#shadowheader(1,復刻特別要請「当世書生気質」ヲ浄化セヨ)
&attachref(./170906_eventpopup_01.jpg,70%);
#contents
*公式運営より [#mc13aa8c]

【開催期間】2018年9月1日 00:00から2018年&size(16){''9月28日 13:59''};まで

#region(&color(black){【概要画像】};)
&attachref(img_overview.png);
#endregion
*情報まとめ [#y329ab3f]
-報酬の受取は&color(RED){&size(16){''9/28(金)13:59''};};まで。

-&color(blue){''ステージ構成''};
--6ステージ構成で、各章のボスを倒すと、次の章に潜書できる。
「三」と「六」は潜書の際、[[夏目漱石]]・[[森鴎外]]・[[正岡子規]]を入れるとボスへ到達しやすくなる。
|>|>|~入手できる文豪|h
|~ステージドロップ|当世書生気質 一・四|[[正岡子規]]|
|~|当世書生気質 二・五|[[森鴎外]]|
|~|当世書生気質 三|''[[幸田露伴]]''・[[夏目漱石]]|
|~|当世書生気質 六|''[[徳永直]]''・[[夏目漱石]]|
-&color(blue){''回想''};
--導入の会話を含め、イベント回想は全部で12個。
復刻イベントなので回想はフルボイス化され、前回開催時は回想図鑑に収録されなかった導入部も収録される。
回想は一つ前の回想を獲得していることで獲得が可能になる。
回想「邂逅」は坪内逍遥の転生後に「報酬一覧」の「回想」から手動で受け取る必要がある。

#shadowheader(2,「歪な歯車」入手方法)
-&color(blue){''潜書による入手''};
--イベント限定アイテム「ネコの手」を使用することで潜書中の獲得ポイントが2倍、「金のネコの手」では3倍のポイントを獲得できる(効果は潜書10回分)。
--「ネコの手」「金のネコの手」は、次回のイベントに繰り越しできる。
--歪な歯車は、次回のイベントに繰り越しできない。
--特別要請・復刻特別要請は、キーパーソンになっている文豪の装像を着けても入手できる「歪な歯車」の数は加算されない。
-&color(blue){''毎日研究による入手''};
--最奥部の敵に1回勝利することで一日に500個の歯車が入手できる。
研究報酬を毎日受け取れば最大14500個の歯車が入手可能。
---内訳
9月1日0:00に「復刻特別要請「当世書生気質」ヲ浄化セヨ」を開き導入部の回想登録終了後に1回目の「研究」が追加。
9月1日5:00の研究リセット以降に2回目の潜書をすれば、9月1日分は合計で1000個獲得可能となる。
---坪内逍遥を目標とした場合は1日1000個、毎日研究分を漏らさなかった場合は1日500個回収が1日あたりの目標値。
---内装入手を目標とした場合は1日1500個、毎日研究分を漏らさなかった場合は1日1000個回収が1日あたりの目標値。

-&color(blue){''完走を目標とした場合の目標獲得pt数''};
|~目標|~1日あたりのおよそ獲得pt|~研究分を除いた1日あたりのおよそ獲得pt|
|~坪内逍遥|1000pt|500pt|
|~内装:アトリエの床|1500pt|1000pt|
|~3人の衣装|740pt|540pt|

*有碍書一覧 [#k9d37671]

**当世書生気質 一 [#k4fca5f7]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|>|>|>|~マップ|
|>|>|>|>|&attachref(map1.jpg,nolink,当世書生気質 第一章);|
|~難易度| &attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);|~著者|>|坪内逍遥|
|~入手可能な道具|>|>|>|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)|

-歪な歯車 獲得数
--A-B-C-D:50個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~備考|
|A|不調の獣_壹号|120|124||
|~|不調の獣_零号|100|~|~|
|~|不調の獣_壹号|120|~|~|
|C|伝わらぬ洋墨_零号|100|92||
|~|伝わらぬ洋墨_壹号|120|~|~|
|~|伝わらぬ洋墨_零号|100|~|~|
|&color(red){''D&br;ボス''};|炎上する嫉妬心_零号|120|80||
|~|炎上する嫉妬心_零号|120|~|~|

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
|B|文魂(小)| | |

#endregion

**当世書生気質 二 [#k4fca5f7]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|>|>|>|~マップ|
|>|>|>|>|&attachref(map2.jpg,nolink,当世書生気質 第二章);|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%); |~著者|>|坪内逍遥|
|~入手可能な道具|>|>|>|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&color(orange){語魂};(中)|

-歪な歯車 獲得数
--A-B-C-D(上):69個
--A-B-C-E(ボス):81個
--A-B-C-F(下):69個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~備考|
|A|炎上する嫉妬心_零号|120|92||
|~|炎上する嫉妬心_壹号|150|~|~|
|~|炎上する嫉妬心_零号|120|~|~|
|C|不調の獣_壹号|120|104||
|~|不調の獣_壹号|120|~|~|
|D|||||
||||||
|&color(red){''E&br;ボス''};|炎上する嫉妬心_壹号|300|156||
|F|排除する嫉妬心_壹号|150|300||
|~|排除する嫉妬心_壹号|150|~|~|
|~|排除する嫉妬心_壹号|150|~|~|

#endregion
#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
|B|語魂(小)| | |

#endregion

**当世書生気質 三 [#k4fca5f7]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|>|>|>|~マップ|
|>|>|>|>|&attachref(map3.jpg,nolink,当世書生気質 第三章);|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%); |~著者|>|坪内逍遥|
|~入手可能な道具|>|>|>|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&color(blue){文魂};(中)、&color(red){想魂};(中)|

-歪な歯車 獲得数
--A-B-C-D-E(上):100個
--A-B-C-F-G(ボス):140個
--A-B-C-H-I(下):100個

-有碍書のヒント
--夏目漱石・正岡子規を会派に入れていると
道に逸れず直進するようだ

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~備考|
|A|伝わらぬ洋墨_壹号|120|124||
|~|伝わらぬ洋墨_零号|100|~|~|
|~|伝わらぬ洋墨_壹号|120|~|~|
|B|排除する嫉妬心_零号|120|104||
|~|排除する嫉妬心_零号|120|~|~|
|C|伝わらぬ洋墨_壹号|120|156||
|~|伝わらぬ洋墨_壹号|120|~|~|
|~|伝わらぬ洋墨_壹号|120|~|~|
|E|伝わらぬ洋墨_貳号|150|300||
|~|伝わらぬ洋墨_貳号|150|~|~|
|~|伝わらぬ洋墨_貳号|150|~|~|
|F|排除する嫉妬心_零号|120|52||
|&color(red){''G&br;ボス''};|模倣の者|350|222||
|I|纏まらぬ洋墨_壹号|30|200||
|~|纏まらぬ洋墨_壹号|30|~|~|
#endregion
#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
|D|想魂(小)| | |
|H|文魂(小)| | |

#endregion

**当世書生気質 四 [#k4fca5f7]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|>|>|>|~マップ|
|>|>|>|>|&attachref(map4.jpg,nolink,当世書生気質 第四章);|
|~難易度| &attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%); |~著者|>|坪内逍遥|
|~入手可能な道具|>|>|>|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&color(orange){語魂};(中)|

-歪な歯車 獲得数
--A-B-C-D(ボス):56個
--A-B-E-F(下):42個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値の数値・歯車は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~備考|
|A|炎上する嫉妬心_零号|120|72| |
|~|炎上する嫉妬心_壹号|150|~|~|
|C|炎上する嫉妬心_壹号|150|52| |
|&color(red){''D&br;ボス''};|不調の獣_零号|100|140| |
|~|排除する嫉妬心_壹号|150|~|~|
|~|不調の獣_零号|100|~|~|
|E| | | | |
|F| | | | |

#endregion
#region(獲得アイテム)

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
|B|文魂(小)| | |

#endregion

**当世書生気質 五 [#k4fca5f7]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|>|>|>|~マップ|
|>|>|>|>|&attachref(map5.jpg,nolink,当世書生気質 第五章);|
|~難易度|&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%);&attachref(img/難易度_小.png,nolink,難易度_小,50%); |~著者|>|坪内逍遥|
|~入手可能な道具|>|>|>|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)|

-歪な歯車 獲得数
--A-B-C-D(上):75個
--A-B-C-E(ボス):90個
--A-B-C-F(下):75個

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~備考|
|A|伝わらぬ洋墨_壹号|120|156||
|~|伝わらぬ洋墨_壹号|120|~|~|
|~|伝わらぬ洋墨_壹号|120|~|~|
|B|纏まらぬ洋墨_壹号|30|200||
|~|纏まらぬ洋墨_壹号|30|~|~|
|D| | | | |
|&color(red){''E&br;ボス''};|炎上する嫉妬心_貳号|180|100| |
|F|纏まらぬ洋墨_貳号|40|180| |

#endregion

#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
|C|想魂(小)| | |

#endregion

**当世書生気質 六 [#k4fca5f7]
|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|CENTER:100|c
|>|>|>|>|~マップ|
|>|>|>|>|&attachref(map6.jpg,nolink,当世書生気質 第六章);|
|~難易度|&attachref(img/難易度_大.png,nolink,難易度_大,50%); |~著者|>|坪内逍遥|
|~入手可能な道具|>|>|>|&color(blue){文魂};(小)、&color(red){想魂};(小)、&color(orange){語魂};(小)、&color(blue){文魂};(中)、&color(red){想魂};(中)、&color(orange){語魂};(中)|

-歪な歯車 獲得数
--A-B-C-D-E(上):120個
--A-B-C-F-G-H(ボス):170個
--A-B-C-I-J(下):120個

-有碍書のヒント
--夏目漱石・森鴎外を会派に入れていると
 道に逸れず直進するようだ

#region(侵蝕者・経験値)

&color(red){''※ここでの経験値・歯車の数値は全ての侵蝕者を倒した際の数値を表記しています''};

|CENTER:|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~出現&br;場所|~[[出現侵蝕者>敵一覧]]|~体力|~経験値|~備考|
|A|不調の獣_壹号|120|152| |
|~|不調の獣_貳号|150|~|~|
|B|伝わらぬ洋墨_貳号|150|200| |
|~|伝わらぬ洋墨_貳号|150|~|~|
|D|纏まらぬ洋墨_壹号|40|200| |
|~|纏まらぬ洋墨_壹号|40|~|~|
|E|纏まらぬ洋墨_貳号|50|180| |
|F|不調の獣_零号|100|220| |
|~|不調の獣_参号|200|~|~|
|~|不調の獣_零号|100|~|~|
|G|炎上する嫉妬心_壹号|150|156||
|~|炎上する嫉妬心_壹号|150|~|~|
|~|炎上する嫉妬心_壹号|150|~|~|
|&color(red){''H&br;ボス''};|絶不調の獣使い|450|460| |
|I|排除する嫉妬心_零号|120|156| |
|~|排除する嫉妬心_零号|120|~|~|
|~|排除する嫉妬心_零号|120|~|~|
|J|不調の獣_貳号|150|380| |
|~|不調の獣_参号|200|~|~|
|~|不調の獣_貳号|150|~|~|

#endregion
#region(獲得アイテム)
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|100|c
|~獲得&br;場所|~アイテム名|~数量|~備考|
|C|語魂(小)| | |

#endregion

*報酬一覧 [#s14054f2]
※28,000個報酬を受け取り後は「歪な歯車」を2000個回収する毎に文魂(中)×15→語魂(中)×15→想魂(中)×15をループで受け取れる。
※衣装を既に入手している場合は、金貨x700と魂ノ歯車x3を受け取れる。
|~歪な歯車&br;回収数|~報酬| |~歪な歯車&br;回収数|~報酬| |~歪な歯車&br;回収数|~報酬| |~歪な歯車&br;回収数|~報酬|
|100|文魂(小)×50|~|2000|銀の栞×1|~|4800|金貨×250|~|13000|金貨×300|
|250|語魂(小)×50|~|2250|語魂(小)×100|~|5200|魂ノ歯車×1|~|&color(red){14000};|&color(#ff0000){森鴎外・衣装};|
|400|想魂(小)×50|~|2500|洋墨×200|~|5600|想魂(中)×20|~|16000|魂ノ歯車×1|
|550|金貨×50|~|2750|調速機×3|~|6000|文魂(中)×20|~|18000|金貨×500|
|700|洋墨×150|~|3000|金貨×200|~|&color(#ff0000){7000};|&color(#ff0000){正岡子規・衣装};|~|&color(red){20000};|&color(#ff0000){夏目漱石・衣装};|
|850|食糧×150|~|3300|食糧×200|~|8000|語魂(中)×30|~|22000|文魂(大)×3|
|1000|調速機×3|~|3600|文魂(中)×20|~|9000|洋墨×300|~|24000|語魂(大)×3|
|1250|文魂(小)×100|~|3900|洋墨×300|~|10000|精錬ノ霊薬×2|~|26000|想魂(大)×3|
|1500|想魂(小)×100|~|4200|語魂(中)×20|~|11000|想魂(中)×30|~|&color(red){28000};|&color(#ff0000){坪内逍遥};|
|1750|金貨×100| |4500|食糧×300| |12000|洋墨×300| |&color(red){40000};|&color(red){内装:アトリエの床};|

**報酬の回想内容 [#o3f3d8c7]

#region(当世書生気質 導入)

|>|~内容|
|~ネコ|来たか。再び例の歯車による侵蝕が始まった&br;もう分かっているとは思うが、文豪たちにはこの「歪な歯車」を集めてもらうことになる|
|~館長|『当世書生気質』は文学において最も重要な本の一つだ&br;この本が侵蝕されてしまえば、その影響は計り知れないぞ……|
|~ネコ|残念だが、事態は我々の想定を超えたものになりつつあるようだ|
|~館長|この歯車が意図的に作られたものか、そうでないのかもわかっていない&br;それなのに、敵は強大になるばかりだ|
|~ネコ|言いにくいことだが、このまま大量の歯車を持つ侵蝕者が現れつづけるならば&br;これまで抑えられていた文学書の消失が再び起こる日も近いかもしれニャイな|
|~館長|くっ、厳しい戦いだな……せめてこの歯車の正体がわかれば……|
|~ネコ|それについてだが、歯車についてわかったことがある、後で改めて話したい|

#endregion

#region(ネコの報告 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region(ネコ、館長)
|>|~内容|
|~館長|それで、何かわかったのか?|
|~ネコ|ああ、この歪な歯車だが、得られる有碍書ごとに種類が異なるようだ&br;今回のものも違う力が込められているだろう|
|~館長|同じ負の感情でも、違う感情を刺激するということか?|
|~ネコ|わからん、今の技術ではこれ以上の分析は困難だと言える。しかし、我々は仮説を立てた|
|~館長|仮説だと?|
|~ネコ|歪な歯車がもたらす感情と侵蝕者の暴走に関連があるのであれば&br;侵蝕者が向かった文学書に手がかりがあるはずだ。今回の場合は『当世書生気質だな』|
|~館長|確かに、侵蝕者が特定の有碍書に惹かれるのには理由があるはずだ&br;書物の背景がわかれば、歪な歯車がもたらす感情の正体に近づくことができるかもしれないな|
|~ネコ|だからお前たちにはこの本の詳細な情報をまとめておいて欲しい。吾輩も直接文豪に聞くつもりだが|
|~館長|なるほど、珍しく働いてくれるようだな|
|~ネコ|ふん……約束したからな|
|~館長|今はどんな手がかりでも欲しい、二人とも頼むぞ|

#endregion
#endregion

#region(当世書生気質 一章 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region(正岡子規、ネコ)
|>|~内容|
|~正岡子規|やあやあ、ネコさんよ、ここまでついてきたんだな。まだ名前はないのか?|
|~ネコ|……ここの書物について確認したいことがいくつかある&br;なんなのだこの世界は。随分古い書物のようだが……|
|~正岡子規|お、その説明は俺に任せろ!この本は俺が学生だった頃に雑誌に連載されてたんだ&br;当時の学生みんな、この『当世書生気質』を楽しみにしてたわけ|
|~ネコ|お前が学生ということは相当昔だな。そんなに人気だったのか|
|~正岡子規|なんせ俺たちの素の生活がそのままストーリー仕立ての小説になってたからな&br;留年の危機に死ぬほど勉強したり、親の仕送りが途絶えてアルバイト三昧になったり……|
|~ネコ|ふむ。館長のやつはそんな大衆的な書物を重要視しているのか……|
|~正岡子規|そう思うだろ?その理由は、この大衆的な書物が一番最初の文学だからなんだ|
|~ネコ|最初の文学?|
|~正岡子規|あの人は「芸術性の高い小説」というものに「文学」という名前を初めて付けた&br;この『当世書生気質』はその最初の作品ってわけなんだよ|
|~ネコ|ふむ、名前は大事だ。名を与えることで初めて人と共有できるものになるからな|
|~正岡子規|あ、名前といえば、ネコってのもどうかと思うんだわ俺。「吾輩号」とかどうだ|
|~ネコ|いらん、飼い猫感覚で名前をつけニャイでもらいたい|

#endregion
#endregion

#region(当世書生気質 二章 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region(夏目漱石、ネコ)
|>|~内容|
|~ネコ|夏目、お前にも話がある。この書物について知っていることを聞きたい|
|~夏目漱石|うれしいですね。君に文学に興味を持って頂けるとは|
|~ネコ|……仕事だ、報告に必要だからな。この書物の価値と侵蝕の影響範囲を知る必要がある|
|~夏目漱石|ふむ……君は私たちが生きた時代について知っていますか?|
|~ネコ|この国ができたばかりの頃だな……|
|~夏目漱石|はい、いわゆる「文明開化」です、誰も彼もが背伸びしていた時代でした|
|~ネコ|西洋に追いつき追い越そうとしていたと聞いた|
|~夏目漱石|文学においても同じです。&br;西洋の世界を見た彼、坪内逍遥はこの国にも自由な小説があっても良いと言ったのです|
|~ネコ|「文学」という名前を付けた……か|
|~夏目漱石|そうです。異論はあるかもしれませんが、この作品はこの国の文学の歴史の出発点と言えます|
|~ネコ|館長が焦るわけだ|
|~夏目漱石|この作品は、多くのものに影響を与えていましたからね&br;彼が影響が計り知れないといったのは、そういうことです|

#endregion
#endregion

#region(当世書生気質 三章 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region(森鴎外、ネコ)
|>|~内容|
|~森鴎外|……俺にも何か聞きたいことがあるのか|
|~ネコ|そうだな……この書物の作者、坪内逍遥とはどのような人物だったのだ?&br;夏目漱石の話では、こいつの作品は文学の歴史の出発点ということだったが|
|~森鴎外|……それまでの時代の小説は安っぽくワンパターンなものばかりだった&br;善は必ず勝ち、悪人は懲らしめられる。道徳的でお決まりの展開……|
|~ネコ|だからこの作品が革新的だったのだな|
|~森鴎外|いや、『当世書生気質』もこの前時代的な域を超えていない。ご都合主義で通俗的な展開だ|
|~ネコ|……夏目漱石や正岡子規が言っていたことと違うが|
|~森鴎外|俺はあの二人とは意見を異にしている、全てではないがな|
|~ネコ|……|
|~森鴎外|……続けよう。坪内逍遥は小説を「絵画、音楽、詩歌とともに並ぶ芸術とする」と言った。&br;しかしそう言って彼が書いた作品は、自分で掲げた理想に似合っていなかったのだ|
|~ネコ|手厳しいな……|
|~森鴎外|そうだな。だが、作家は本来、言葉ではなく作品で評されるべきだろう&br;とはいえ、彼は作品というよりはむしろ、その理想によって多くの者に夢をもたらした&br;どうだ、質問の答えにはなったか|
|~ネコ|ああ、今までに聞いたものと違って少し混乱したが、おおむね満足だ&br;時間を取らせてしまったな……報告に戻ろう|
|~ネコ|(どうやら、この書物は「理想」や「夢」といった感情が大きく関わっているようだな……)|

#endregion
#endregion

#region(当世書生気質 四章 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region(正岡子規、森鴎外、夏目漱石)

|>|~内容|
|~夏目漱石|逍遥さんの話をしていると、あの頃を思い出しますね|
|~正岡子規|夢がいっぱいだったよなあ。俺たちが新しい小説を創る! って&br;俺の場合は俳句だったわけだけど|
|~夏目漱石|正岡の場合は小説家になろうとしたはいいが、才能が無かったので俳句にしたんですよ|
|~正岡子規|そういう言い方はないだろ夏目! 事実だけどさ|
|~森鴎外|ほう、それは初耳だな|
|~正岡子規|はは、実は幸田さんに書いた小説を送ったこともあんですよ、「批評してください」って&br;でも書いてもらった批評を見て、こりゃ駄目だな、俳句にしよ……と&br;あ、秘密ですよ!|
|~森鴎外|もちろんだ、他言はしない|
|~正岡子規|お願いします。俺は俳句一筋、初志貫徹!&br;ということになってるんで!|
|~夏目漱石|俳句一筋……ねえ|
|~正岡子規|何だよ夏目|
|~夏目漱石|いいえ、なんでも|

#endregion
#endregion

#region(当世書生気質 五章 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region(正岡子規、森鴎外、夏目漱石)
|>|~内容|
|~森鴎外|漱石殿が小説を書いたのは、俺たちよりもずっと後のことでしたね|
|~夏目漱石|そうですね。戯れに書いた小説が、思いのほか評判が良かったことがきっかけです|
|~森鴎外|虚子殿が書くように薦めたと聞いた|
|~夏目漱石|はい。もちろん、それ以前から小説を書いてみたいという思いはありました……&br;まあ、諦めなかったら夢がかなった、ということですね|
|~森鴎外|人生何があるかわからないものだな|
|~正岡子規|全く、売れっ子作家になりやがって。そもそもだ、「俺が」虚子を紹介してやったんだぞ、感謝しろよな!|
|~夏目漱石|虚子君ならともかく君が偉ぶる理由はないでしょう、お断りです|
|~正岡子規|がーん………………|
|~夏目漱石|そういえば、森さんは若いのに華々しく小説家デビューしていましたよね|
|~森鴎外|いや……俺の話はいい。そんな自信を持って語るようなものではない|
|~夏目漱石|……どういうことですか?|
|~森鴎外|……先ほど坪内殿のこの書を否定したが、俺も同じようなものだったということだ&br;俺はあの時、理想を掲げて真の文学を模索したが……結局、中途半端に終わってしまった|

#endregion
#endregion

#region(当世書生気質 六章 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')

#region(正岡子規、森鴎外、夏目漱石)
|>|~内容|
|~森鴎外|俺は文学を創るという夢と、周囲に託された夢の間でずっと揺れ動いていた|
|~正岡子規|……さすが国を背負っていた森さんの言葉は重みが違いますね|
|~森鴎外|「やりたいこと」と「やるべきこと」は一致しないものだ……&br;その事を、俺は重々承知していた。だから、文学の最初の時代を創るという夢を諦めた|
|~夏目漱石|返す言葉もないですね……|
|~正岡子規|…………|
|~正岡子規|……まあ過ぎたことより今を見ましょう!&br;幸運なことに……俺たちは「したいこと」と「すべきこと」は同じです、何も悩む必要はないですよ!|
|~森鴎外|「文学を守る」……か、確かにそうだ|
|~夏目漱石|そう考えると、若い時分のようにパッションが湧いてきませんか?|
|~正岡子規|何言ってんだ夏目! 「若い時分」って、今だって若いぞ!|
|~夏目漱石|そういうことではないです、正岡|
|~森鴎外|くくっ、すまない、気を使わせてしまったな|
|~夏目漱石|いえ、気になさらないでください|
|~森鴎外|いや、礼を言わせてくれ。仲が良い君たちに元気づけられた|
|~夏目漱石|……まあ、腐れ縁というやつですから|
|~正岡子規|よっしゃ、気を新たにしたところで行きますか!|

#endregion
#endregion

#region(邂逅 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region([[正岡子規]]、[[坪内逍遥]]、[[夏目漱石]])
|>|~内容|
|~正岡子規|お会い出来て光栄ですよ坪内さん!|
|~坪内逍遥|君は子規君だね、それと漱石君&br;「初めまして」か、「ご無沙汰しています」かメモリーが曖昧ですが……これからお世話になりますね|
|~夏目漱石|いえいえ、こちらこそお目覚めのところ申し訳ないのですが、坪内さんの力をお借りしたいのです|
|~坪内逍遥|ええ、わかっていますよ。私にできることであれば喜んで協力します&br;……そういえば鴎外君はいないのかな|
|~夏目漱石|さっきまでいたと思ったのですが……|
|~正岡子規|坪内さんとは色々あったようですから、照れてるんじゃないですかね|
|~夏目漱石|こら正岡、失礼だよ|
|~坪内逍遥|はっはっは……では、後でこちらから挨拶することにしましょう|

#endregion
#endregion

#region(回想「あの頃の話一・二・三」)
#region(あの頃の話一 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region([[正岡子規]]、[[夏目漱石]])
|>|~内容|
|~正岡子規|そういや、『当世書生気質』を読んでいたのは夏目と会った頃だったな。……懐かしいなあ、よく覚えているよ|
|~夏目漱石|学生の時代というものは、誰だって忘れがたいもの&br;僕だってこの頃の君の食い意地の張った話を上げれば枚挙にいとまがないよ|
|~正岡子規|やれやれ、どうでもいいことばかり覚えてるんだな|
|~夏目漱石|どうでもよくないだろう。いやだね、君はどれだけ僕を振り回していたかは忘れたのか|
|~正岡子規|夏目、お前やっぱり態度でかくなってないか?&br;俺は悲しいよ、あの頃のやさしいお前は一体どこに……こんなに変わっちまって!|
|~夏目漱石|…………いろいろあったのだよ、いろいろと|
|~正岡子規|……そうだな、お前はいつだっていろいろあるんだからな|
|~夏目漱石|僕が変わったのではなく、君があの頃から少しも変わらないというだけのことでは?|
|~正岡子規|わかったわかった……お前が何をいいたいかは何となくわかるさ|
|~夏目漱石|……そうだね、今のは僕も意地が悪かったかもしれないね|

#endregion
#endregion
#region(あの頃の話二 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region([[正岡子規]]、[[森鴎外]])
|>|~内容|
|~森鴎外|やれやれ、ここで坪内殿の話をすることになるとはな……|
|~正岡子規|そういえば森さんって、坪内さんと大喧嘩したことがありましたよね|
|~森鴎外|……あれは喧嘩ではない、議論だ|
|~正岡子規|えっ、そうだったんですね|
|~森鴎外|「没理想論争」……文学についての論争に名前が付いたのはこれが初めてだったな|
|~正岡子規|えーと……確か……文学を批評するのに理想が必要か? という話でしたよね|
|~森鴎外|そうだ、確固たる自己がなければ批評し得ない。俺はそういう批判を彼にしたんだ|
|~正岡子規|俺、ちょっと気になってたんですけど……坪内さんのこと嫌いだったんですか?|
|~森鴎外|……言いたいことはわかるが、断じてそういう話ではない&br;あの頃の俺はただ未熟だった……それだけのことだ|
|~正岡子規|……いらぬ詮索をしてしまったようですね、すみません。この話は終わりにしましょう|

#endregion
#endregion
#region(あの頃の話三 ''&color(Red){ネタバレ注意};'')
#region([[夏目漱石]]、[[森鴎外]])
|>|~内容|
|~夏目漱石|森さんは、今この侵蝕についてどう思っていますか|
|~森鴎外|そうだな……この本を浄化したとしても、この侵蝕現象自体が解決するわけではない&br;後手に周るしかないこの状況には歯痒い思いをしている|
|~夏目漱石|戦っても戦っても終りが見えないというのは、なかなか辛いものがありますね|
|~森鴎外|ああ、原因が目に見えないものであればなおさらだ|
|~夏目漱石|人々が自らの感情で築き上げてきたものを自覚のないまま壊すというのは、恐ろしいことです|
|~森鴎外|……全くその通りだな|
|~夏目漱石|……私はこの国の行く末が不安になります|
|~森鴎外|漱石殿、あまり考えすぎるのは精神衛生上よくない。特にこの場所ではな|
|~夏目漱石|はい……我々は我々の仕事をするべきですね|
|~森鴎外|そうだ、漱石殿は真面目すぎる。少し肩の力を抜いたほうがいい|
|~夏目漱石|森さんに真面目と言われるとは……ご忠告ありがとうございます|

#endregion
#endregion
#endregion
*コメントフォーム [#zd405ef7]
#pcomment(,reply,20)

TIME:"2018-10-04 (木) 00:28:11" REFERER:"http://bungo.wikiru.jp/index.php"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS