このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報 Edit

No.026名前レアリティ武器派閥
佐藤春夫佐藤春夫
(さとうはるお)
無地三田派
ステータス(初期値/最大値)
精神攻撃防御回避
やや不安定141/501143/50311/40
技術天才主題真実
48/16848/16848/16842/16246/166
代表作文学傾向
田園の憂鬱、西班牙犬の家純文学
趣味嗜好
人物紹介
「まったく、谷崎といい太宰といい……こうも変人が集まるとあんたも大変だな?」

門弟三千人と称される程の門下生を持つ兄貴肌でくせ者ばかりの文豪たちの中では数少ない常識人。
素質ある者は気長に見守ってやろうという親心を持つが、
かつての弟子の太宰治に対してだけは苦い思い出があるようで言及を避ける。
好き嫌いはしないが魚のさんまだけはどうしても好きになれないとのこと。
+  全身画像

回想 Edit

回想数[3/3] 16/12/21メンテナンス時点

+  クリックで回想一覧が開きます

手紙 Edit

17/02/28メンテナンス時点

+  クリックで手紙一覧が開きます ※ネタバレ注意

ボイス (CV:泰勇気) Edit

+  クリックでセリフ一覧が開きます

ゲームにおいて Edit

ゲーム開始時に選ぶことができる4人の初期文豪のうちの一人。

元ネタ Edit

  • 台詞の元ネタについて
    +  ネタバレ注意
  • 耗弱・喪失時の台詞について
    +  ネタバレ注意
  • 手紙の元ネタ・相手との関係について
    +  ネタバレ注意

コメントフォーム Edit

情報提供用 Edit

こちらはキャラページを充実させる為の情報提供用です。
セリフやステータス等のご報告、ページ内情報のご指摘等にご使用下さい。
それ以外のコメントは、下の雑談用へ。

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 有魂書潜書完了「ん?新しい弟子が訪ねてきたか?」 -- 2016-11-09 (水) 01:53:19
  • ここまで反映しました。 -- 2016-11-11 (金) 16:38:30
  • 高村と双筆神髄あるようです。「アンタのケツは俺がふいてやる」 -- 2016-11-13 (日) 20:35:35
  • 開花の声開放、図書館追加「俺の所に来る奴はみんな門弟だ。ま、俺からは何も教えたことはないがな」 -- 2016-11-14 (月) 07:38:12
  • 帰還「帰ったぜ。誰か俺を訪ねて来なかったか?」でした -- 2016-11-16 (水) 19:13:19
    • 帰還(耗弱状態)「あーあ…」でした -- 2016-11-16 (水) 21:24:32
  • ここまで反映しました。また図書館ボイスのひとつを季節限定の項目に移動し、その元ネタについて記載しました。 -- 2016-11-18 (金) 20:51:39
  • 志賀直哉と双筆神髄 -- 2016-11-22 (火) 08:25:29
  • 喪失時双筆神髄「信頼には応えねーとな……」でした -- 2016-11-22 (火) 22:31:09
  • 絶筆「門弟たちに囲まれて…幸せな人生だったぜ…」 -- 2016-11-22 (火) 22:48:45
  • 手紙「また太宰からの手紙か?」 -- 2016-11-30 (水) 18:14:09
  • 手紙:差出人芥川龍之介佐藤春夫様
    やっぱり君は詩人だね
    何度人生をやり直しても人というもの代われないみたいだと言う事が、君を見ていると切に感じるよ
    もっとも、これは僕の最大の賛辞だから覚えて置いてくれたまえ 
    芥川龍之介
    」 -- 2016-12-07 (水) 20:20:16
  • 耗弱・喪失時の攻撃の台詞の元ネタですが、秋刀魚の歌からの引用ではないでしょうか -- 2016-12-10 (土) 23:48:31
  • 司書室の台詞ですが、来る者は、かと思います。確認お願い致します。 -- 2016-12-13 (火) 07:04:57
  • 史実では太宰治から10メートルに及ぶ手紙ももらっていたようです。(内容は、第三回芥川賞後に太宰が佐藤春夫への妄想混じりの恨みつらみを作品内でぶちまけ、佐藤春夫を怒らせた事に対する謝罪)
    4メートルの方は一度下書きを用意してから清書したのか誤字脱字や墨の掠れや滲みがほとんど無かったのに対し、10メートルの方は誤字を塗りつぶした後があったり、文が錯乱気味だったりと……そりゃ佐藤さん目をそらしたりしますわ。 -- 2016-12-25 (日) 03:50:43
  • 正月ボイス「あけましておめでとさん!門弟たちにお年玉を準備してやらねぇとな」でした -- 2017-01-01 (日) 00:12:09
  • 耗弱・喪失時の自然溢れる田園風景とは田園の憂鬱の舞台であり、自身も療養に訪れていた神奈川県横浜市青葉区鉄町でしょうか、実際に石碑が小説内に登場した「村で唯一の女学生」金子美代子(故人)さんの手によって建っているの一度見に行ってみるのも良いかと -- 2017-01-31 (火) 16:12:50
  • 司書室四「たまにはこういう服装も悪くねぇな」でした。 -- 2017-02-06 (月) 21:21:23
  • 手紙:差出人室生犀星佐藤春夫様へ
    新作の詩、褒めてくれてありがとう礼を言わせてもらうよ
    いつか批評してくれたみたいに、俺の小説が面白くないってわけじゃないことは俺も十分承知しているから、今後も安心して褒めてもらっていいさ
    俺も春夫の詩も小説もどちらも好きだしな 
    室生犀星
    」 -- 2017-02-28 (火) 22:08:29
    • 手紙内容の元ネタは、忘春詩集に寄せたものだと思います。 -- 2017-04-05 (水) 22:01:46
  • 春限定ボイス「春かあ。新しい門弟が訪ねてきそうな予感がするな」 -- 2017-03-01 (水) 06:35:27
  • 佐藤春夫 誕生日回想
    あんたも俺の誕生日を祝ってくれるのか!
     いい弟子達を持って、俺は幸せ者だ……
    』 -- 2017-04-09 (日) 00:03:44
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします

雑談用 Edit

こちらは情報提供以外の雑談用です。
セリフ、ステータス、使用感等の情報提供は上のコメント欄へお願いします。
こちらの板は雑談板のルールを適用しております。投稿する前に、雑談板のルールをご確認ください。

+  コメント欄は折りたたんでおります

+  雑談過去ログ一覧

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-16 (日) 23:06:34