表記に変化する。
(二章二節クリア後に変化?要検証)
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|~著者|>|(表記なし)|

#region(ステージ一覧)
#region(二章一節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(red){想魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(二章二節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(二章三節)
※ミメシス=ホームズ撃破後は消滅
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A:100個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
|A|ミメシス=ホームズ|1500|||
#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion
#endregion

**ホームズ最後の事件三 [#a028f8e9]
※開放時点では「????」表記。三章一節クリア後に本来のタイトル表記に変化する。
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|~著者|>|(表記なし)|

#region(ステージ一覧)
#region(三章一節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(orange){語魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(三章二節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(三章三節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);|
|~入手可能な道具|&color(orange){語魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(三章四節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%,);|
|~入手可能な道具|&color(red){想魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(三章五節)
※ミメシス=ドイル撃破後は消滅
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_大.png,nolink,難易度_大,50%,);|
|~入手可能な道具|封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A:120個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
|A|ミメシス=ドイル|2500|||
#endregion
#endregion

#region(追録)
※三章五節クリア後に出現
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_大.png,nolink,難易度_大,50%,);|
|~入手可能な道具|&color(orange){語魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&br;&color(blue){文魂};(中)、&color(red){想魂};(中)、&color(orange){語魂};(中)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion
#endregion

**ホームズ最後の事件四 [#qa630c10]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|~難易度|&attachref(img/難易度_大.png,nolink,難易度_大,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|~著者|>|(表記なし)|

#region(ステージ一覧)
#region(四章一節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|
|~入手可能な道具|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&br;&color(blue){文魂};(中)、&color(red){想魂};(中)、&color(orange){語魂};(中)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(四章二節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_大.png,nolink,難易度_大,50%);|
|~入手可能な道具|&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&br;&color(blue){文魂};(中)、&color(red){想魂};(中)、&color(orange){語魂};(中)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion

#region(四章三節)
|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|~マップ|
|>|&attachref();|
|~難易度|&attachref(img/難易度_大.png,nolink,難易度_大,50%);|
|~入手可能な道具|&color(red){想魂};(小)、&color(blue){文魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&br;&color(blue){文魂};(中)、&color(red){想魂};(中)、&color(orange){語魂};(中)、封じの歯車|

-封じの歯車 獲得数
--A-B-C-D:70個
--A-B-E-F:90個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~歯車|
||||||

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
| | | | |
#endregion
#endregion
#endregion

*報酬一覧 [#s14054f2]

手に入れたい報酬を選択し、封じの歯車と交換することで報酬を手に入れることができる。

|~封じの歯車&br;回収数|~報酬(交換可能回数)| |~封じの歯車&br;回収数|~報酬(交換可能回数)| |~封じの歯車&br;回収数|~報酬(交換可能回数|
|150|文魂(小)×50(-)| |500|異彩ノ薬液(刃)×2(15)| |200|洋墨×400(10)|
|150|想魂(小)×50(-)| |500|異彩ノ薬液(銃)×2(15)| |200|食糧×400(10)|
|150|語魂(小)×50(-)| |500|異彩ノ薬液(弓)×2(15)| |800|金の栞×1(10)|
|250|文魂(中)×10(30)| |500|異彩ノ薬液(鞭)×2(15)| |500|金貨×100(5)|
|250|想魂(中)×10(30)| |750|異彩ノ秘薬(刃)×1(5)| |5000|金貨×1000(1)|
|250|語魂(中)×10(30)| |750|異彩ノ秘薬(銃)×1(5)| |5000|[[江戸川乱歩]]|
|600|文魂(大)×1(5)| |750|異彩ノ秘薬(弓)×1(5)| |5000|[[堀辰雄]]|
|600|想魂(大)×1(5)| |750|異彩ノ秘薬(鞭)×1(5)| |15000|探偵の弾痕|
|600|語魂(大)×1(5)| |8000|異彩ノ結晶×1(3)| | | |
|1500|魂ノ歯車×1(5)| |1500|召装石×300(1)| | | |

**報酬の回想内容 [#o3f3d8c7]
※「[[不思議の国のアリス>イベント143_異境秘録「不思議の国のアリス」ヲ浄化セヨ]]」同様、今回のシナリオは「物語」タブに収録されているので図鑑での閲覧の際は注意。
今回のシナリオはホームズ研究家の[[北原尚彦>https://twitter.com/naohikoKITAHARA]]氏による監修がされている。

#region(第一 〜 第十話)
#region(第一話 一章一節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|>|ミメシスを倒し、『不思議の国のアリス』の本から転生したルイス・キャロル。&br;しかし『不思議の国のアリス』はまだ侵蝕現象がおさまらなかった。&br;原因を探り、本を守るために再び本の世界へ向かったキャロルは&br;もう一体のミメシスに出会う。&br;無言の戦いの後、彼は別の世界へ逃走した……|
|~ |ミメシスを倒し、『不思議の国のアリス』の本から転生したルイス・キャロル。&br;しかし『不思議の国のアリス』はまだ侵蝕現象がおさまらなかった。&br;原因を探り、本を守るために再び本の世界へ向かったキャロルは&br;もう一体のミメシスに出会う。&br;無言の戦いの後、彼は別の世界へ逃走した……|
|~ルイス・キャロル|いったいどっちに……|
|~|…………………………いや、この先だ|
|~|ここはいったい……?|
|~|この世界は僕の知っている世界じゃない……全く別の場所だ|
#endregion
#endregion

#region(第二話 一章二節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ルイス・キャロル|まさか、あのミメシスがこの世界を消し去ってしまったんだろうか?|
|~|それじゃあ、ここは、もう忘れられてしまって……?|
|~|忘れ去られてしまった本は、作者はどうなるんだろう……?|
|~|考えていても仕方がない、落ち着けルイス・キャロル。&br;今は、あの男を探さなくちゃ|
#endregion
#endregion

#region(第三話 崩壊した世界)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~江戸川乱歩|館長! 大変なことになったと聞きました|
|~館長|ああ、封蔵書へ潜書したルイス・キャロルの気配が消えてしまったんだ|
|~堀辰雄|まさか……あの侵蝕者、ミメシスにやられてしまって……|
|~館長|そういうことでもないようだ&br;ミメシスと戦い、追跡しようとしたところで気配は唐突に消えた&br;我々も予測し得ない事に巻き込まれたと言えるだろう|
|~江戸川乱歩|我々が干渉できない別の世界に入り込んでしまったのかもしれませんね。別の本とか|
|~館長|封蔵書が別の本とつながっていた? そんなことがありえるというのか……|
|~堀辰雄|それなら、まだ希望はあります。僕たちが探しに行きますよ|
|~館長|ありがとう。だが、我々アルケミストは何が起きても助けられない、それが心配だ|
|~堀辰雄|いえ、僕たちは行きますよ。仲間の危機ですから|
|~江戸川乱歩|エエ、モチロン。ワタクシ、謎と聞けばどこへでも参ります|
|~館長|……頼んだぞ|
#endregion
#endregion

#region(第四章 一章三節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ルイス・キャロル|うう、この世界、広すぎだよ……いったいどこまで続いているんだ|
|~|……このままだと確実に迷うよね。出られなくなったらどうしよう|
|~|…………………………|
|~???|ま……君た……|
|~ルイス・キャロル|! 声が聞こえる!|
|~|あれは……!|
|~コナン・ドイル|慕ってくれるのはありがたいが、君たちの顔を見るのはもう飽き飽きだよ|
|~ルイス・キャロル|あの、助太刀します!|
#endregion
#endregion

#region(第五話 一章三節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ルイス・キャロル|大丈夫ですか?|
|~コナン・ドイル|ああ、助太刀には及ばなかったが、謹んで礼を言うよ、青年|
|~ルイス・キャロル|ああ、やっと話が通じる人と会えました……|
#endregion
#endregion

#region(第六話 一章四節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~コナン・ドイル|さて、急に現れてあの生き物たちを退けた君は何者だね? 私は君のような人間は「知らない」が|
|~ルイス・キャロル|あ、あの生き物は侵蝕者と言って、そして僕はあれを倒すために来て……うう、どこから話せばいいんだ|
|~コナン・ドイル|落ち着いて喋りたまえ|
|~ルイス・キャロル|えっと、僕、いつのまにかここに迷い込んでいて……も、もともとは別の世界にいたんですけど|
|~コナン・ドイル|ほう。君も私と同じような境遇にあるようだね|
|~ルイス・キャロル|あの、し、失礼ですけど、貴方は……|
|~コナン・ドイル|私はアーサー・コナン・ドイル、ロンドンで作家をしている者だよ|
|~ルイス・キャロル|あれ……でも作者の僕はここにいて、この世界は僕の知っている世界じゃない&br;ということは、僕はいつのまにか別の本の世界に紛れ込んだ?|
|~|……作家! 貴方がこの本の作者なんですね!&br;この世界と一緒に作家も消えてしまったんじゃないかと……ああ、会えて良かった|
|~コナン・ドイル|なるほど……君は私のファンか。だから不幸にもこの悪夢に囚われてしまった|
|~ルイス・キャロル|え? ファン?|
|~|そ、そうなんです。僕、先生の大ファンで、会えて嬉しいです|
|~コナン・ドイル|やれやれ、しつこい奴らだ。君、さっきのように片付けてくれたまえ|
#endregion
#endregion

#region(第七話 崩壊した世界 二)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~コナン・ドイル|君の事情はだいたいわかったよ|
|~ルイス・キャロル|え、そうですか……?|
|~コナン・ドイル|では次は私から質問だ。仮面の男を見なかったか?|
|~ルイス・キャロル|貴方も彼を知っているんですか? 実は僕も彼を追いかけていてここまできて……|
|~コナン・ドイル|ほう……ついに、獲物が飛び出したぞ!|
|~ルイス・キャロル|え……?|
|~コナン・ドイル|……いや、失礼。彼はどこにいった? なにか聞いたか?|
|~ルイス・キャロル|ええ、えっと……いえ、話そうとしたんですけど、見失って何も……|
|~コナン・ドイル|私は彼に重要な用事がある。この辺りにいたのならば、遠くへは行っていないはずだ|
|~ルイス・キャロル|ちょ、ちょっと、待って下さい! 僕もついていきます|
|~コナン・ドイル|……好きにするといい。君、名前は?|
|~ルイス・キャロル|ルイス・キャロル、といいます……|
|~コナン・ドイル|ルイス・キャロル? 奇妙な名前だ。本名かね?|
|~ルイス・キャロル|ええっと、本当はチャールズ・ドジソンといいます……でも僕は|
|~コナン・ドイル|ではドジソン君。私には為さねばならない重大な使命がある。ついてきたまえ|
|~ルイス・キャロル|は、はい……|
|~|うう、展開が急すぎて、話についていくのがやっとだよ……|
#endregion
#endregion

#region(第八話 一章五節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ルイス・キャロル|あの、ここは……|
|~コナン・ドイル|現実ではない。悪夢の世界だ|
|~ルイス・キャロル|ええ、全くもってその通りですね|
|~|ええと、コナン・ドイルさんは、ずっとここにいるんですか?|
|~コナン・ドイル|どのくらいか、それはわからない。私の時間感覚は全く働いてくれなくてね&br;ずっと前からさまよっている気もするが……|
|~ルイス・キャロル|え、こんなところに、ずっと……?|
|~コナン・ドイル|君の不安はもっともだよ、ドジソン君&br;だが安心したまえ、この世界から抜け出す方法には心当たりがある&br;君が持ってきてくれた手掛かりのおかげでね|
|~ルイス・キャロル|は、はあ……|
#endregion
#endregion

#region(第九話 一章六節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ルイス・キャロル|あの、その仮面の男に会ってどうするんですか?|
|~コナン・ドイル|……大した事件ではないよ。すまないが、私の身の上話をしている時間はない&br;今は目の前の事件に集中しよう|
|~ルイス・キャロル|すみません……|
#endregion
#endregion

#region(第十話 一章七節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ルイス・キャロル|ここは、ロンドン?|
|~|よかった……全ての世界が消えてしまったわけじゃなかったんだ&br;ここにはまだ概念が残されている……!|
|~コナン・ドイル|ああ。なぜだかわからないが、このロンドンは消えたり、現れたりするんだよ|
|~ルイス・キャロル|僕が生きた時代と同じだ……懐かしいな|
|~コナン・ドイル|懐かしい? 君は面白いことをいうんだな|
|~ルイス・キャロル|えっ、面白いですか?|
|~コナン・ドイル|ああ。こんな状況でなければ、ぜひ紅茶を飲みながら語り合いたいね|
|~ルイス・キャロル|はあ……ええと、先生のファンなので……嬉しいです|
#endregion
#endregion
#endregion

#region(第十一 〜 第二十話)
#region(第十一話 失われた物語 一)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|こ、ここは……|
|~江戸川乱歩|かつてないほどの荒廃具合ですね|
|~堀辰雄|なんにもありません……本当に本の世界なのでしょうか|
|~江戸川乱歩|ここまでの道のりと、かろうじて残った欠片から推測すると、そういうことかと|
|~堀辰雄|キャロルさんはどこにいるのでしょうか……|
|~江戸川乱歩|残念ながら、それについて推測できる材料はないですね&br;なんにせよ、急いだほうがいいでしょう|
|~堀辰雄|うう……無事でいてください、キャロルさん|
#endregion
#endregion

#region(第十二話 二章一節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|えっ、ここは……ロンドン?|
|~江戸川乱歩|ますます謎が深まりますね。なにか裏にトリックがあるはず……|
|~堀辰雄|よかった……乱歩さんのいうことが正しいみたいです。ここは全く違う本の世界ですね|
|~江戸川乱歩|侵蝕者がいることで逆に安心感を覚えるというのも奇妙な話です……さて、いつもの仕事をいたしましょう|
#endregion
#endregion

#region(第十三話 二章二節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|乱歩さん……やっぱりさっきの白い世界は、侵蝕者によって消された場所なんじゃ……|
|~江戸川乱歩|そうですね。ワタクシの見解ではこれは……おや|
|~堀辰雄|どうしたんですか、乱歩さん|
|~江戸川乱歩|あちらを見てください、堀さん|
|~堀辰雄|……ミ、ミメシス!|
|~???|先ほどの妖精くんに続いて、また来訪者か|
|~江戸川乱歩|アナタが、この世界を壊した犯人ですね? あのアリスの本のように|
|~堀辰雄|ぜ、全部消してしまったということですか……?|
|~???|…………………………|
#endregion
#endregion

#region(第十四章 二章二節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~???|なるほど、これがあの少女を救った力か……|
|~江戸川乱歩|追い詰めましたよ|
|~堀辰雄|逃がしはしませんよ!|
#endregion
#endregion

#region(第十五話 二章三節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~コナン・ドイル|このハエのように湧いてくる生物たちが侵蝕者というものなのかね?|
|~ルイス・キャロル|あの、実は僕たち、あの侵蝕者たちを……|
|~コナン・ドイル|しっ、なにか聞こえないか?|
|~ルイス・キャロル|……!|
|~コナン・ドイル|声が聞こえる……あちらだ!|
|~コナン・ドイル|見つけたぞ……!|
|~堀辰雄|あっ、向こうにいるのは……キャロルさん?|
|~???|っ、君たちに見つかるのは予想外だ……少々手荒な方法をとらせてもらおう|
|~ルイス・キャロル|やっぱり君はしゃべ……|
|~コナン・ドイル|近づくな、ドジソン君!|
|~ルイス・キャロル|うわあああっ!|
|~コナン・ドイル|くっ……!|
|~江戸川乱歩|消えた……!?|
|~堀辰雄|お二人をどこへやったんですか?|
|~???|…………………………|
|~堀辰雄|キャロルさんたちを、返してください……!|
#endregion
#endregion

#region(第十六話 二章三節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~???|……素晴らしい力だ、君たちならやってくれそうだね|
#endregion
#endregion

#region(第十七話 失われた物語 二)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ |ルイ………く……|
|~|……早く|
|~|起きるのよ、ルイス!|
|~ルイス・キャロル|う……ここは……|
|~|確か、僕はあの穴に吸い込まれて……&br;あの仮面の男がやったのか……|
|~|白い場所……また逆戻りだ|
|~コナン・ドイル|いやはや……彼を見くびっていたよ、我々をあんな風に追い出してくれるとはね|
|~|ドジソン君、怪我はないかね?|
|~ルイス・キャロル|コナン・ドイルさん……すみません、僕のせいで貴方まで巻き込んでしまって|
|~コナン・ドイル|いや、私のミスだよ。君がいなくとも、あの男は同じことをしただろう|
|~ルイス・キャロル|そうだ。結局、あの仮面の男は一体何なんだ……|
|~コナン・ドイル|知らなかったのかね?&br;彼こそが、私の作品の主人公、『シャーロック・ホームズ』だよ|
|~|私がかつて生み出してしまった、愛すべき名探偵……そしてこの悪夢の主だ|
#endregion
#endregion

#region(第十八話 失われた物語 三)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~コナン・ドイル|ところで、ホームズとともにいたのは、君の仲間か?|
|~ルイス・キャロル|はい、えっと……そうです|
|~コナン・ドイル|なるほど、ファンは君たちだけじゃなかったと。これは興味深い&br;であれば、君の仲間たちは彼を足止めしてくれているはずだ&br;あのような「飛び道具」は何度もつかえないだろう|
|~|心配することはないよ、もう一度会いに行こうじゃないか&br;今度こそ彼は歓迎してくれる|
|~ルイス・キャロル|…………………………|
|~|コナン・ドイルさん、聞いてください。本当のことをいいます|
|~|あの何もない世界を見ましたよね。たぶん、彼がやったんです|
|~|僕たちは、この世界を守りたくて、ここにいるんです&br;だから……彼がこの世界を崩壊させるつもりだとしたら、彼を他の侵蝕者と同様に、倒さなくちゃいけない|
|~コナン・ドイル|……ふっ|
|~|ははは! やはり奴は討ち果たすべき敵だった!|
|~ルイス・キャロル|え……?|
|~コナン・ドイル|ドジソン君、どうやら我々は大きな勘違いをしていたようだ|
|~ルイス・キャロル|……どういうことですか|
|~コナン・ドイル|お互い目的は同じだったということだよ|
|~|あの男のすることがわかった。であれば、今から向かうべき場所は自明だ|
|~ルイス・キャロル|コナン・ドイルさん……?|
|~コナン・ドイル|行こうか、ドジソン君。あの場所へ、悪夢を終わらせようじゃないか|
#endregion
#endregion

#region(第十九話 招待 一)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|キャロルさんを返してください!|
|~???|君たちと再会できるかどうかは、取引次第だな|
|~江戸川乱歩|おや、交渉するおつもりですか?|
|~???|そうだ、君たちに話がある。一時休戦を申し込みたいのだが|
|~|まず私は君たちの言うような侵蝕者ではない|
|~堀辰雄|それじゃどうして……|
|~???|いま彼らに邪魔をされると、我々の取引にとってよい展開にならないので退場してもらった&br;だが彼らは無事だということは保証しよう|
|~堀辰雄|ら、乱歩さん、どうしますか? 罠じゃないのでしょうか|
|~江戸川乱歩|さて、いかがいたしましょうか。とりあえずは、話を聞いてみるのもよろしいかと思いますよ&br;仮に罠だとしても、手がかりに背を向けるというのはワタクシのポリシーに反しますし|
|~|……それにアナタは、シャーロック・ホームズではないですか?|
|~堀辰雄|シャーロック・ホームズ!?|
|~ホームズ|いかにも、私がシャーロック・ホームズだ|
|~江戸川乱歩|田山さんに聞いていた通り、やはり登場人物の具現化現象が起こっていたようですね&br;いやはや、違和感があったのですよ、アナタがわざわざ正体を我々の前に晒していたので|
|~ホームズ|私のことを知っているなら話が早い。この世界の主人公である私が、知りうる限りのことを伝えよう|
|~堀辰雄|わ、わかりました……でも、まだあなたを信用したわけではありませんよ|
|~江戸川乱歩|……世界で唯一の「諮問探偵」に会えるとは。ぜひお話をお聞きしたいですね|
|~ホームズ|では取引成立だ。この先に私の住処がある、そこまでご同行願おう|
#endregion
#endregion

#region(第二十話 三章一節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|ようやくここがどこなのか理解しました&br;『シャーロック・ホームズ』の本の世界だったのですね|
|~ホームズ|ああ、ヴィクトリア朝ロンドンの世界へようこそ|
|~江戸川乱歩|まるで本物のロンドンですね……さすが世界的人気作といったところでしょうか|
|~堀辰雄|今まで見てきたどの本よりも、概念がくっきりしていて、まるで時間旅行してきたみたいです|
|~ホームズ|君たちには馴染みのない時代かな|
|~江戸川乱歩|我々は日本の図書館から来ましたので|
|~ホームズ|ああ、あの極東のね……知っているよ。かの国の格闘技は私も少しばかり嗜んでいるからね|
|~ホームズ|君たちの出番のようだ|
|~|私のバリツを炸裂させてもいいが、君たちの方が仕事が早いだろう|
#endregion
#endregion
#endregion

#region(第二十一 〜 第三十話)
#region(第二十一話 三章二節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|あなたは侵蝕者ではなくて、この世界に住んでいる人、なんですか?|
|~ホームズ|君たちにとって人、といえるかはわからないね。私は登場人物としての概念だ&br;この世界ではない、外の人々によって規定されている存在のようだからね|
|~|観測者がいることで存在できる。今の場合では君たちが観測者だ|
|~堀辰雄|司書さんたちは、この世界も概念だとおっしゃっていましたが……初めて聞きました|
|~江戸川乱歩|簡単な話です。読者に愛されれば、命が宿るということでしょう|
|~ホームズ|ありえないことを全て取り除けば、残った物がいかにありえなさそうでも、それが真実に違いない|
|~|数ある手がかりを総合すれば明らかになるのは一つの真実だ。解明しがいのある謎だったよ|
#endregion
#endregion

#region(第二十二話 三章三節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~江戸川乱歩|またこの場所にでましたか!|
|~堀辰雄|さっきまで、普通の世界だったのに……|
|~ホームズ|侵蝕者が現れた頃、この空白も生まれた。そこでは存在があやふやになってしまう|
|~|まるで空気がない宇宙のような場所だよ。あまり長居はできないね|
#endregion
#endregion

#region(第二十三話 三章四節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ホームズ|この場所を見た時、背筋が凍ったよ。世界が死んでしまった瞬間だからね|
|~|それだけでなく、その時から私自身の内面にも重大な何かが「欠けている」という自覚が生まれた&br;その「欠落感」が何を意味するかと考えた時に、「この世界が物語である」と結論づけたのだよ|
|~|彼が、ひいては君たちが、この世界の理から外れた者だということもね|
|~堀辰雄|ホームズさん……|
|~ホームズ|さあ、目的地についた。だが……|
|~ホームズ|やれやれ、しつこい奴らだ|
#endregion
#endregion

#region(第二十四話 招待 二)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|ここが、ホームズさんの住処?|
|~ホームズ|警戒する必要はない、入りたまえ|
|~ホームズ|ベイカーストリート221Bへようこそ、諸君|
|~江戸川乱歩|ここが……|
|~|ここが! あの! シャーロック・ホームズの部屋なんですね!|
|~堀辰雄|乱歩さん落ち着いてください|
|~ホームズ|さて、あまり時間がない。さっそく私の話を聞いてもらおうか|
|~|先に断わっておくが、今から話すことは私の調査と推理の結果だ&br;そしてワトスン君がいる時のように過程を解説するつもりはない|
|~堀辰雄|は、はい……|
|~ホームズ|先程も触れたが、私はここに存在する数多くの概念の一つだ|
|~|君たちの言う通り、読者が本を通してこの世界を味わう、その積み重ねによって私は存在することができる|
|~ホームズ|しかし、我々もこの世界と同様に、侵蝕者がもたらす負の感情の影響を受ける&br;そのせいで、先程も迷惑をかけてしまったね|
|~江戸川乱歩|やはり、侵蝕者の匂いがしたのは……|
|~堀辰雄|でも、どうしてあの時に?|
|~ホームズ|……それについて語る必要はないだろう|
|~|とにかく、私は何も破壊していない善良な登場人物の一人だということは理解してもらえたかね?|
|~江戸川乱歩|ええまあ、アナタが敵ではないということは、よく|
|~ホームズ|それは結構|
|~堀辰雄|……まだ大事なことを聞いていません。キャロルさんのことを|
|~江戸川乱歩|そうでした。なぜあのお二人にあんな仕打ちを?|
|~ホームズ|あの時は致し方なかったのだよ&br;とはいえ、それが君たちにしたい「依頼」と密接に関わり合っているんだ|
#endregion
#endregion

#region(第二十五話 招待 三)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~江戸川乱歩|かのシャーロック・ホームズが、我々に依頼ですか!!|
|~堀辰雄|落ち着いてください、乱歩さん……|
|~ホームズ|ああ、私は命の危機にあってね。とある人物に命を狙われているのだよ……|
|~江戸川乱歩|命を狙っているのは、ズバリ、ジェイムズ・モリアーティ教授ですね!|
|~ホームズ|いいや、少し話を聞いてくれないか|
|~|そうだな。そもそも君たち、ここの世界で我々が死ぬとどうなるかご存知かな?|
|~江戸川乱歩|いえ……そもそもホームズさんは物語上では、ライヘンバッハの滝で「死んでいる」のではないですか|
|~堀辰雄|どういうことですか?|
|~江戸川乱歩|彼は「最後の事件」という話で宿敵モリアーティと戦い&br;一緒にライヘンバッハの滝に落ちるという壮絶な最期を遂げるのですよ|
|~ホームズ|ああ、だが物語上の死とは関係ない&br;この作品世界での死は別の重要な意味を持つ。概念……つまり魂の消滅だ|
|~|物語も概念だが、我々の存在もまた概念だ。「存在が死ぬ」となると……|
|~堀辰雄|人物が消えてしまえば、物語が成立しなくなってしまいます!|
|~ホームズ|そう、そして問題は彼がなんとしてでも私を殺そうとしていることなのだよ|
|~江戸川乱歩|もしや、その人物とは――|
|~ |コンコン|
|~ホームズ|やれやれ、どうやら時間切れのようだ|
|~コナン・ドイル|やあ、お邪魔するよ|
|~|やはり君はここにいたんだね|
#endregion
#endregion

#region(第二十六話 三章五節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ホームズ|こんな見事なタイミングでよく来たな、コナン・ドイル"先生"|
|~|正式に挨拶するのは初めてかな。もっとも、その必要はないだろうがね|
|~コナン・ドイル|ようやく会えたな。ずっと君を探していたんだよ……勝手に動き回られては困る|
|~|君が全ての黒幕だろう? 私をこんな悪夢に閉じ込めるとは、姑息なやり方だ|
|~ホームズ|素晴らしい推理だ。拍手を送るべきかな|
|~江戸川乱歩|非常に悔しいのですが、ワタクシ話についていけていません|
|~堀辰雄|どういうことですか? 悪夢に閉じ込めるって……|
|~ホームズ|"先生"の言葉通りの意味だよ|
|~コナン・ドイル|私が「最後の事件」を書いたから、こんなことになったんだ&br;ならばもう一度、私の手で君を殺して、この悪夢を終わらせようではないか|
|~ホームズ|私としては、多少の穴はあるが、よくできた夢だと思うのだがね|
|~コナン・ドイル|私は君を殺したというのに、また私の前に立ちはだかる……|
|~ルイス・キャロル|はあっ、はあ……待ってください、コナン・ドイルさん!|
|~コナン・ドイル|私には君の事件簿などより、もっと書きたいものがあるのだよ|
|~|だから、もう一度滝壺に落としてやろう。シャーロック・ホームズ|
|~江戸川乱歩|これは……!!|
|~|さっきまで部屋にいたというのに……まるでライヘンバッハの滝です!|
|~ホームズ|まんまと閉じ込められてしまったな|
|~コナン・ドイル|これは身を守るための仕方のない殺人なのだよ。私が彼を殺さなければ、私が彼に殺される|
|~堀辰雄|このままだと皆さん仲良く水底深くに落ちてしまいますよ……!|
|~コナン・ドイル|私はこの悪夢から目覚めなければならないんだ|
|~ルイス・キャロル|貴方はこの作品と彼の世界を作ったのに、壊すつもりですか?|
|~コナン・ドイル|そうだ、彼を殺して書きたいものを書く|
|~ホームズ|残念ながら、感情に支配された人間に明晰な論理など通じないよ|
|~|つまり……|
|~|今の彼に何を言っても無駄、ということだ!|
#endregion
#endregion

#region(第二十七話 三章五節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ルイス・キャロル|コナン・ドイルさん……!|
|~ホームズ|死んでしまってはいないようだね。一安心だ|
|~|礼を言うよ諸君、期待した通りの結果だ。私の命は救われたようだよ|
#endregion
#endregion

#region(第二十八話 最後の事件 一)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~堀辰雄|世界が元に戻っていく……|
|~ホームズ|彼の感情も浄化されているようだ。目が覚めれば、先程よりは幾分マシな話し合いができるのではないかな|
|~ルイス・キャロル|よ、よかった……|
|~江戸川乱歩|いやはや、もうだめかと思いましたよ|
|~ホームズ|間に合ってよかったよ。率直に言って、かなり際どいところだったが|
|~江戸川乱歩|それは、コナン・ドイルさんが侵蝕者になってしまうところだった……という意味でしょうか|
|~ホームズ|そういうことだよ、この世界で負の感情を抱えたものが侵蝕者になるのであれば&br;彼も例外ではないのかと推測してね|
|~堀辰雄|あのひとは、「最後の事件」を書いたから、ホームズさんをライヘンバッハの滝に落としたせいで&br;こんな場所にいるんだって言ってました……|
|~江戸川乱歩|記憶が混乱しているみたいでしたね。まるで、ご自分がヴィクトリア朝ロンドンの時代にまだ生きているという口ぶりでした|
|~ルイス・キャロル|ごめん……僕が本当のことを伝えるべきだったんだけど、&br;彼が傷つくんじゃないかと思ったから、なかなか言えなくて……|
|~ホームズ|ふむ、彼がこの世界で目覚めたのは向こうで死んだからか|
|~堀辰雄|そ、そうですけど……面と向かって言われると困惑します。僕たちは転生したんです|
|~ホームズ|心霊主義者の"先生"が喜びそうな言葉だね。詳しく聞かせてもらおうか|
#endregion
#endregion

#region(第二十九話 最後の事件 二)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ホームズ|なるほど、やっと手がかりがそろったようだ&br;君たちがもたらしてくれた情報で、二つの推理が成り立つ|
|~江戸川乱歩|ほ、ホームズさんの推理……! ぜひとも、聞かせてください!|
|~ホームズ|まず、私が滝に落ちた「最後の事件」以降の物語があったはずなのに、存在しない&br;つまり、この物語の世界は一部が失われてしまっている|
|~|この空白は私が滝に落ちても死ななかったということを意味するが……|
|~堀辰雄|本来であれば、ドイルさんは作品を書き続けていたということですね|
|~ホームズ|その事実は重要だ。君たちは本の概念が消えてしまえば、それにつながる記憶も消えると言ったね|
|~|それは「最後の事件」以降の物語と同様に、我が作者の「最後の事件」以降の記憶も失われたことを意味する|
|~|彼にとっては、「最後の事件」を書きあげて私を滝壺に落としたばかりだったのだよ&br;その時、私はかなり恨まれていてね|
|~|だからこそ、目覚めたこの世界を悪夢と断じて、私を殺そうという発想が出てきたわけだ|
|~堀辰雄|やっとつながりました……そして彼は、あなたがこの悪夢を見せているから、&br;殺せば現実世界へ戻れると思っていたんですね|
|~ルイス・キャロル|……感情に囚われてしまえば、論理的な思考はできないよ|
|~ホームズ|ああ、ワトスン君が記録する価値もない、バカバカしい事件だよ|
#endregion
#endregion

#region(第三十話 最後の事件 三)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~コナン・ドイル|く……|
|~江戸川乱歩|コナン・ドイルさん……目が覚めましたか|
|~ホームズ|身構える必要はないよ、彼はもう「安全」だ|
|~コナン・ドイル|話は聞かせてもらったよ。どうやら、私は愚かな真似をしてしまったようだね|
|~ホームズ|コナン・ドイルさん、貴方には悪い知らせと良い知らせがある|
|~|まず、貴方はもう既に死んでいたということだ&br;だが貴方の望んだように、この世界から抜け出すことはできるようだよ|
|~堀辰雄|ちょっと、ホームズさん……!|
|~ホームズ|君たちの煮え切らない態度で伝えられるよりはいいだろう|
|~コナン・ドイル|ああ、ここは悪夢ではない……私は気づかないうちに無関係の人たちを傷つけてしまった、悪いことをしたね|
|~ホームズ|私にも一言謝罪が欲しいところだが……まあ、いいだろう。彼らは貴方に重要な話があるそうだ|
|~堀辰雄|コナン・ドイル先生には一緒に戦ってもらいたいんです|
|~|僕たちには文学を守るという使命があります。失ってしまったこのホームズの作品も取り戻したい&br;協力してくれますか?|
|~コナン・ドイル|もちろん、協力しよう|
|~|私の力が必要とされているのならば、私の使命を全うする。それが私のポリシーだ&br;私を駒として扱ってくれたものがいるならば、然るべき報復を与えなければならないからね|
|~江戸川乱歩|……話が早くて助かりますよ。&br;今がアナタにとって遠い未来だということを知って、驚かれたのではないですか?|
|~コナン・ドイル|私は見たもの、感じたものを信じる。私は新たな偉大な冒険に出てきたわけだ、驚くことはないよ|
|~堀辰雄|そ、そうですか……|
|~ルイス・キャロル|はあ、こんなことならもっと早く彼に事情を話しておけばよかったかな……|
|~ホームズ|それは難しかっただろう。彼は私と違って思い込みが激しく、感情に左右されやすい人間だからね|
|~ルイス・キャロル|うん……でも|
|~ホームズ|ああ、根は善良な人間だよ。それは君たちが今、目にしている通りだ&br;我が友ワトスン君と同じだね|
#endregion
#endregion
#endregion

#region(第三十一 〜 第三十七話)
#region(第三十一話  最後の事件 四)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ ||
|~江戸川乱歩|館長さんたちに連絡がつきました。なんとか戻れそうです|
|~ルイス・キャロル|よかった……戻ってこれて|
|~堀辰雄|えっと、ホームズさんは……|
|~ホームズ|私は概念の存在としてここで存在し続けるだけだ。心配には及ばない|
|~江戸川乱歩|さすがです、ワタクシたちの頭の中はお見通しのようで|
|~ホームズ|君たちの理論を適用する必要はない。私は観測者によって作り上げられた概念だ&br;創造主は被造物を愛さなければならない、という理論はないよ|
|~|人が神を崇めるのと同様に、逆はままあることだが……|
|~|もし再びここへ来ることがあるなら、221Bの扉を叩きたまえ&br;私はそこの椅子に座っているだろうから|
|~江戸川乱歩|はい、ぜひそうさせてください!|
|~堀辰雄|嬉しそうですね……|
|~江戸川乱歩|今の言葉がどれほど素晴らしい名誉かわからないとは……勿体ないとしか言いようがありませんよ、堀さん|
|~ホームズ|さて"先生"、貴方の望む別れですよ。私からも、さよならを言う権利はあるだろう|
|~コナン・ドイル|ああ、さよならだ&br;君と手を切れないということにはがっかりだが、新しい世界では君のことを考えずに済みそうだ|
|~ホームズ|その新たなる世界で、貴方の望む小説が書けることを祈るよ|
|~コナン・ドイル|……その暁には、シャーロック・ホームズの新作を考えてもいいかもしれないね|
#endregion
#endregion

#region(第三十二話 最後の事件 五)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ ||
|~江戸川乱歩|ホームズさん、もう一つの推理というのは!?&br;先ほどは推理が二つあるとおっしゃっていましたよね。ワタクシ、まだ一つしか聞いていません|
|~ホームズ|ああ、それはこの殺し合いを企画した者がいるということだ|
|~堀辰雄|えっ、ど、どういうことです?|
|~江戸川乱歩|なんと……事件を裏で操る黒幕がいたというのですか?|
|~ホームズ|ああ。その人物は、物語の概念と共に、我が作者の記憶を意図的に一部だけ消したのだ|
|~堀辰雄|えっと……ごめんなさい、説明してください|
|~ホームズ|私が滝から落ちた後の物語が奪われた&br;これは侵蝕者の仕業と見ていいだろう。だが、あの知能のない侵蝕者によるものではない&br;明らかに意志をもって行われたことだ|
|~|ではなぜ、侵蝕者……いや、侵蝕者を差し向けたものは、物語の一部だけ、&br;それも私が滝から落ちた後のものを消したのか?|
|~堀辰雄|ドイルさんたちの負の感情を煽って、殺し合うのが見たかったということ……?|
|~江戸川乱歩|モリアーティ教授を彷彿とさせるほどの悪趣味なトリックですねえ|
|~ホームズ|そこから推理できるのは、その人物は負の感情を操るものだということ&br;ただの悪趣味なのか、それとも別の目的があるのかは定かではないがね|
|~江戸川乱歩|スバラシイ! 見事な推理ですよ、ホームズさん|
|~ホームズ|初歩的なことだよ、乱歩君|
|~ルイス・キャロル|消えてしまった、失われてしまった物語を取り戻すことはできないのかな……|
|~ホームズ|それについて私から言えることはなにもない|
|~|世界の崩壊が不可逆なものであれば、我々は絶望するしかないが、&br;方法がないと断定されたわけではない。消した人物を突き止め、戻す方法を吐かせることだな|
|~|この世界に縛り付けられていなければ、私も協力したいところなのだがね|
|~ルイス・キャロル|…………………………|
|~江戸川乱歩|事件の背後に居る、侵蝕者を操る者……これは面白くなってきましたね|
#endregion
#endregion

#region(第三十三話)
#region(第三十三話 最後の事件 六)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ ||
|~館長|そうか、みな無事か……!&br;コナン・ドイルを見つけてくれたこと、そして、これ以上作品が失われずに済んだこと、よくやってくれた|
|~ルイス・キャロル|でも、物語は消えてしまっていた……|
|~館長|……それについては、我々も衝撃を受けている。そしてそれを画策したものがいるということも|
|~江戸川乱歩|侵蝕者についての手がかりを得たんです、それについては喜ぶべきかと思いますがね&br;この謎を解決できれば、我々は失われた文学を取り戻せるはず。前向きに行きましょう|
|~堀辰雄|乱歩さん、珍しくいいことを言いますね|
|~江戸川乱歩|ワタクシだってたまにはいいことを言いますよ|
|~ルイス・キャロル|……そうだ、ここで負けたら、侵蝕者たちの思う壺だよ|
|~館長|……気をつけて戻ってきてくれ、詳しい話はその後だ|
#endregion
#endregion

#region(第三十四話)
#region(第三十四話 四章一節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ ||
|~ルイス・キャロル|……ホームズさんはコナン・ドイルさんのことを尊敬していたみたいですね|
|~コナン・ドイル|当然だろう。彼は私であり、私は彼でもある|
|~ルイス・キャロル|それは……主人公には作者の自己投影が多少なりとも入るものだから、ですか|
|~コナン・ドイル|そのとおりだ、ドジソン君&br;ある意味において、私の半身だよ、彼は|
|~|だが彼は、あまりにも強固な概念になりすぎた&br;私の意思が及ばないほどに、存在が一人歩きしだした……|
|~ルイス・キャロル|……………………………………………………|
|~|あの、聞いてもいいですか。どうして、彼を殺そうと思ったのか|
|~コナン・ドイル|なに、つまらない話だよ……|
#endregion
#endregion

#region(第三十五話)
#region(第三十五話 四章二節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ ||
|~コナン・ドイル|即物的な成功がもたらすのはいいことばかりではない、特に、この私にとってはね|
|~|私にはホームズよりも書きたい小説があった。しかし、世間は許してくれない。私の母すらね|
|~|私は考えた。このまま意に沿わない作品を書き続ける人生なのか?|
|~|そこで決めたんだよ。彼が私を殺す前に、殺そうとね|
|~ルイス・キャロル|でも……読者は悲しむでしょう。ホームズの物語を楽しみにしていたのだから|
|~コナン・ドイル|では、彼のために人生を捧げろと?|
|~ルイス・キャロル|そういうわけでは…………|
|~コナン・ドイル|君にはないのかね? 周囲の期待に応えれば応えるほど本来の「わたし」とは離れていく|
|~ルイス・キャロル|……えっと、それは|
|~コナン・ドイル|作品は読者のものであるという考えは危険なものだよ、作家にとってはね|
|~ルイス・キャロル|……だから、「最後の事件」を書いてホームズを殺したわけですね|
|~コナン・ドイル|やはり、私を責めるかね?|
|~ルイス・キャロル|いいえ……貴方はホームズを描きたくなかった、その意思は誰にも否定できないと思います&br;貴方は自分の人生のための選択をした。ただそれだけのことだと……|
|~|そうホームズさんも言うと思います|
|~コナン・ドイル|……………………………………………………|
|~ | |
|~ルイス・キャロル|……あれは?|
|~|あそこに、何かある?|
#endregion
#endregion

#region(第三十六話)
#region(第三十六話 四章三節)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ ||
|~コナン・ドイル|これは……|
|~ |最終的に私は心の声に従うことを決めた。&br;もはや期待される人間である必要も、他人を喜ばせる必要もない&br;私の好きなように、望むように、自由に生きよう|
|~ルイス・キャロル|今のは……|
|~コナン・ドイル|……私の記憶だ。懐かしいな。あの時、小説家になろうと決めたんだよ&br;医者稼業など犬にでも食わせておけ、と|
|~|そして、海の向こうにも及ぶ広大な大英帝国の臣民の全てが歴史を学び&br;一体感を得られる素晴らしい小説を書こうと|
|~ルイス・キャロル|そ、壮大ですね……|
|~コナン・ドイル|それが小説家としての私が為すべき正義であり、叶えたい夢だ|
|~|……いや、だったというべきか|
|~ルイス・キャロル|叶いますよ、今からでも|
|~コナン・ドイル|……そうならいいが|
|~ルイス・キャロル|僕は今やっと、貴方のことが理解できた気がします、コナン・ドイルさん|
|~コナン・ドイル|私は君のことを知らないが……そうだな、これからよろしく頼むよドジソン君|
#endregion
#endregion

#region(第三十七話)
#region(第三十七話 最後の事件 終)
#region(''&color(Red){ネタバレ注意};'')
|>|~内容|
|LEFT:|LEFT:|c
|~ ||
|~江戸川乱歩|……というお話でした|
|~館長|ああ、君たちが無事で良かった。心配したよ|
|~|コナン・ドイルが仲間になったことも非常に心強い限りだ&br;敵対したと聞いたときは焦ったが……|
|~コナン・ドイル|それについては触れないでくれ&br;騎士たらんとする者として、正義の一翼を担う責務を負おうとする者として慚愧に堪えない|
|~江戸川乱歩|気に病む必要はございませんよ、コナン・ドイルさん!&br;それより、先程おっしゃっていたシャーロック・ホームズの新作ですが……|
|~堀辰雄|乱歩さん、その話は後で!|
|~江戸川乱歩|エエ……すみません、堀さん|
|~堀辰雄|あの、侵蝕者を操る者がいると……|
|~館長|……それは、すべて政府に伝えたうえで、調査しておく。概念が消えた本についても同様だ&br;これは我々だけでは手に負えない……おそらくあのファウストにもおのずと伝わるだろう|
|~堀辰雄|今までの侵蝕現象の意味合いすら変わってきます&br;本当にそんな人がいるなら、すごく強いアルケミストなのかも……心して挑まねばなりません|
|~館長|ああ、我々は既に行われてしまった書物の破壊を知りえないという、不利な立場にいる&br;これからの戦いは、厳しいものになるな|
|~コナン・ドイル|いずれにせよ、正義の鉄槌をくださねばならない……そうだろう?|
|~館長|ああ……ひとまず、みな今日は休んでくれ&br;今後のことは、また改めて話そう|
#endregion
#endregion
#endregion

*コメントフォーム [#zd405ef7]
#pcomment(,reply,20)

TIME:"2019-09-25 (水) 14:20:59" REFERER:"https://bungo.wikiru.jp/index.php"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS